強制女装<第2話>①『久美の最高の夢』

強制女装と題していますが、3つ思い出せるはずが、もう思い出せませんでした。
今日のお話は、ほとんど私の創作です。あまり強制では、ありません。
=================================

強制女装<第2話>①『久美の最高の夢』


大森久美。
男子であるのに、「久美(くみ)」という女名前が気に入らないでいた。
その他は、何も問題はない。というより、恵まれている。
身長176cm、脚がものすごく長い。クラス1のイケメン。
高校2年生。
男達は、いつも久美の周りに集まっている。
性格がよく、爽やかで、おもしろい。
クラスの女子全員が、久美が好きであると言えた。

だが、誰も、久美の心の奥の願望を知らない。
久美は、クラスの小柄な、女の子のような、白川加奈という、
女名前のようなクラスメートが、密かに好きだった。
加奈は、休み時間いつも本を読んでいる。
久美は、加奈のそばに行きたかったが、共通点がない。
久美は、加奈のような容姿なら、いつでも女の子になれるのにと、
うらやましく思っていた。

その夜、大森久美は、生まれて最高と思える夢を見る。
「これは、夢だ。」とはっきりわかる夢だった。
とても明るい手術室のベッドの上にいた。
男子の執刀医と女性のナースがいる。
ものすごく可愛い。
「君は、女の子になりたいと思っているでしょう。」
「わかるんですか。」と久美。
「わかるんだよ。たった1日だけ、女の子にしてあげましょう。」
「あの、学校とかは?」
「1日だけ、みんなは、君が昔から女の子だと思うようにしておきます。」
「それなら、うれしいです。手術を希望します。」

久美は、うきうきとした。
どうせ、夢なんだから、朝になったら終わる。
「久美さんは、176cmだけど、女子としては、164cmくらいがいいね。
 脚を短くしないので、驚く程脚の長い女の子になりますよ。
 ピップは、88cm、あまり大きくしませんよ。
 バストも84cm。
 ウエストは、58cmにしますから、
 かなり、バストが大きく見えます。
 全身、眉とまつ毛の他は、無毛にします。」
「アソコもですか?」
「たった1日ですから。
首は長く細くします。
つけ睫毛が要らないくらいの長いカールされた睫毛。
 華奢な肩。
 美人にします。長い、ストレートな髪。
 あ、1つだけ。
 急速に女性化しますから、体がショックを起こします。
 だから、Pちゃんだけは、男のまま残します。
 こうしておくと、男に戻るとき、楽ですから。
 たった1日だけですから。」

「わかりました。」
主治医は、何やらキーボードに入力した。
「さあ、いよいよトンネルをくぐるように、ベッドが動きます。
 ベッドが戻って来た時、久美さんは、女の子になっていますよ。
看護婦は、久美のバスローブを脱がせ、真っ裸にした。
ベッドが動いて、トンネルの中に入った。
たくさんの光線を浴び、久美のベッドが出て来た。

そのとき、裸でいることを、とても恥ずかしく思った。
ナースが、女性のショーツを履かせてくれた。
慣れているのか、アソコを股の下に入れ、ショーツを履かせた。
「じゃあ、バスローブを着て、ドレッサーの前に座ってください。」
久美は、鏡を見て、うれしくてたまらなかった。
乳房に手を当ててみると、柔らかい感触を感じた。

「では、声を変えます。アーと今の声から高い声にして、
 自分で好きな声だなと思ったとき、声をとめてください。」
ナースは、光が出て来るものを、久美の喉に当てた。
不思議なことに、限りなく高い声が出る。
久美は、少し高めで、最高に女らしい声で止めた。
「ステキな声だわ。」とナースが誉めてくれた。
久美はうれしかった。
ナースは、久美の髪を、丁寧に梳かしてくれた。
少し、前髪を残してある。

久美の見事なボディ・ラインが分かるように、
超ミニの、体にフィットした赤いワンピースを着た。
パンストを履くと、脚がさらに綺麗に見えた。
驚く程長い脚。
黒いパンプス。
簡単なメイク。

「そうだわ!」とナースが手を鳴らした。
「女の子として振舞えるように、久美さんの脳を女の子仕様にします。
 歩き方、しゃべり方、仕草、表情、全部です。
 楽に、女の子になれますよ。」
ナースはそう言って、
赤い光線の出る、ドライヤーのようなものを、久美の頭に当てた。

機械を置いて、ナースが再びそばに来た。
「どうですか。お人形みたいですよ。心も女の子になっているはず。」
(ああ、女の子の声になってる。)
「わかります。女の子の心ってこんな感じなのですね。」
「まだ、Pちゃんがありますから、男の子の心が、3分の1。」
「夢だから、ここを出たら、醒めてしまうんですよね。」
「今日寝て、明日の夜寝てしまうまで、女の子です。
 久美さんが、女の子でいる間。ご家族も、クラスメートも、
 久美さんは、ずっと女の子だったと思っています。」
「魔法みたいですね。」
「夢ですから、なんでもありです。」
ナースは、そう言って、にっこりした。

(次回は、後編②「夢なら醒めないで欲しい」です。)

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。






強制女装 第1話<その2>「薫・女になる」

ポチが、INポイントに反映されるようになったようです。
ご心配をおかけしました。
=============================

強制女装 第1話<その2>「薫・女になる」


女Aこと朱美、女B子こと早苗は、自分たちの部屋に戻った。
薫はさそわれ、ソファーの上に芳美と座った。
「あなた、女が好きなの、男が好きなの。」芳美が聞く。
「女の人です。」
「そう、じゃあ、朱美と早苗とどっちが好き?」
「二人共、綺麗だから、好きです。」
「二人にキスされたい。」
薫は、恥ずかしそうにうなずいた。
芳美は、2人を呼んだ。
「ねえ、この子、女が好きなんだって。キスしてほしいって。」
「あら、芳美さんは、いいの?出来立てよ。」朱美は言った。
「いいのよ。美少女も好きだけど、あたしは、やっぱり男。」
芳美は、座を外し、朱美と早苗は、薫をはさんで座った。
朱美が、薫の頬をとった。そして、キスをした。
薫は、震えていた。
変りばんこに早苗もキスをした。
「ねえ、よかった?」と朱美。
「はい。」とうなずいた。
「女がいいなんて、あなたの勘違いよ。」朱美はそういう。
薫は、朱美の言葉の意味を分かりかねていた。

朱美は、下は、白いタイトスカートを履いていた。
朱美は、薫の手を取って、その手を、自分のスカートの中に入れた。
「あ。」
薫は、心臓が飛び出るほど驚いた。
薫は、朱美のスカートの中に男子の印を触ったのだ。
反対側にいる早苗も、薫の手を取った。
どちらかというと、薫は早苗が好きだった。
その早苗にも、男の印があった。
しかも、二人共かなり、大きくしている。
薫は、気絶しそうだった。
「女だと思っていた人に、男の物があったら、興奮する?」と朱美。
「はい。」薫はうつむいていた。
「あたしたち、男だけど、女だって騙すのが好きなの。」早苗。
「女の人だって、疑いませんでした。」

大人しくて、女性的だと思っていた早苗が、
ソファーにいる薫の上に仁王立ちになった。
そして、膝丈のスカートをお腹まで上げて、
隆々としているPを、薫の口の中に入れた。
薫は、早苗を見あげた。
たまらなく興奮して来る。

朱美が、薫のガードルとショーツを脱がせた。
薫の男の物は、ぱんぱんに膨張している。
朱美が、それを口の中に入れて、そっと愛撫を始めた。
「さあ、これから女になるのよ。女言葉。友達言葉、うんと可愛い声を出すの。」
と早苗。
早苗が、薫の口からPを抜いた。
「さあ、女になるのよ。」と早苗。
薫は、イきそうだった。
「お願い、いきそうなの。」と薫は言った。
すると、朱美が、口の愛撫をやめる。
「まだよ。ゆっくりイくのよ。」
「いやん、だめ、やめちゃいや。」
薫は、女の声を出した。
女になりたいというこれまでの願望が一気に出た。

「もっと、もっと、可愛い女の声を出すの。」
「ああん、いや、あたし、たまらないの。」
薫の声が、どんどん少女のようになる。
朱美は、身をかがめて、口のマッサージを始めた。
「あたし達のこと、お姉様って言うの。」早苗。
「ああん、お姉様、あたし、いっちゃう。だめ、もうだめ。」
薫は、半狂乱になっている。
「いやん、いやん、いっちゃう、お姉様、あたしをいかせて。」
薫は、4回じらされて、やっと朱美の口の中に放射した。

「聞いてるだけで、興奮したわよ。」芳美はやって来て言った。
「薫は、レズビアンなのよ。そういう意味では、男に戻れないわ。」と朱美。
「ね、薫。一生レズビアンでいたいでしょう。
 だから、もう男に戻れないわよね。」早苗。
「ええ。もう男に戻れない。お姉様たちと、ずっと女でいたい。」

薫は、御曹司でも、三男だった。
数日後、家に電話を掛けた。
「お母さん、あたし、女になる。もう男にもどれないの。」
「なあに?その話し方。財産、あげないわよ。」
「いらないわ。自分の力でやっていくから。」
「じゃあ、いいわ。帰りたくなったら、帰ってらっしゃい。」
「ええ。そうするわ。」

芳美が持っている化粧品店がある。
朱美、早苗、そして薫と、店員が一人増えた。
芳美のマンションが、みんなの住まいだった。

imgrc0072163851.jpg

1年後。

薫は、美容室に来ていた。
髪は15cmほど伸び、背中の中程まで届くようになった。
髪をアッシュ・ブラウンに染め直し、
髪の下部にカールをかけ、
前髪の一部を7:3に分けた。

毎日の手入れのお蔭で、顔が白くつるつるになっている。
ブルー系の袖なしのミニのワンピース、そこからはみ出る脚が、奇跡的に長い。
ハイウエスト、ピップが女の子並にあるのも奇跡。

明るい7月の午後である。
広い歩道のあちこちにある丸い木のベンチにいる若者が、薫をジロジロと見ている。
「うれしい。この悦び、もう男に戻れないわ。」

<第1話・おわり>


※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



強制女装 3話

皆様のポチのすべてが、INポイントに反映されていないようなのです。
しばらくは、気にせず参ります。
==========================

強制女装 3話


※昔読んだ小説で、強制女装物を3話覚えています。
それを、書いてみます。はっきり覚えていなくて、
大体のものです。今日は、前編です。

<第1話> 薫、女になる

大会社の御曹司の清水薫は、女のような顔立ちだった。高校3年である。
ある夜、男1人、女2人が、薫を車に連れ込み、誘拐する。
「誰なの。ぼくになにするの。」
「女になるのよ。誘拐がばれないようにね。」女A。
「そんなの嫌です。困ります。」

薫は、3LDKのマンションに連れられて行く。
薫は、裸にされる。
「あら、この子、体毛がほとんどないわ。」女B。
「手間が省けていいわ。」女A。
薫は、シャワーを浴び、バスローブを着せられて、
美容台に座らされる。
女の子のような長髪にしている薫は、
女2人によって、髪の色をベージュにされ、
スタイリッシュな、女子の髪型にされる。

1人の女が気が付く。
「あら、あなた、あそこ興奮してるの。」女A。
「女になりたいって、思っていたの。」女B。
「そうです。」
「じゃあ、腕に拠りをかけて、あなたを女の子にしてあげるわ。」女A。
女一人は、美容師であり、薫にメイクの腕を振るう。
「まあ、完全に女だわ。可愛いわよ。」女B。

薫は、バスローブを脱いで、ショーツを履く。
女に見えるように、Pを股間に回す。
「念のために、これを履いて。」

薫は、ピンクのガードルを履かされる。
(ああ、憧れのガードル・・)
完全に女の股間になる。
ピンクのブラをつけ、パッドをいれる。
そして、ピンクのスリップを着て、
赤い、ミニのワンピースを着せられる。
薫は、鏡を見て、胸がドキンと鳴った。
『完全に女の子だ。可愛い。うれしい。』
薫は、息を荒くしてしまう。

「背は、163cmくらいかな。」女B。
「脚が、長いわ。女の子のプロポーションしてる。」女A。
「奇跡だわ。外に出ても、ばれないわ。」女B。

今まで新聞を読んでいた一人の男・芳美が来た。
「あら、びっくりだわ。あたしが、この子を男に戻れなくしてあげる。」
あきらかに、かつてオネエだった人の話し方だ。
薫は、芳美の言葉に、体が、たまらなくうずいた。

(つづく)

※次回は、エッチなので、第2ブログに書きます。

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム