スーパー洋子「私立桜台女子高校」①「洋子、新担任になる」

スーパー洋子「私立桜台女子高校」①「洋子、新担任になる」


写真記事が続きましたので、再投稿ですが、スーパー洋子を投稿します。
これは、2012年の作品で、「則子になった孝一」を書いた頃に書いています。
私のお気に入りなので、一度再投稿しているかも知れません。
スーパー洋子のイメージがやっと固まった頃で、倉田洋次が出て来ています。
学園物、痛快風なお話で、全4回で終了です。(1回が少し長いです。)
読んでくださると、うれしいです。
============================

スーパー洋子「私立桜台女子高校」①「対決TOP3」


いつものように、上司近藤百合子にさんざん説教をされ、
洋次は、参っていた。
お腹の調子が悪い。
朝一番からこうだ。いやだなあと思いトイレに立った。
トイレの個室で休むのが、洋次の目的だ。
この頃、トイレに行くのも、楽じゃない。

ぼちぼちがんばるかと、トイレのドアを開けると、ここは出版社ではない。
自分の格好を、鏡に映してみると、
紺のジャンパースカートに、丈の短い上着。
「うわ~、これ女子高生の卒業式の服みたいじゃない。」
 髪も乙女チックな頬までのストレート。前髪あり。
 これでは、益々、女子高生だ。背も低い。」
洋子になった洋次は、がっくりきて、
下唇を出して、ふーと前髪に息をかけ、前髪の一部を飛ばした。

ちゃんと、スーパー洋子になってくれてるのかな、
と洋次は心配になった。

トイレから出ると、女子高生達がいる。
ここは学校か。
そばにきた、女の子に聞いてみた。
「ねえ。ここ、なんていう学校?」
「はい、桜台高校です。」
まさかと、洋次は思った。
あの天下の女子高の名門、桜台高校か。
1学年80人しかいないのに、
毎年T大に40人近く入るという恐ろしい学校だ。
中には、すごい子がいるだろうなあと思った。
天才的な子もいるかも知れない。

洋子(以下、洋子)がそんなことを考えていると、
「あ、倉田先生。校長との打ち合わせお願いします。」と事務の人に言われた。
えええ?自分は、先生なの??。ここのお???
こんな名門校の?それは、いやよ、と洋子は思った。
だったら、もうちょっと大人びたスーツかなんか着ていたい。

校長室に入ると、頭の半分はげた校長にソファーを勧められた。
「えー、倉田先生に半年の契約で担任をお願いしたいのは、
 3年生のA組なのです。B組より1ランク優秀な生徒のクラスです。
 毎年、T大にほぼ全員合格していますのは、このクラスです。
 
 しかし、大変問題のあるクラスでしてねえ。
 お恥ずかしい話、我が高校の正規の職員に担任の持ち手がなく、
 仕方なく、外部からの講師の先生に担任を受け持っていただいて来ました。
 ところが、この半年、どの先生も1ヶ月ともたず、辞めていかれました。
 中には、即日お辞めになった先生もいます。」
校長は汗を拭き拭き話していた。

「しかし、桜台高校と言えば、天下の名門ではないでしょうか。
 何が問題なのでしょう。」
と、洋子は聞いた。
「それが、学年で成績トップ3の3人組がおりまして、
 その3人が、担任降ろしをするんですなあ。
 先生に難問をつき付け、困らせる。
 こんな問題が解けない先生は、教師の資格はない、
 などと先生を非難し、追い出してしまうんですよ。
 高慢ちきで、生意気極まりないヤツラでして。
 あ、申し訳ない。教師たるもの、言葉が過ぎました。

 それで、倉田先生には、それを覚悟の上で臨んでいただきたいのです。
 決して、生徒の挑発に乗ることなく、
 上手く身を守っていただきたい。
 そんな事情で、先生には、時間給6000円という、
 高額をお支払いしている次第です。」
「トップ3の3人ですか。この桜台で・・。
 それは、大変なことです。天才だと困りますけどお・・。
 あ、あたしみたいな小娘につとまるんですかあ?」
と洋子は、中学生みたいな口調で言った。

「面談で、引き受けてくださったのは、倉田先生お一人なんです。」
「あ、あたし、面談なんかしていたんですかあ?」と洋子。
「はい。引き受けてくださると。ただ、3人の生徒のことは、初耳かと…。」
「初耳ですとも!」
校長は小さくなった。
あらまあ~と洋子は思い、前髪をふーと吹き飛ばした。

しかし、洋子は悟った。自分が変身するのには、必ず使命がある。
その3人をどうにかせよというのが、その使命かと思った。
「はい、わかりました。若輩者ですが、やらせていただきます。」
洋子は言った。
「ああ、ありがたい。1日でも長くお続け願いたい。」校長は言った。
「1日でもですかあ?」とまた洋子は中学生のようないい方をして、
校長を覗き込んだ。
「いや、今のは、より長くという意味でして…。」
校長は、また汗を拭いた。
「はあ~?はい。」と洋子は言った。

洋子は職員室の先生に紹介され、挨拶をした。
先生達は、洋子の若さに驚いたようだった。
「だいじょうぶかな。」
「新米のほやほやにみえるし。」
「1日でも、もってくれたらいいな。」
そんなささやきが、洋子の耳に聞こえた。
(洋子は、耳もスーパーである。)

そして、3年A組の「家庭調査票」をパラパラと目を通した。
(これで、全情報と生徒の顔と名前が頭に入った。)
出席簿を持って、教室に行こうとした。
「倉田先生、気をつけてください。」
「無事を祈ります。」
「生徒のペースに乗ってはだめですよ。」
と何人かの男の先生に言われた。
「はい。」「はい。」「はあ。」
と洋子は答えた。

はあ~、これはめんどくさそうだなあ…と洋子は思った。

洋子は教室に入った。
教室は静かで、みんな、受験用の問題集など出して勉強している。
「なんだ、おとなしいじゃないの。」と思った。
しかし、後ろに三人だけ、立って話をしている。
その話が、洋子には聞こえた。
「うわあ、見てアイツ。まるで中学生じゃない。」
「あれじゃあ、あたし達にやられて、1日ね。」
「朝のホームルームだけで、終わりよ。」
三人は、にやにやして、洋子を見た。

クラスは、洋子の姿を見て、かすかにざわざわとしたが、すぐに止んだ。
ほとんどの生徒が勉強に夢中だ。
担任が来たのに、勉強をやめようとしない。
3人は、席に戻ろうともしない。
「私は、倉田洋子です。本日よりこのクラスの担任です。どうぞよろしくね。」
と洋子は言った。
「出席をとります。名前を呼ばれたら、手を上げて、『はい!』と言ってね。
 手が挙がらない子は、欠席としますよー。いいでちゅかあ。」
洋子は、生徒がこちらを向かないので、あえて幼稚園児に話しかけるように言った。

ほとんどの生徒が洋子の言葉を聞いていない。
洋子は、むかっと来たので、40人の名を、すごい速さで呼んだ。
(おー、やっぱ、スーパー洋子になってる、と安心した。)
たまたま洋子の言葉をしっかり聞いていた生徒、12人が何とか手を上げ、はい、と言った。
「今日の出席12名。欠席28名。あらあら。
 はい、朝のHR、これで終わりでちゅよ。時間がくるまで、自由にちてね。
 私は、28名の家庭に、欠席の確認の電話をしに行きまちゅからね。
 28人か。うんざりでちゅう。」
そう言って、教室を出ようとした。

すると、5人位が、手を上げた。そのうち、一人が言った。
「先生、あたし手を上げませんでした。だけど、います。出席にしてください。」
洋子は言った。
「だめでちゅ。あなたは、私が説明をしているとき、
 T大の入試問題の世界史の問題を解いていたじゃありませんか。
 朝は、出席をとるのでちょう。どうして、返事をしなかったのでちゅ?」
「すいません。自分の勉強をしていました。」とその生徒。
「だったら、学校なんか来ないで、家で勉強すればいいでちゅ。」
と洋子。さらに、
「私は、一生懸命私の目を見て聞いていて、なおかつ私の言う速さについて来れない子なら、
 ゆっくりとその子に対してだけお名前を言います。
 あなたは、そういう子でちゅか。」
「ちがいます。」その子は言葉なく座った。

別の生徒が立ち上がった。
「先生は、どうしてそんな赤ちゃんに話すような話し方するんですか。
 私達バカにされているみたいです。」
洋子は答えた。
「みなさんが、幼稚園児並みのマナーしか知らないからです。
 担任の先生が来て、何か話をするときは、最低先生に顔を向けて聞くべきです。
 小学校1年生でもできますよ。
 人の顔を見ないで話を聞く。失礼なのは、あなた方です。
 28人に電話をします。そのときに聞いてみますね。
 ご家庭で、そういうマナーを学んでいないのですかと。
 天下の桜台の生徒も、地に落ちたものでちゅね。」

そう言って、洋子が教室を出ようとすると、欠席扱いのほとんどが、洋子に詰め寄ってきた。
「先生。お願いします。家庭連絡だけはやめてください。これから、ちゃんとやります。」
と一人が言う。
「どうして?」
と洋子はとぼけて言った。
「家で、叱られます。」
「だって、私の話を聞いてなかったんでしょう。家で叱られて当然でしょう?
 はい、私を通して。28件も電話があるのよ。私の身にもなってよ。」
洋子は言った。

「先生、あやまります。明日からちゃんと先生の顔を見て、お話を聞きます。
 だから、今日だけは許してください。」
生徒達がそこまで、言った。
「全員ですか。ふてくされている人は、手を上げなさい。」
すると、3人手を上げた。

「あらまあ。いるの。全員じゃなきゃ、だめです。」
洋子は全員を、座席に返した。
不思議なことに、その3人を非難する生徒がいない。
3人さえ、謝れば、自分達は助かるのに。

言わば、この3人は、クラスのボス的存在なのかと、洋子は見た。

大村夏子、木下朱実、加藤ユカ。
写真入の生徒カードを見ておいたので、洋子は全員の名を知っていた。
『ははあ、この3人か…。』洋子は思った。

「大村さん、なぜ、ふてくされてるの?」
洋子は優しく聞いた。
「先生の資格がない人に、先生ヅラされるのが、嫌だからです。」
と大村は、横を見ながら言った。
『早速来たか。』と洋子は思った。

『挑発してるつもりなのかもしれないけどね。』
と洋子は、心でにんまりとした。
「じゃあ、木下朱里さん、加藤ユカさんも、同じ考えなの。」
二人は、「はーい。」とふてくされたいい方をした。

洋子は、相手の手の内を見たくて、にこにこして言った。

「じゃあ、大村さん、どうすれば、私に教師の資格があるかどうかわかるの?」
と洋子は聞いた。
「私の持ってきた問題を解いてください。」
と大村は言う。
「科目は?」
「数学の問題です。」
「いやーね、私の専門は英語よ。でも、まあ、なんでもいいか。」
と洋子は言った。

洋子は、まだまだにっこりして言った。


■つづく(次回は、「夏子、痛恨のミス」です。)


※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




由香里のソフトSM的日常

由香里のソフトSM的日常

すべての写真はイメージです。

68814a89.jpg
アタシは、由香里。26才のOLです。
身長168cm。
普通にいる、普通のOLです。
でも、あたしが、1つだけ変わっているのは、ソフトなSMを楽しんでいることです。

SMには、相棒が必要なの。それは、あたしの可愛いメイド。
エリカ。幼く見えるでしょう?でも、28才。さらに男の子なの。ビックリでしょう。

que-10135634610.jpg

あたしは、仕事から帰ると、
女王jpeg

こんな風に、ソファーに座って、いばっているの。煙草を1本だけ。
で、エリカに、おいしいコーヒーを入れてもらいます。

その日、コーヒーを飲んだら、眠くなって、うとうと。
で、気がついたら、こんな風にされているの。
女王②jpeg

あたしは、エリカに怒鳴ったの。
「エリカ、あなたね。どうしてこんなことするの!」
「だって、それ、由香里様の願望では、ありませんか。」
「あたしは、Sなのよ。あたしが、エリカを縛るの。」

エリカは、知らん顔して、あたしに、こんなことします。
123456.jpg

「エリカ、それは嫌!鼻フックだけは、やめて。」
「由香里様は、美人だから、鼻フックしても、美人ですよ。」

「こんなの、いかがですか?」

_5738443e15497.jpg
「嫌、嫌、嫌。こんなの初めて。絶対恥ずかしいわ。お願い、取ってちょうだい。」

「いいわ、由香里様。もっと縛って欲しいのね。
 となりのケンちゃんに手伝ってもらうわ。」

ケンちゃん、登場。

gurugurumaki.jpg

ケンちゃん「由香里さん、これで、いいみたい。おとなしくなったよ。うっとりしてるし。」
エリカ「由香里様は、ほんとは、もうちょっとして欲しいのよ。手を貸して。」
ケンちゃん「いいよ。」

123456y.jpg

「ああ、まさか、あたし、吊られているの?嫌、これは、つらいわ。恐いわ。早く下ろして。」
「これが、由香里様の願望でしょ。あと20分そのままにしておいてあげる。」
「だめー、早く下ろして。降ろしてくれたら、次の日曜日、エリカの願望叶えるから。」
「由香里様、ほんと!」
「ええ、ほんとよ。」
「じゃあ、あと5分で降ろしてあげますわ。」

あたしは、降ろされて、辛そうにしましたが、
心の中は、満足感でいっぱいでした。



日曜日が来ました。
ケンちゃんに手伝ってもらって、エリカの願望を叶えました。
エリカの願望は、こんな風にされることです。ケンちゃんも大喜び。

cap_e_0_bak-006.jpg

エリカは、Mで、根っからの女装子です。

では、またご報告できるときがありましたら。
ごきげんよう。


※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。







小さい文字

則子になった浩一⑧「なるようになった」最終回

                   最終回


アメブロの方では、前・後半に分けましたが、ここでは、一気に掲載しています。
私の意図に反し、物語が勝手に進んでいきました。
最後まで、物語にお付き合いくださり、
ありがとうございました。
===========================

則子になった浩一⑧「なるようになった」最終回


翌日、吉井梅子、鮎川道子、神戸美佐の3人は、それぞれ、
朝のホームルームで、皆の前に立って、頭を下げた。
吉井は、いじめてしまった則子が許してくれて、逆に女子サッカー部を作って、
その部員になったことを告げた。
悪かった心を入れ替えて、1からがんばりたいと言った。

みんなの反応は、好意的だった。

「今日、吉井を散々非難してやろうかと思っていたけど、
 君島と同じサッカー部員になったのなら、それもできない。
 昨日、相当反省しただろうから、せいぜいがんばれよ。」
と男子の一人が言った。
「しかし、君島も心がでかいな。吉井、そこ、感謝してるか。」
「はい。そう言ってくれたとき、涙がぼろぼろ出ました。」
と梅子は言った。

鮎川、神戸の二人も、みなの寛容な反応に救われたと言った。

中休み、4人で、1、2年生への勧誘のポスターを作り、
靴箱のある壁に貼った。
そこへ、下條昌司らが来た。
「校長先生から聞いたよ。とうとう女子サッカー部か。
 これは、おもしろくなってきたな。
 グランドは、俺達半分しか使わないから、残り半分は自由に使っていいよ。」
と下條は言った。
「たまには、女子と男子で練習試合やろうぜ。」と後藤が言った。
「それは、まだまだよ。ボールにさわったこともないような子ばかりが来ると思う。」
と則子が言った。

こうして、女子サッカー部が発足した。
1年生と2年生が、8人来た。全部で12人。
みんな則子のサッカーを見ていて、憧れてきた子ばかりだった。

則子は、夜に、高島孝一にメールで、昨日からの成り行きを知らせた。

『孝一から
 うへー。則子は、めちゃやさしいな。
 でも、則子はすごいよ。やっぱ、孝一の心が半分あるんだな。
 オレも、それでいいと思う。
 オレの心にも、
 あいつらへの恨みがたっぷり残ってる。
 でも、あいつらが退学になったり、少年院にでも行かされたりしたら、
 寝覚めが悪いものな。」

「則子から
 ありがとう分かってくれて。
 今日の練習は、ボールをさわらせないで、まず、走りまくったから。
 みんな、今日はよく眠れると思う。

 ところで、孝一。一度会わない。
 あなたとあたしの将来のこと。
 あたし達どうなっちゃうのか心配じゃない?」

「孝一から
 大いに心配。今までずっといっしょに暮らしてきた
 本当の家族とはどうなっちゃうのか。
 それ考えて眠れない日があるよ。」

日曜日の午後2時に、二人は、喫茶店で合うことにした。

則子が先に来た。
則子は、孝一が、茶髪になんかしてないかと心配した。

「お待たせ。」
と孝一が来たとき、今までの爽やかな孝一のままだったので、
則子は安心した。
孝一は、則子を見て、
「おお、則子美人じゃん。ツッパリのときと比べ物にならない。」
と言った。

孝一は言った。
「弟の亮太や妹の沙紀にも、愛情湧いちゃったし、
 父さん母さんにも、もうかなり親しんじゃったし、
 だけど、もう女には戻れない。」

「あたしも。健太や美紀に愛情感じてる。
 父さん、母さんにも、絆が出来てる。
 かといって、ずーといっしょだった家族と永遠に別れること、できっこない。
 それに、女子サッカー始めたから、責任あるし。
 今、私が、いなくなったら、あの3人、ピンチになると思う。」

「則子は、女の子になりたいって祈ってたんだろう。
 オレも、男になりたいって、毎日祈った。
 オレ、もう女の子に戻るなんて考えられない。
 それに、オレ彼女できちゃったし。」

「だれ?」
「大瀬梨花。」
「わあ、学年1のマドンナじゃない。
 孝一とは、お似合いだけどね。
 あたしも、ちょっと好きな男子いる。」
「だれ?」
「サッカー部の、下條昌司くん。まだ、何もしてないよ。」

「アイツはいい。性格めちゃいいからな。お勧めだよ。」
「昌司くんと別れるの辛い。」
「オレも、梨花と別れるのつらい。
 いや、別れられない。かなり本気だから。」

「オレ、軽い気持ちで、女の子とチェンジすること考えていたけど、
 これ、大変なことだな。」
「あたしも、今やっと身に沁みてる。」

「でもさ、オレ達のチェンジを叶えてくれたの、
 きっと神様みたいな人だろう?
 何か意味があったんだよ。
 実際、ツッパリの則子が、元に戻れた。
 いじめの3人が、救われた。」

「そうね。意味があった。いくつか、解決した。
 だったら、そろそろ元に戻っちゃうのかな。」
「神様は、悪いようにはしないって。
 大丈夫だよ。後は、神様に任そうよ。」
「うん。わかった。」
二人は、そう言い合った。



朝になりぼんやり目覚めたとき、
則子の目に1番に入ってきたのは、
壁に吊るしてある女子高生の制服だった。

「ブレザーが紺色だ。前のクリーム色じゃない!」
則子はいっぺんで目が覚めた。

次に、サッカーのウエアーが吊るしてあった。
紺の上下。そして、ロング・ソックス。
大きなバッグの中に、靴、タオル、小道具、などが詰まっている。
机にサッカーボールが、リングの上に置いてある。

女の子の部屋であるのは、同じ。
則子は飛び起きて、学校かばんの中を見た。
教科書に書いてある名前が、みんな「高島則子」になっている。
鏡だ!
急いで見た。
「よかった。昨日と変わらない女の子だ。」
じゃあ、じゃあ、と思った。
高島家に帰って来たけど、女の子のまま帰ってきたんだ。
わあ~。超理想!

下に下りて行った。
洗面所に妹がいた。
「沙紀、悪い、半分使わせて。」
洗面をして、上に上がった。

『今日は、練習試合だ。旭ヶ丘高校と。』
え?旭ヶ丘高校!!
則子は、興奮した。

試合に備えて、スポーツブラをつけた。
試合の用意と勉強の用意。
そして、下に下りて行った。
みんなそろっていた。
「亮太、おはよう、沙紀、おはよう、お母さんおはよう、お父さんおはよう。
 お母さん、あたし手伝う。」
といって、味噌汁を配り、ご飯をよそって配り、
みんなで、「いただきます。」をする。
則子の行動に、みんなは驚かない。

ずっと一緒だった家族の中で、自分だけが女の子になったんだ。
きっと過去が全部、則子に塗り替えられている。
則子の心に喜びがこみ上げてきた。

『きっと、孝一の君島家でも同じことが起こっているだろう。』
と則子は思った。

ああ、学校行ったらどうなっているんだろう。
梅子、道子、美佐の3人は、向こうの学校へ置いてけぼりかなあ。
そう心配しながら、お弁当をもらい、則子は、「行ってきます。」をした。

梅が丘高校の懐かしい表札を見た。
学校のグランドに着くと、今日の試合のために、
女子のサッカー部員たちが、朝練をしている。
20人はいる。
今までなかった女子サッカー部が出来ている。
3人の3年生が、ベンチで話し合っている。

則子は、誰だろうと走って行った。
「ごめん、遅くなっちゃった。」とベンチに駆けつけた。
「おはよう則子。」と3人はいい、
一人が、
「今、今日のポジション考えてるの。」
と則子を見た。則子もその子を見た。
胸が躍った。
「梅子?吉井梅子さんよね。」と、ほぼ叫んだ。
「吉田梅子だって。則子いつも間違えるよ。」という。
その横の一人に、
「鮎川道子さんよね。」と則子。
「鮎沢道子よ。もう、則子の名前覚えられないのには、あきれる。」
と道子は、くすくす笑った。
「神戸(こうべ)美佐さん、よね。」
その一人は、
「もう、やだ。神戸(かんべ)美佐だったら。
 ほんと、則子に何度教えたかわからないよ。」と美佐は笑う。

『ああ、三人がいる。名前が少し違うけど、絶対あの三人。
 顔がそっくりだし、3人とも背が伸びている。』
則子は、興奮した。

「ね、あたし、勉強どうなんだろう。」
「学年で1番。全国ベスト8の女子サッカー部のキャプテン。
美人。学校の女子の憧れの的。
 これ聞いて、満足した。あと3回言ってあげようか?」と梅子。
「ううん、1度でいい。何回聞いてもいいけどね。」と則子。

「ねえねえ。三人は、どうして女子サッカー部に入ったんだっけ。」
と則子は聞いた。

「その話またするの?何回も話したよ。」と梅子は言い。
「いーい。則子。あたしたち3人は、1年生のとき、いじめっ子で、
 どうしようもない悪だったの。
 それを、則子は、ある日、あたしたちを火のような勢いで怒って、
 あたしたちで、女子サッカー部作ろうよって言ってくれたんだよ。

 あたしたち、みんな一人ぼっちで淋しくて、それで、ワルやってたから、
 則子が言ってくれたことが、うれしかった。
 それから2年。今、ここにいるの。則子、今度は、覚えてね。」

「そうか、そうだったよね。あたし、やっと思い出した。」
と則子は、こみ上げる喜びを隠さずにいた。

男子サッカー部から、一人走ってくる。
その人物を見て、則子の胸はさらに躍った。
「今日さ、試合、女子、男子、どっちが先にする?」
とその男子。
下條昌司ではないか。

梅子が答えた。
「上條君。女子が先の方がよくない。やっぱ男子は、しめくくりだから。
 則子、それでいいよね。」

「は?」と則子は、言って、「下條昌司君よね?」と聞いた。
「上条君でしょう!則子、今日は、特別、天然来てるよ。いつもの3倍。」と梅子が言う。
「あははは、そうね。天然入ってても、あたし、今朝は幸せ。
 そのわけは、だーれにも、言えません。」と則子。

「則子、ごたく並べてないで、早く着替えてらっしゃい!」と道子が言った。
「ハーイ!」と則子は、走って行った。

則子は、走りながら、胸が躍っていた。
「みんな、いる。心配だった人も、いてほしいと思った人も。
 きっと男子部には、後藤君、中田君、あの5人みんないる。
 孝一も、いてほしい人がみんなそばにいると思う。
 彼女の、大瀬梨花さんもそばにいる。

 大瀬さんは、きっとマネージャかなんかやってたりして。
 神様のような方。ありがとうございます。
 一体どんな仕組みかは、わからないけれど、あなた様は、イケてます。」

則子は、グランドから歩道への段を、一飛びで乗り、
早朝の道を、誰よりも幸せそうに、走っていた。


<おわり>


※たくさん字を書きましたので、
 次回は、写真集を考えています。


※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

瞳のセルフヌード

蕗の葉陰にフキノトウ

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム