スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの人

再投稿<クリスマスの人>

季節外れの物語ですが、再投稿します。
急に懐かしくなりました。遅い時間になりました。
読んでくださるとうれしいです。
==================================

クリスマスの人


その少女・美沙は、大きな風呂敷包みを抱えて、
夜の電車に乗って来た。
長い髪を茶に染め、
赤と青がストライプになっている超ミニの派手なA型のワンピースを着ていた。
メイクが濃い。
電車が走りだし、美沙が車内を見ると、どっと視線が集まった気がした。
多くの視線は、超ミニから伸びた美沙のむっちりした脚に集まっている。

電車は、混んではいないが、座席は、ほとんど埋まっていた。  
美沙は、1つだけ空いている席を見つけ座り、
風呂敷包みを膝の上に大事そうに乗せていた。
隣の学生風の青年が、その隣の友達に小声で言った。
「見ろ、ケバイ女だ。脚をむき出しだぜ。」
「お前、声が聞こえるぜ。」ともう一人が言った。
「かまわねーよ。」
美沙には、丸聞こえだったが、知らんふりをしていた。

2つ目の駅で、腰が曲がって杖を突いている、90歳くらいの女性が乗って来た。
美沙から見て、向いの遠くの扉だった。
席は1つも開いていなかった。
美沙は、自分の席を譲ろうと思い、席が取られないように、
大事に持っている風呂敷包みを自分の席において、女性の方へ行った。

「なんだ、あの女。席が取られないように、荷物置いていったぜ。」
と、美沙の隣にいた学生は、友人に言った。
「反則だよな。席を立ったら、人に取られても文句言えない。
 荷物で、場所取りなんてないぜ。」ともう一人が言った。
学生は、腹を立て、美沙の風呂敷包みを取って、出入り口に近い床の真ん中に置いた。
帰って来て、荷物がないと慌てる女の顔を見るのが楽しみだった。
乗り込んで来た男が、すぐに空いている席に座った。
学生二人は、内心「さまーみろ」と言っていた。

そこに、男が一人歩いて来て、
美沙の風呂敷包みをすっと持って、電車を降りた。
電車の扉は、その後すぐにしまった。
学生二人は、自分たちの愚かさを悟って、慌てた。
『そんなつもりじゃない!』
『荷物を誰かに持って行かせるつもりなんかない。
 何も考えず、ただ置いただけだ。』
『しかし、あれじゃあ、持って行ってくださいと言わんばかりだ。』
『あの荷物を、あの人は、大切に抱えていた。』
『大切なものを失うほど、あの人は悪くねえ。』

そこへ、朱美が、お祖母ちゃんを連れて、戻って来たのだ。
席はすでに人が座っていて、美沙は、きょとんとした。

学生2人は、そのとき初めて、超ミニの女が、何のために席を立ち、
なんのために、自分の席に荷物を置いていったのか、理解したのだった。
学生2人、村上と吉岡は、自分達の察しの悪さ、ネガティブ思考、意地悪に、
一気に自己嫌悪に陥った。

美沙の隣にいた村上は、さっと立った。
「すいませんでした。あなたのことを誤解して、意地悪をしました。
 おばあちゃんは、まず、俺の席に座ってください。」
吉岡も立って、美沙に席を譲った。
そして、2人の学生は、改めて、美沙に、誤解したことを話そうとした。
「待ってください。お祖母ちゃんにお話が聞こえます。
 車両の隅へ行きませんか。」
村上と吉岡は、今度は、察した。
席のことで、あーだこーだと言ったら、老人が気兼ねをする。

車両の隅に移動しようとしたとき、村上の前で吊革につかまっていた
背の高いスーツの男が付いて来た。
「そばにいました。私にも責任があるかもしれません。」
男はそう言った。

村上と吉岡は、美沙にどう誤解したのかを話し、頭を下げた。
「そうですか。それは、私も配慮が足りませんでした。
 おばあちゃんを座らせたいのだと、あなたに、一言言えばよかったのです。
 ところで、あたしの風呂敷包みはどこにあるのでしょうか。」

「始めに言うべきでした。俺たちが床に置いたので、さっき男の人が持って行ってしまいました。
 すいませんでした。」
「そんなことまで、考え付きませんでした。すいいませんでした。」
村上と岡村は、うなだれてそう言った。
「そ、そんなあ。」といって、美沙は、みるみる泣き出し、しゃがんでしまった。
「大事なものだったの?」と背の高い吊革の男が言った。
「母の形見の品々です。」と美沙はいった。

学生二人は、真っ青になった。
お金で買えるものなら弁償ができる。
しかし、形見のような大切なものは、取り返しがつかない。
なんということをしてしまったのだ。
女性が大切に持っていたのを、知っていたのに。
なんという考えなしのことをしたのだ。

そのとき村上は、女性の左の頬に大きな傷があることに気が付いた。
村上は、今度ばかりは悟った。
『この人の厚化粧の理由は、これだ。』
そして村上は、女性の唇に深い傷があるのを見た。
真っ赤な口紅を付けている訳はこれだ。

少し前、岡村とこう言った。
「厚化粧の女に限って、すっぴんは見られた顔じゃなかったりする。」
そう言って、岡村と笑った。
この女性には、聞こえた。
俺は、ハンデがある人の心を、ひどく傷つけてしまった。
村上は、自己嫌悪に、胸が張り裂けそうになった。
「今更、わざわざ彼女に謝ったりするな。思い出して、余計に傷つくだけだ。」
吊革の男は、村上の心がわかるかのようにそう言って、去って行った。

村上が譲った席で、お祖母ちゃんが、美沙に手を振って、
美沙の風呂敷包みを見せた。
美沙は、飛んで行った。
美沙の席は、空いたままだった。
「どうして、ここにあたしの荷物が?」
「さっき、背の高い男の人が来て、わたしの膝に置いて行ったのよ。」
「わあ、考えられえないけど、これは、奇跡ですね。」
「あなたのお顔をしっかり見ておきたいから、こっちを向いて。
美沙はそうした。
お祖母ちゃんは、美沙の頬に手を当て、美沙を見た。

吊革の男の姿は、どこにもなかった。

村上は岡村に女性の厚化粧と超ミニの訳を話した。そして、2人はひどく反省して、電車を降りた。
「俺、これから、人の悪口は、やめる。」村上は言った。
「ああ、やめよう。」岡村は言った。

街には、クリスマス・ソングが流れ、賑やかだったが、
一人住まいの美沙のマンションは、ひっそりとしていた。
メイクを落とした。
そして、気が付いた。
頬の傷が治っている。
母の遺品を持って来たことの奇跡か。
あのお祖母ちゃんのプレゼントか。
いえ、多分、母が、あのお祖母ちゃんになって、
奇跡を起こしてくれた。
それに、あの背の高い吊革の人は、
昔亡くなったおとうさんに似ている。
お祖母ちゃんの膝の上に、風呂敷包みを置いてくれたのは、お父さんだ。
私は、あの電車の中で、お父さんとお母さんと同じ空間で同じ時間を共に過ごした。
しかも、すぐそばで。

美沙の胸に喜びが込み上げて来た。

『お父さん、お母さん。ありがとう。プレゼント、受け取ったよ。』
美沙は、父母の写真を見て、目を潤ませて、そう言った。

<おわり>

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



シニア変身倶楽部③「もう、男に戻れない」(最終回)

シニア変身倶楽部③「もう、男に戻れない」(最終回)


二人は立って向き合い、スカートを上げて、
PとPを擦り合わせた。
「ああ~ん。気絶しそう。」とルミ、
「あたしもよ。イってしまいそう。」エリナ。
「あたし、こんなことしたい。」
ルミは、言って、しゃがんだ。
「ルミ、まさか。」
「そのまさかよ。お姉様。スカート上げて。」ルミ。
「うん。」
ルミは、エリナのギンギンになったPを、口の中に含んだ。
「あ~ん、ルミ、あたし、そんなことされたら、イっちゃう。」
「あたしのお口の中に、イって。」
「いやん。あたし、たまらないわ。」エリナ。
ルミは、ときどき口を離して、
「お姉様、いい?」と聞く。
「うん、うん、いいわ。ルミみたいな可愛い子にされたら、イっちゃう。」

可愛い女の子でいるだけでうれしいのに、
エリカは、気が狂いそうだった。
「ルミ。交代よ。」エリナ。
「うれしい。」ルミ。
エリカは、しゃがんで、ルミのPを口に頬張った。
「あ~ん、お姉様みたいな綺麗な人が、こんなことしてくださるの。」ルミ。
「ルミのこと、イかせちゃう。」エリナ。
「いっちゃうわ、すぐにイッちゃう。」ルミ。

管理人栄吉は、勘を働かせて、アイスクリーム店に行った。
「あのう、モデルみたいに可愛い2人の女の子だけど、
 話し方が、ちょっと変な子来ませんでしたか。」
店員の女の子は、すぐに分かった。
にこにこして、
「着ました、着ました。すごく可愛いのに、お年の人みたいに話す人。」
「ああ、よかった。どこへ行ったかわかりますか。」
「それは、わかりません。女の子ごっこしているんだと、おっしゃってました。」
「ありがとうございました。」
栄吉は、飛んで出た。
行先は、プリクラか、カラオケ。
でも、カラオケでは、部屋を覗くわけにはいかない。
栄吉は、カラオケの方を見に行き、いないので、帰って来た。

エリナとルミは、二人共絶頂に来ていた。
「ねえ、ルミ、あたしダメ。いっちゃう。いっちゃうわ。」
ルミは、口を離して、
「いいわ。あたしのお口の中に入れて。」
「いいの?あたし、すごくイっちゃいそう。」
エリナは、ぶるぶると体を震わせた。
「ああん、ルミ、あたし、もう男に戻りたくない。」
「あたしもよ。男に戻りたくない。」
「ああん、イくわ。あたし、イっちゃう。イっちゃう、イっちゃう。」
エリナは、立ったまま、体をぴくぴくさせた。
「ああああん、いくわ、いくわ、あああああああ。」
エリナは、背を反らせて、ルミの口の中に、放射した。

エリナは、しゃがんで、ルミのPをくわえた。
ルミの腰をもって、今度はルミのPを口に入れ、
激しく愛撫した。
「あああああ、お姉様。ステキ、あたしもイくわ。」
ルミは、体をぴくぴくさせて、
「ああん、いや~ん、いや~ん。あたし、イっちゃう、イっちゃうわ。」
エリナと同じように、ルミは体をぶるぶる振るわせて、
エリナの口の中に、射精した。

二人は、ぐったりして、ソファーに座った。
そして、しばらく抱き合った。
「ねえ、あたし、もう男に戻りたくない。」とエリナ。
「あたしも、女の子になって、お姉様とずっとこうしていたい。」ルミ。
「こんな可愛い姿にしてもらって、可愛い声になって、
 そして、可愛いルミといいことしちゃって、これで男の子に戻るって、無理だわ。」
「同じ気持ちよ。こんな気持ち味わったら、もう男に戻れない。」ルミ。
「考えたら、あたし達、おじいさんよ。」エリナ。
「そうだったわ。あたし達、途方もないことしたのね。」ルミ。

「そろそろ2時間だわ。」とエリナ。
「また来ることにしましょう。」ルミ。

管理人栄吉は、男に戻り、今か今かと待っていた。
すると、玄関が、ギギギとなった。
「ああ、よかった。途中で赤光線が切れてしまったでしょう。」
「二人でなんとかしたわ。」ルミ。
「ほんとだ、二人共、女の子になってますね。
 すばらしい。そういう方には、ご褒美がありますよ。
 これ、ここに来る5回分のチケットです。差し上げます。」
「きゃー、がんばった甲斐があったわね。」ルミ。
「ほんとは、冷や冷やだったのよね。」エリナ。
二人は、抱き合った。
「ここの2階、セックスルームになってるんですよ。」
「え。ほんとですか。」
「エッチなものは、なんでも揃ってますよ。」
「それは、もったいないことしたわ。」エリナ。
「でも、カラオケで冷や冷やしながらするのが、なんだかよくなっちゃった。」ルミ。
「あたしも。またカラオケでしよう。」エリナ。



「お祖父ちゃん、遅いわね。」啓子。
「シニア倶楽部で、将棋してるんじゃない。」孫の沙月。
「そうね。このところ、はまっているものね。」啓子。
「只今。」エリナこと源三。
「お帰り。ケーキがあるのよ。
 お祖父ちゃん、今日は元気があるみたい。」と沙月。
「ああ、将棋で勝ったからね。」
『あのドリンクがまだ効いている。』源三は密かに思った。

<おわり>

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。


シニア変身倶楽部②「自力で女の子」

シニア変身倶楽部②「自力で女の子」


エリナとルミは、るんるんしながら、外へ行った。
夜の7時ころである。
「エリナのワンピース、超ミニじゃない。」とルミ。
「ありがとう。あたしに燃えちゃう?」エリナ。
「さっきから、もうたまらないわよ。」ルミ。
「ルミの真っ赤だから、超目立つわ。」エリナ。
「エレナの真っ青だから、バチバチ目立つわよ。」ルミ。
「なんだか、うれしいね。」エリナ。
「うん。最高。」

その頃、管理人栄吉は、二人が気がかりでいた。
そこで、自分も女の子になって、二人の後を少しつけてみることにした。
更衣室に入り、セミショートの女の子になった。
ごく平凡なワンピースを着て、
喉に赤い光線を当てた。
「あーあーあー。」よし、女の子の可愛い声。
歩き方、言葉遣い、仕草、表情などをすべて女の子にした。
栄吉は、慣れているので、演技にせず、自動にして、
首の後ろに赤い光線を当てた。
演技は、ずっと気分が出るが、疲れる。いつものように自動にした。
ドリンクを1本飲んだ。

さあ、と思ってクラブを出た。
だが、少し歩くと、どうも自分の歩き方が変だ。
栄吉は、ショーウインドウに体を映し、体を見ながら歩いてみた。
おじいさん、歩きをしている!
『あ、大変だ!』
首の後ろに当てた赤い光線が、エネルギーを失っている。
「じゃあ、今頃、エリナとルミは、ピンチだ。」
栄吉は、急いでクラブに帰って、懐中電灯のような光線に、
エネルギーを充満させた。
試しに、自分に光線を当てた。
何もかも女の子になった。
栄吉は、光線銃をもって、外に出た。
『ああ、早く見つかりますように。』

「どうですか。若い子はアイスクリームが好きなので、
 私達も、食べてみませんか。」とエリナ。
「ああ、いいですね。わたしも1度は、若い子に交じって食べたかったんです。」ルミ。
「あそこにアイスクリーム店がありますよ。」エリナ
「行きましょう。楽しみですなあ。」

そのとき、二人は気が付いたのだった。
「私達、今、おじいさん言葉話してませんか。」エリナ。
「どうも、そのようですね。」ルミ、
「声は、可愛い女の子の声ですな。」
「ええ、そのようです。」
「顔やスタイルは、女の子。」エリナ。
「はい、可愛いです。言葉や表情、仕草は、おじいさん風。」
「困りましたな。」エリナ。
「でも、アイスクリーム1つです。勇気出して買ってみませんか。」
「そうしましょ。」エリナ。

二人は、かなり広いアイスクリーム店に来た。
入り口に、多種のアイスクリームの入ったケースが並んでいる。
「いらっしゃいませ。何に致しますか。」と女の子は、にっこりと言った。
『種類が多くて選べない。』とエリナとルミは顔を見合わせた。
「あのう、私達、女の子の入門者でして、こういう場面、初めてなんです。」とエリナ。
女の子は、二人を見て、ぷっと噴きそうにしている。
「だって、お二人共すごい美人で、
 着ているものだって、モデルさんのようですよ。」
「はあ、言わば、女の子ごっこでしょうか。」ルミ。
「わかりました。あたしの方で、適当に選んでよろしいでしょうか。」と女の子。
「ああ、それは、たすかります。」エリナは言った。

二人は、女の子がもってくれたアイスクリームを持って、
一番奥の席に座った。
「何事にも、ハードルがありますな。」エリナ。
「女の子とおじいさんですからな、住む世界が違ってあたりまえですね。」ルミ。
「わたし、エリナさんのこと『お姉様』と呼んでみたいんですけど、構いませんか。」
「それは、気分がでますね。」エリナ。
「それから、自分のことを、私ではなく『あたし』と呼んだ方が、よくありませんか。」
「賛成です。」エリナ。
「それに、昔、『女装のすすめ』という本で読んだのですか、
 何か言う前に『いや~ん』というと、女言葉になるそうです。」ルミ。
「いや~ん、このアイス、超おいしい。こんな感じですか。」
「今、あたし、ぞくっとしましたよ。」ルミ。
「うふふ・・」
「それに、敬語はだめだそうです。友達言葉オンリー。」ルミ。
「いや~ん。ルミのいうことためになる。」エリナ。
「そうよ、その調子よ。エリナ、習得早いわ。」
「いや~ん。ルミの言葉に感じちゃうわ。」エリナ。
「あはははは・・」と2人で笑った。

「ね、ルミ。あたし達何歳くらいに見えてるのかしら。
「17歳くらいだと思う。」ルミ。
「じゃあ、ラブホテルいけないわね。」エリナ。
「若い子は、カラオケで、するみたいよ。」ルミ。
「そうね。店員さん、呼ばなきゃ絶対来ないものね。」エリナ。
「じゃあ、いこう。」ルミ。
二人は立ち上がった。

「あ、あたしたち、女の子のように、振舞えないわ。」エリナ。
「それ考えなかったわ。」ルミ。
「でも、あたし、女言葉で、すっかり心は女だから、
 女の子になれる気がするの。」エリナ。
「あたしもそんな気がする。」ルミ。
「ね、ルミ、先に出口まで歩いて見て。」
ルミは、女の子の歩き方をした。
エリナは、ゴミをボックスに入れて、ルミのところへ行った。
「ルミ、女の子の歩き方してたわ。」
「ほんと、お姉様も、ゴミを捨てたりするの、女の子になっていたわ。」ルミ。
「わあ、うれしい。」
こうして、二人は、急速な速さで、女の子を会得していった。

カラオケの部屋に入ると、鏡がたくさんある。
コーラを頼んで、店員が持ってきて、行ってしまうのを待った。
「これで、もう来ないわ。」ルミ。
「あたし達、すっかり言葉が身に着いちゃったね。」エリナ。
「お姉様は、仕草も女の子になっているわ。」ルミ。
「お姉様って呼ばれるとうれしい。」
二人は、立って、壁の大鏡を見た。
お互いが、すごく可愛い。声が特に可愛い。
「ルミ、抱いていい?」
「ええ、抱いて。」
二人は抱き合った。
お互いが、こんなに柔らかいとは思わなかった。
「ルミ、柔らかいわ。」
「お姉様は、もっと柔らかいわ。」
「二人は、男女になれないんだって。」ルミ。
「どうして?」
「だって、赤ちゃんができたら、困るじゃない。」ルミ。
「なるほど、そうね。」エリナ。

二人は、抱き合いながら、そっと口づけをした。
17歳の女の子同士だ。
甘酸っぱい女の子の香がする。
たっぷり口づけをして、ソファーに座った。

「お姉様の、ミニワンピースが色っぽいわ。」ルミ。
「太ももがふっくらしてるわね。」
「ええ。撫でていい?」
「いいわよ。」
ルミに撫でられて、エリカは、声をあげた。
「感じるの?」
「すごく、感じる。じゃあ、今度はルミ。」
ルミは、前ボタンのワンピースだ。
スカートを開いて、エリカは、ルミの太ももを愛撫した。
「あん、いやん。お姉様感じるわ。」とルミ。
二人は、キスをしながら、太ももを撫であった。
二人の息は、とうに乱れていた。
「心が女の子になってるの。」ルミ。
「あたしは、とっくだわ。」エリカ。
「あたしたち、今、ショーツを脱いだら、どうなると思う?」ルミ。
「あたし、大きい方だから、びーんとなっちゃう。」エリカ。
「お姉様みたいな可愛い人に、それは、考えられないわ。
 実は、あたしも大きいの。二人で一緒に脱がない。」ルミ。
「いいわよ。」エリカ。

二人は、背と背を向けて、ショーツを脱いだ。
ルミは、ワンピースのスカートのボタンをとめた。
二人はお互いを見た。
「ね、PとPを、擦り合わせてみない。」エリナ。
「いや~ん。きっと感じ過ぎちゃう。」
二人は、抱き合いながら、洋服の上から、お互いのPを擦った。
「ああん、ルミみたいな可愛い子と、Pを擦り合わせてる。たまらない。」
「それは、あたしのセリフ。お姉様、超美人だもの。」
「ルミは、可愛い。」

(次回は、「もう、男に戻れない。」です。)

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。