プリクラ2300④「義男と敬子の場合」後篇

変身して、義男に見える方を「義男」、敬子に見える方を「敬子」と、
綴っています。

===============================

プリクラ2300④「義男と敬子の場合」後篇


義男は、敬子へ愛撫を始めた。
キスをして、ロープのかかっていないところにキスをしたり、舐めたり。
そして、ロープに挟まれている乳房を揉み、
その先端を指で、たっぷり攻めた。

「ああ、あなた、感じる。たまらない。」
「ここは、もっとかな?」
義男は、もうびっしょり濡れている、敬子の一番感じる部分を、攻めた。
敬子は、声をあげた。
「ああ、たまらない。縛られていると、快感がすごいの。
 あなた、あたしを、イかせて。お願い、イかせて。」
「まだまだ、たっぷりいたぶった後、イかせるよ。」
「いやあ、いじわる。あたしは、ロープで何もできないの。
 あなたが、して。」

「いいよ、まず敬子を指で行かせるよ。」
「あなたのアソコは、いいの?」
「うん、まだとっておく。」
義男は、巧みな指で、敬子を悶えさせた。
義男は、女がアソコをどうされたいか、知り尽くしていた。
敬子が、「イく・・。」と叫ぶと、指を離し、
敬子が少し収まると、また、指で愛撫した。
三回もじらされると、敬子は、半狂乱になった。
敬子は思った。
『そうだったんだ、敬子。こんな風にじらされたかったんだね。』

3回目に、義男は、やっと最後まで敬子をイかせた。
敬子は、大声をあげ、気が狂いそうになった。
暴れたいが、ロープにきつく縛られて、動けない。
それが、余計に快感を高めるのだった。

波が引くまで、義男は、敬子にキスをしたり、
髪を梳いたり、体を撫でたり、それをたっぷりした。

「敬子。次は、敬子の後ろを犯すよ。」
「え?Aのこと?きたなくない?」
「ふつうは、ウォシュレットで奥まで水を入れて、綺麗にしたりするけど、
 敬子は、プリクラで洗浄されたばかりだから、
 今は、完璧にきれいだよ。」
「でも、あたし、さっき、十分満足したわ?」
「Aは、まだ満足していないよ。」
「そういうもの?」
「うん、きっとね。」

義男は、Pにゴムを被せた。
仰向けの敬子に対し、敬子の腰に枕を入れた。
そして、敬子のAホールに、クリームをたっぷり塗った。
敬子は思った。
『敬子は、Aもされたかったのか。』

「敬子、力を抜くんだよ。入るよ。」
「あああ・・。」と敬子は、声を上げた。
「どう、嫌かい?」
「大丈夫。嫌じゃないわ。」
義男はピストン運動を始めた。
義男は思った。
『これは、する方も、全然悪くないわ。』
義男は、気持ちがよくて、いつしか、ガンガンと突いていた。
敬子は、悲鳴を上げ続けていた。
敬子の悲鳴が、義男の気持ちを高ぶらせた。
義男は、しばらく夢中になっていたが、我慢して、抜いた。
最後に本命の場所を、犯してあげないと。

義男は、ゴムをはずし、
敬子の本命の場所に、挿入した。
「ああ、やっぱり、ここが最高。
 でも、義男さん。ここは、縄を解いて、あなたに抱き付きながらされたい。」
「そうだね。そうしよう。」
義男は、そういって、敬子の縄と解いた。
敬子が抱き付いてきた。

やがて、敬子は、断末魔の声を上げて、果てて行った。
義男も、果てて行った。

二人は、抱き合った。

敬子は言った。
「あなた、よくわかったわ。
いままでの、あたしは、淡泊過ぎたと思う。
これからは、あたし、あなたに全部してあげるわ。」
「ありがとう。これが、俺の願望だったんだ。受け入れてくれてうれしいよ。」

そのとき、2時間が、過ぎた。

「あ、もとにもどったね。」
「ええ。あたしに戻れて、うれしいわ。」
「あんなに、されたのに、俺、また、敬子を犯したい。」
「元に戻ると、きっとリフレッシュされるのよ。」
「そうか、俺、やる気むんむん。ガンガン、敬子を縛って、犯したい。」
「義男さん、あたしを縛って。あたしには初体験なの。
 今まで、こっそり一人でしてたから、満足できなかった。」

「俺だって、敬子の縛られてる姿まだ見てない。
 敬子が、悶えてる顔も見ていない。今度は、見たいよ。」
「そうか。あなた、自分が縛られていたんだものね。
今度は、あたしの悶える姿を見て。」
「ああ、美人の敬子が束縛されている姿。
ああ、もう、思っただけで興奮してきた。」
「あたし、幸せ。」

そのときから、義男と敬子の満足に満ちたセックスライフが始まった。

めでたし、めでたし。


■次回予告■
次回は、しがないサラリーマンの、
密かな喜びを書きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム