となりの山田さん⑥「隆夫と啓二のカムアウト計画

ようこそ! 第2ブログへ

<第6話> 「隆夫と啓二のカムアウト計画」


その頃、山田家では、ベッドの上で、
恵子と早苗が、スリップ1枚になっていた。
「恵子、こういうの好き?」
と早苗は、手にロープを持っていた。
「お姉様、それで、あたしを縛るの。」
「いや?」
「お姉様にならいい。縛ってみて。」

早苗は、恵子の乳房をよけながら、横にロープをかけた。
そして、背中の手を結んで、横ロープに連結した。
「あ、動けない。」と恵子は言った。
「うれしくない?」と早苗は言う。
「早苗、これ、啓二さんにやったことある?」
「まさか。あたしがこんなこと好きだなって、
 おくびにも出せないでいるわ。」

「恵子のショーツ取るわ。」と早苗。
「あ~ん、抵抗できない。」と恵子。
早苗は、恵子を後ろから支えて、
恵子のスポットを愛撫し始めた。
「ああん、お姉様、脚が開いてくる。」
恵子は言った。
「脚も、縛っちゃおうか。」
早苗はそういって、恵子の脚を、左右それぞれに縛り、
余ったロープを、背中の後ろで引っ張った。
恵子の脚は、開かれ、カエルの脚のようになった。

「どう?恵子、感じるでしょう。」と早苗。
「不安がいっぱいで、感じるわ。
 誰かに見られたら恥ずかしいわ。」

その状態で、早苗は、恵子の胸や、脚、
そして、スポットを愛撫した。
恵子は、大きな声を上げた。
「ああ、あたし、これ多分好き。
 毎回、おねだりするかも知れない。」
「あたし、恵子をどんどん悪の道に誘っているのかしら。」
恵子は、たまらなく感じ始め、理性を失っていく。

「ああ、お姉様。お姉様となら、悪の道をいきたい。
 ああ、あたし感じてる。ロープのせい?
 もうたまらない。」

早苗は、キスをしたまま、恵子のスポットを激しく愛撫した。
恵子は、ロープの中で、震えながら、達した。

恵子は、これからは、条件反射のように、縛られただけで、
あそこを濡らしてしまいそうだと思った。

その後、今度は、早苗を縛り、早苗は縛られ慣れているのか、
恵子より、大きな声を上げて、果てていった。



隆夫と啓二は、公園でイってしまうと、
急に性欲がさがり、楽な男の姿に戻りたくなった。
カラオケにもう一度行き、
男の姿に戻った。
夜の8時を過ぎていて、二人は、イタリアン・レストランに行った。

「山田さん、これって長続きしませんね。」と隆夫は言った。
「そうですね。服もずいぶん買っちゃったし、
 コインロッカーでは、無理ですね。」
「わたし、妻にカムアウトしようかと本気で考えています。」と隆夫。
「実は、私もそうです。でも、妻がどんな顔をするか。
 考えたら、恐ろしいです。」と啓二。

「女の子からみて、女装ってどうなんでしょうね。」と隆夫。
「女装だけなら、認めてくれるかもしれない。
 でも、私たち、セックスもしているでしょう。
 そこまでは、いくらなんでも、受け入れられないんじゃないかな。」と啓二。

「それがね。おとといだったかな。妻の恵子が聞くんですよ。
 男から見て、レズビアンをどう思うかって。
 私は、男ならみんな好きだと思うよ。と答えました。
 すると、また聞くんです。
 あたしが、もしレズビアンだったら、どう思うかって。
 私は、何も感じない。浮気だと思わないし、ジェラシーはないって
 答えました。」
隆夫は言った。

啓二は、驚いた顔をして、
「私も、おととい、早苗から、同じことを聞かれました。
 私は、浮気と感じない。ジェラーシーはないって言いました。」

隆夫は、驚いて言った。
「もしかして、山田さんの早苗さんとうちの恵子が、
 レズビアンってことありませんか?
 山田さんと初めてお会いしたとき、恵子は早苗さんを見て、
 すごく動揺していたんです。
 その理由を後から聞いたら、
 昔、大好きだった人に似ていたからっていいました。」
隆夫は、言った。

「それ、本当ならうれしいですね。
 家内たちが、レズビアンなら、お互い相手を許せそうじゃありませんか。」と啓二。
「そうか、私たちも女装すれば、女ですものね。」隆夫は言った。
「妻たちが、女同士のセックスが好きなら、
 私たちを、理解してくれる確率が高い。」と啓二。
「恵子が、早苗さんを、本気で愛しているなら、私、それはそれでいいです。
 ただ、恵子とのセックスは成功させたい。」と隆夫。
「私もそう思います。とにかく一度でもいいから成功させたいです。」

それから、二人は、二人の妻にカムアウトする計画を立てた。

「私、女装して、妻に直面したら、わかってしまうでしょうかね。」
と隆夫は言った。
「いや、隆夫さんほど変身する人は珍しいから、化粧濃い目なら、
 わからないでしょう。声も変えられるし。」啓二は言った。
「啓二さんも大丈夫ですよ。
啓二さんの女声、チョオー可愛いから。変身度高いですよ。」

こうして、二人は、カムアウトの計画をほぼ立て終わった。


つづく

■次回予告■

隆夫と啓二は、女装をして、レストランで、
互いの妻と、4人で同席します。


女装(ノンアダルト) ブログランキングへ

バナーを貼るのを忘れていました。大失敗。
今からですが、ポチをくださると、うれしいです。


「今日の男の子」
↓   ↓   ↓
これは、有名なキャラクターであるようですね。
thCA32PM2P.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム