女装の街④「ヒロミと絵理の絆」のつづき

ようこそ!第2ブログへ。 「女装の街」第4話のつづき

==================================

絵理は、ヒロミに馬乗りになった。
ヒロミの心は、すっかり女の子になってしまった。
「お姉様。あたしを脱がして。裸にして。」とヒロミは言った。
「いいわ。あたしも裸になるわ。」
絵理はそう言って、レオタードの上半身を脱ぎ、
そして、下半身を脱いでしまった。
そして、ヒロミのレオタードを脱がせ、ヒロミを真っ裸にした。
絵理は、毛布をかぶり、ヒロミに重なった。

「ああ、お姉様。お姉様の体、やわらかい。」
ヒロミはそう言って、絵理に抱きついた。
「ヒロミもやわらかい。女の子だわ。女の子。」
絵理はそう言って、ヒロミにキスをした。
二人は舌を絡ませて、強く抱きあった。

「ヒロミ、ここだけは、女の子じゃないわ。」
絵理は、ヒロミの男の子をさわっていった。
「いやん、お姉様、そこだけは、さわっちゃいや。」
「でも、感じるでしょ。ひろみ、うれしそうな顔してるわ。」
「いやん、していない。お姉様のいじわる。
 ヒロミ、お姉様のさわりたい。」

ヒロミは、絵理のものを触った。
「お姉様。大きくなっているわ。」
「だめ、あたし、はずかしい、さわらないで。」
「お姉様だって、さわったくせに。あたしだってさわるわ。」

ヒロミは、絵理の上になって、絵理の男の子を口の中に入れた。
「あああん、ヒロミ、だめ。あたし、感じる。感じる、いやあああ。」
ヒロミはどんどん攻めていく。
「あん、ああん、ひろみ、止めて、あたし、そこ感じるの。」
ヒロミは、容赦なく、どんどん攻めていく。
「ああ、ヒロミ、ダメ、ダメ、あたし、いきそう、だめ、ああああ。」

絵理は体を小刻みに震わせ始めた。
絵理は大人しくなって、ヒロミにされるがままに成っている。
そのうち、絵理は、大きく体を揺らし始めた。
「ヒロミ、ダメ、あたし、いく、いくわ。もうだめ。あ、あああ、あああああ。」
絵理は、バタバタと体をゆらして、首を左右に振った。
「ああん、ああああん、行く、いっちゃう、もうだめ、あああああああ。」
絵理は、背を反らせ、アゴを突き出すようにして、体を痙攣させた。
そして、ヒロミの口の中に、温かいものを放射した。

ヒロミは、それを飲みこんだ。
「お姉様、きれいにしてあげるわ。」
ヒロミはそう言って、絵理の男の子をきれいになめた。

ヒロミは、絵理に飛びついていって、絵理を抱いた。
「お姉様。最高に可愛かったわ。お姉様は、最高に女の子。」

「ヒロミ、ありがとう。あたし、感激した。
 今度は、あたしが、ヒロミを天国に連れて行く。」
絵理はそう言って、ヒロミを下にして、ヒロミの体にキスをしていった。

しばらくして、ヒロミの叫び声が始まり、
絵理と同じように、体をばたつかせ、ヒロミも天国に行った。

二人は抱きあった。
「あたしたち女の子ね。」絵理が言った。
「うん。もっともっと女の子になりたい。」とヒロミ。
「いっしょになろう。もっともっと女の子に。」絵理は言った。


つづく

■次回予告■

ヒロミがデビューします。
そして、大変な人気を博します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもポチをありがとうございます。
なんとか、2位にいます。
今日もお願いできれば幸いです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム