スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美雪と瞳④「美雪、教授の前で弾く」最終回

最終回です。続編もあるのですが、一応これで終えます。
読んでくださるとうれしいです。

===================================

瞳は、美雪と両親の許可を得て、横山康孝教授に、美雪のプライベートなことも伝えた。
「そう。GIDの学生は、この大学にごろごろいるよ。
 瞳君のようにね。」
と教授は言った。
そして、教授は、両親同伴で来て欲しいと言った。



ようやく、教授の前で演奏する日が来た。
瞳は、美雪の両親へのカムアウトの日から、
自分も決心し、女性として大学に通い始めていた。

午後の4時が約束の時刻だった。
父靖男は、仕事を休んで同伴した。

美雪は、新しい服をたくさん買ってもらったのか、
その日は、赤いワンピースだった。
とても、似合っていて可愛かった。

教授の研究室に訪れた。
日本で屈指のピアニストであり教授であるのに、
教授の研究室は、片付けが全くなされていなかった。
教授は私服を着ていて、
極めてフランクな人柄だった。

美雪の両親が挨拶をしようとすると、
「いや、お父さん、お母さん、私は1秒でも早く美雪さんの演奏が聞きたい。
 昨日は楽しみで、眠れなかったくらいなんですよ。
 隣が、小さい教室になってますので、早く移りましょう。」
と早口で言った。
早苗や靖男は、先生の人柄にほのぼのするものを感じて、目を合わせて微笑んだ。

隣の教室には、正面の低いステージの上に、演奏会用の最高級のピアノがあった。

「美雪さん、ショパンの夜想曲第2番あたりどうだね。」
と教授は、美雪に言った。
「はい、ノクターンですよね。暗譜しています。」
と美雪は言った。
そして、正面のピアノへ歩いて行った。

教授と3人は、後部の椅子に横に並んで座った。

やがて、静かに美雪の演奏が始まった。
瞳は、美雪のよさが最高に表現される選曲だと思いうれしかった。

美雪は、ピアノに深く入り、まるで美しい夜に一人想う自分を表しているのだろうか、
演奏に、しっとりとした色合いが出ていた。
天下の教授が聴いているというのに、あがったり、緊張している風はまるでなかった。
教授はだまって、ときに演奏に合わせてうなずいたり、首を揺らしていた。

美雪の演奏が終わった。
みんな、教授の反応を祈るような気持ちで待っていた。
美雪が来ると、教授は立って、大きな拍手をした。
美雪がうれしそうな顔をした。
みなも立った。
美雪が来ると、教授は、満面の笑顔で、早苗と靖男に言った。
「美雪さんは、宝石ですなあ。」
美雪も、両親も、瞳も顔がほころんだ。
「研究室のソファーに移りましょう。」
と教授に言われ、部屋に移った。
教授は、真先に美雪に聞いた。
「美雪さん。演奏してみてどうだった?」
「ピアノがすばらしくて、始めの音を弾いたら、もううれしくなってしまって、
 いつの間にか音に包まれて、最高に幸せな気持ちになり、いつまでも弾いていたいと思いました。」
美雪は言った。

「ふーん。私達が聴いているというのに、集中力があるんだね。」
と教授は言い、両親に向かって言った。
「立原君が、美雪さんのことを何べんも誉めるんですよ。
 私は楽しみでなりませんでした。
 そして、今日願いが叶った。
 さっきも言いましたが、美雪さんは、宝石です。
 宝石だから、まだ磨ける余地はたくさんありますよ。
 しかし、宝石であることに違いはない。
 実に、心に沁みる演奏を今日されました。
 人に聞かせる音を出せますね。
 いいですなあ。」と。

早苗は、天にも昇る気持ちだった。
「教授のお言葉を伺って、感無量です。」と言った。

「こうしませんか。」と教授は言い、
「週に1度でも、2度でも、この私の部屋に遊びに来ませんか。
 いつ私が入るかは、立原くんに後で伝えます。
 授業じゃありません。遊びに来るだけです。
 ピアノは、さっきの教室ので、自由に遊んでけっこうです。
 もちろん、私も、遊びに聞いたりして、
 いいと思ったところを2、3言うこともあるでしょう。

 授業料なんかいりませんよ。遊びですから。
 要するにですなあ。私は、ライバルの大学に、
 美雪さんを取られたくないんですよ。」
そう言って高らかに笑った。
「教授、それ、名案ですね。」と瞳は言った。
「まあ。」と早苗は、目を潤ませた。
「ありがとうございます。」と靖男も言った。

教授は、
「高校ですが、全然人に知られていないのですが、
 この大学の付属音楽学校として高校があるんですよ。
 小人数で和気あいあいとした学校です。
 美雪さんは、すでにNHK学園に在籍していますから、
 編入という方法があります。
 希望されるのであれば、私がお世話します。

 立原くんがいうのですが、美雪さんには、クラスメートとの交わりや、
 楽しい学校生活の経験はあってもいいのじゃないかと。
 私も、反対ではありません。
 しかし、NHK学園を卒業することも、
 それなりに、意義のあることです。

 それと、プライベートなことも伺いましたが、
 病院か、ジェンダー・クリニックへ行って、
 一度診断をお受けになった方がいいと思います。
 GID(性同一性障害)の診断書をもらえれば、
 学校では、その生徒を正式に女子として扱えます。
 もちろん他の生徒には、知らされませんよ。
 体育は女子として、トイレ、更衣室も女子として、
 堂々と使えます。もちろん女子の制服でね。
 その診断書は、ずっと使えますので、大学でも通用します。

 立原くん。このくらいでいいかね。」と教授は瞳に聞いた。

「はい。教授としては、花丸です。」
と瞳が言ったので、みんなで、和やかに笑った。



帰り道。
いちばん喜んでいたのは、早苗だった。
手を広げてくるくる回っていた。
「ああ、幸せだわ。こんなうれしい日はないわ。」と早苗は言った。
「あの教授、ぜんぜん威張ってなかったね。」と美雪が言った。
「そうだねえ。なんか、立原先生に子供扱いされてたね。」と靖男は笑いながら言った。
瞳は言った。
「だって、あの先生、聴いてはくれるんですよ。
 でも、何にも教えてくれないんです。
 欠点は、自分で見つけ、自分で克服せよとのお考えです。
 でも、私達が自力で克服したときは、すかさず誉めてくれるんです。
 そのときのうれしさったらありません。
 だから、みんな教授のこと大好きなんです。」

大学からの道は、長い下り坂だった。
家々の景色が遠くまで広がってみえる。
美雪は瞳と目を合わせ、胸一杯に息を吸った。


<おわり>


■次回予告■

「続・美雪」と瞳があります。それを投稿しようか、
「美加とルナ」も書きたいなと思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキング、これ1つにしました。
順位があがると、とても自信になります。
ポチをくださると、うれしいです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。