則子になった孝一⑥「則子、奇跡の提案」

今日で、問題が解決されますので、少し長く書きました。
最後まで、お付き合いくだされば、うれしいです。
なお、次回を最終回にする予定です。

===========================

その日の、7時に、加害の3人、その両親と、3人の担任。
則子と母恵子と、則子の担任の佐野、校長、副校長、教務主任、
生活指導主任が集まり、報告と話し合いがもたれた。

吉井梅子は、そのとき一番恐かったのは、校長でも、担任でも、親でもなく、
則子だった。
廊下でにらみ付けられたときの恐さを忘れることができなかった。
則子のいる前で、梅子は、到底ウソはつけないと思っていた。

校長から、「いじめられ記録」に基づき説明があり、
その通りかと問われたとき、梅子は、すべてその通りだと答えた。
あとの二人も同様だった。

校長は、警察に指紋の照合を頼んだ結果、指紋は則子のものであり、
3人が脅し取ったことは、明白であると述べた。
そして、その過程を記録するボイスレコーダーの内容も全員が聞いた。
加害の3人の親にとっては、耳を塞ぎたい内容だった。

3人の親達は、反論の余地もなく、ただ黙って首を垂れていた。

吉井梅子の父親が、恐る恐る手を挙げた。
「あのう、被害者の君島則子さんが、万が一『許す』と言ってくださった場合、
 警察に行かないで済む可能性はあるのでしょうか。」
校長が答えた。
「それは、あります。警察に訴え出ないのですから、警察は何も知りません。
 しかし、校長の私を代表として、学校は、この犯行を知っているのですから、
 学校としての処分はします。重くは退学、軽くは、停学、などです。」

梅子の父は、さらに聞いた。
「警察に行くことになれば、その先はどうなるのでしょうか。」
校長が答えた。
「警察の尋問のあと、書類送検され、
 家庭裁判所が、措置を決めます。
 犯行の内容により、少年院送り、
 自立支援施設、昔の教護院です、そこに送られる。
 また、家庭にいながら指導を受ける保護観察というケースもあると思います。」

校長は、さらに言った。
「何とか、停学程度に収めたかったのですが、
 そうもいかなくなりましてね。吉井梅子さん、説明してくれますか?」

梅子は言った。
「則子さんを脅して、10万円を取りました。
 その10万円を佐野先生と河本先生に、取りあげられました。
 せっかくとった10万円だったのにと悔しい気持ちで3階にきました。
 そこに則子さんがいました。

 私は、すれ違うとき、「へん、お前のせいで。」と則子さんに言ったのです。
 則子さんが、先生に言い付けなかったら、
 お金は、先生に取られなかったという意味でした。

 信じ難いほどの自分本位の言葉でした。
 あたしが脅してあたしが奪ったというのに、
「お前のせいで」というのはとんでもない言葉です。

 その私の言葉に、則子さんは、火のように怒りました。
 則子さんは、私の胸をつかみ、にらみました。
 その則子さんが恐くて、私は、今までした悪いことを、白状しました。

 それを、3年生の人達が、ほとんど集まってきていて、全部聞かれてしまいました。
 私のオシッコを、則子さんに飲ませたことまで、聞かれてしまいました。

 則子さんは、私が、みんなからの攻撃に遭わないよう、3年生みんなに、
 裁きが終わるまで3人には何もしないで、と言ってくれました。
 だから、今日だけは、何もされませんでした。
 でも、明日からは、もう学校へいけません。
 停学にしていただいても、その先も学校へいけません。

 1年生のとき学年で成績が1番で、すごくやさしかった則子さんを、
 私は、妬んで、いじめをし勉強をさせませんでした。
 その結果、ある日則子さんは、
 眉をそり、髪を金髪にして、完全な不良になって登校するようになりました。
 全部、あたしのせいです。
 それから、1年半の間、則子さんは、いつもたった一人で、学校にいました。
 大切な高校生活の半分を、わたしは則子さんから奪ってしまいました。
 お金なら返せるかも知れないけど、則子さんの1年半は返ってきません。

 3年生になって、則子さんは、不良を止め、大変な努力をして、勉強を取り返し、
 髪も黒くして、やっと真面目になろうとして、ついに、学年で3番と言う成績をとりました。
 それなのに、私には、反省の欠片もありませんでした。
 そんな則子さんを、勉強はするなと、また脅し、おまけに10万円を脅しとったのです。

 私は、救いようのないワルです。鬼です。
 学校にいさせてもらおうなんて、とんでもありません。
 ただ一つ、鮎川さんや神戸さんを道連れにしてしまったことが、悔やまれます。

 この2人は、ほとんど悪くないのです。
 私が恐くて、手先になっていただけなのです。
 1年生のときにせしめた12万円も、あたし一人がもらって、
 二人には、たまにアイスクリームをおごってあげる程度でした。

 今度の10万円も、私一人のものにするつもりでした。
 だから、鮎川さんや神戸さんまで、私と同罪になってしまったら、
 私は、二人の将来もめちゃくちゃにしたことになります。
 則子さんの1年半と合わせて、取り返しのつかないことをしました。
 
 則子さん、ごめんなさい。鮎川さん、ごめんなさい、神戸さんごめんなさい。」

梅子は、そこまで言ってデスクの上につっぷして、泣き始めた。

それを聞いて、梅子の母親も、デスクに泣き伏した。
その泣き声は、号泣にかわり、やがて慟哭とも言える声となった。
梅子は、母親の背の上に重なるようにして泣いた。
父親も、片手で顔を覆って、声を出し男泣きに泣いた。

鮎川道子、神戸美佐も泣いた。その両親も泣いた。



みんなが、やっと泣き止み、静寂が訪れた。
校長は、則子に最後の気持ちを聞いた。

則子は、静かに立った。
皆が、則子を一心に見つめていた。
則子は、口を開いた。

「私の気持ちは、家を出たときにもう決まっていました。
 私は、不良となり、1年半の間、友達がいなくて、淋しい思いをしました。
 だから、私は、夜のグランドに行って、走りました。走って、走って、
 気絶するまで、何度も毎日走り続けました。
 走っているときだけは、淋しさから逃れることができたからです。

 こんないい方は、梅子さんに失礼かと思いますが、
 私は、梅子さんも私と同様に、一人ぼっちで、ずっといたのだと思います。
 道子さんと美佐さんと、3人はいつもいっしょでしたが、
 梅子さんの心の中は、
 一人ぼっちの淋しさで、いつも悲しかったのではないかと思うのです。

 さっき、梅子さんご自身がおっしゃっていました。
 『二人は、私が恐くて、手先になっていただけ』だと。
 二人は、私が恐いから、いっしょにいてくれているだけだ。
 別に、二人に好かれているのではない。
 本当は、自分は、一人ぼっちなんだと。

 私は、その悲しさを経験しました。
 だから、今なら、梅子さんを許せるのです。

 梅子さんが、私を引きずり落としてまで、
 トップの成績を取りたかったのは、
 淋しさの裏返しだったのだと思いました。

 今日、3年生のほぼ全員に、梅子さんの口から、
 いじめた内容を言わせてしまいました。
 私は理性を失っていました。
 きっかけは、梅子さんの言葉であっても、
 むごいことをしてしまったと思っています。
 これでは、3人は、明日から学校に来られません。

 私は、それをどう解決すればいいのか。
 3人が、みんなに冷たくされず、ひどいこともされず、
 どうすれば、学校へ来られるようにできるだろうかと。
 そればかり考えました。

 そして、一つだけ、方法を思いつきました。
 私は、サッカーが好きです。
 だから、女子サッカー部を作りたいのです。
 同好会でもいいです。
 そして、私をキャプテンとして、
 梅子さん、道子さん、美佐さんに、是非、
 女子サッカー部員になって欲しいのです。
 
 そうすれば、3年生のみんなは、
 3人を、女子サッカー部員と真先に見ます。
 部員同士の結束は固いので、部員の一人に手を出せなくなります。

 そして、いじめた私といっしょにサッカーをやっていれば、
 みんなは、仲直りしたのだと思うと思います。

 友情で結ばれることがむずかしくても、
 サッカーで結ばれることは、可能だと思います。

 これは、3人に恩を着せるのではなくて、
 女子サッカー部は、私自身の夢であるからです。

 幸い、梅子さんも、道子さんも、美佐さんも、
 成績は上位の人です。
 サッカーが受験に差し支えることは、ないと思います。

 練習は、男子サッカー部のグランドの隅を借りてします。
 校長先生に、女子サッカー部を認めてくださるように
 お願いしたいと思います。

 もちろん、過去のことは不問にし、
 3人には、学校の寛容な処分をお願いいたします。」

則子は、礼をして座った。

だれもが、予想もしなかった則子の言葉だった。

校長は、同席の先生方に、視線を向けた。
どの先生も、「OKだ。」とのサインを目で送っていた。
校長が、やっとほっとした表情を見せた。
そして、梅子に言葉をかけた。

「吉井さん、どうですか。サッカーをやってみますか。」
梅子は、すがるような表情で言った。
「はい。やります。あたしは、則子さんが、男子とサッカーをする姿を見て、
 憧れました。やりたいです。則子さん、ありがとう。」
と梅子は、最後は、則子を見て言った。

道子と美佐も、同じ様に目を輝かせて「やりたい。」と言った。

校長が、則子の母恵子に。
「お母様は、それでよろしいですか。」と聞いた。
「はい。則子の夢でしたから、叶えてやりたいと思います。」と恵子は答えた。

校長は、ほっとしたように笑顔を見せた。
「では、私は、校長として、女子サッカー部を認めます。
 顧問は、そうですね、佐野浩介先生、いかがですか?」
佐野は、
「はい。やらせていただきます。」
と言った。

最後に、校長がしめた。
「これで、一件落着となりました。
 本来なら、吉井梅子さんの学校での処分は、退学でした。
 また、鮎川道子さん、神戸美佐さんは、4週間の停学でした。

 しかし、君島則子さんから、奇跡と思える温かな提案があり、
 私は、感激しました。

 そこで、吉井梅子さんの退学は取り消し、
 その代わり、卒業までの11ヶ月間、学校における保護観察処分とします。
 担任を保護教官とします。
 梅子さんは、毎日、一日の日記を書き、担任に提出します。
 それを、私が見ます。
 また、週に1度、私と面談をします。
 鮎川さん、神戸さんは、3ヶ月の保護観察処分とし、後は、吉井さんと同様です。

 許されるということが、どれだけありがたいことか、
 今3人は十分経験したことと思います。
 校長である私自身も、より人を許せる人間になりたいと思います。
 ご質問がなければ、これで、閉会といたします。」

梅子が、真先に則子のところへ来て、則子に抱きつき、
「ありがとう。ありがとう。あたしサッカーがんばる。」
と言った。
道子も美佐も来て、4人固まって泣いていた。

親達は、床に手を付いて、恵子に何度も頭を下げていった。



外は、夜が更けて、星の綺麗な晩だった。

母との帰り道、則子は聞いた。
「あれで、よかったのかな。」
「最高だったわよ。則子のツッパリ時代も無駄ではなかったのね。
 あの期間がなかったら、今日のような言葉言えなかったと思うわ。」
「明日から、サッカーだ。お母さん、いいでしょう?」
「目隠しでリフティングする娘に、ダメとはいえないでしょう。」
「えへへ。」
則子は、母の腕を抱いた。


つづく

■次回予告■

大きな問題が残っている。
二人の実の家族とはどうなるのか。
二人は、これからも入れ替わったままなのか。
次回、最終回にて、すべてが明らかに。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※毎日ブログランキングにポチをくださりありがとうございます。
 順位が上がると、うれしいです。今日もお願いできれば、
 幸せです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

はぁ~~なんかいろいろほっとしました♪

最終回!どういうところに着地するのか楽しみでもあり、これでこのお話も終わりなのねという寂しい気持ちもあります(; ・`д・´)

2. Re:無題

>北川さとみさん

コメントありがとうございます。
会議の場面、私も書き終えて、ほっとしています。

物語が終わるのが淋しい…なんて、
最高にうれしいお言葉です。
実は、私も淋しいんです。
せっかく描いてきたキャラが、みんないなくなっちゃう。でも、最終回を書けた喜びも大きいので、これから、もう一ふんばりがんばります。
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム