スーパー洋子・出版社の巻(前編)「相手は天下の岩崎芳郎」

「スーパー洋子・出版社の巻・<前編>「相手は天下の岩崎芳郎」

スーパー洋子の素性は、倉田洋次の勤める出版社の校正部員です。
校正部のお話は、3話書きましたが、新作を書きました。
前・後編の2回で掲載します。
読んでくださると、うれしいです。

=========================

ここは、倉田洋次のいる三栄出版社、校正部。

「ああ、どうしよう。どうしよう。
 大変なことが起きちゃったの。」
と百合子は、分厚い原稿を持って、部にやってきた。

「どうしたんですか。」とそばの人が聞くと、
「とんだ方からの原稿が来ちゃったのよ。」と百合子。
「といいますと。」
「誰から原稿が来たと思う?」と百合子。
「すごい人?」
「そう。今日本でノーベル文学賞にもっとも近いと言われる岩崎芳郎さんの原稿なのよ。」
と百合子が言うと、みんなは、ひえーと声をあげて身を引いた。

「また、なんでそんなすごい人の原稿が、うちに来たんですか?」

「それが、前の出版社と喧嘩をしたらしく、
 やぶれかぶれに、うちに来たらしいの。
 A4で、1000ページなのよ。1000ページ。
 第3校正は、坂田君、第2校正は私、さて、第1校正は誰がいいかしら。」
と百合子がいうと、みんな、百合子から目をそらし、
自分のデスクに向かってしまった。

そのとき、洋次は、まったく別のことを考えていた。
というのは、またお腹がいたくなって来ていた。
これは、いつも不吉な兆しなのである。
ああ、トイレに行きたいと思って、前を向いていたのは、
洋次、一人であった。

「倉田君。あなたがいたわ。
 ごくたまにスーパーパワーが出るじゃない?
 今度も窮地に立てば出るかもしれないわ。」
そう言って、百合子は、ドンと高さ10センチほどある原稿を、
洋次のデスクの上に置いた。
「え?何?これなんすか?」
と洋次は、間の抜けた声を上げた。

「それを、校正すればいいだけのことよ。」
と百合子が言う。
「分厚いですよお。」と洋次は言った。
「100ページずつになってるから、
 出来たものからあたしに回して。」
と百合子。

洋次は、作者名を見て、ウソかと思った。
「岩崎芳郎…ええ?あの?あの岩崎芳郎ですかあ。」
と洋次は声を上げた。
「そうよ。」と百合子は、おもしろそうにいう。
「これ、いじめじゃありませんかあ。」
と洋次は言って、お腹が痛くなり、トイレに行った。

個室にしゃがみ、神様に祈った。
ああ、出たときにスーパー洋子になっていますように。

祈りとは通ずるものらしく、
個室を出たとき、そこは、女子トイレだった。
「わあ、やった!」と思い、鏡を見てみると、
いつもの童顔。まるで高校生。
可愛い前髪を、洋子は、ふーと息で飛ばした。

洋子は意気揚々と帰ってきた。
座敷わらしのように、社のみんなは、洋子を見ても、
前からいる社員のように思っている。

洋子は、洋次のデスクに座った。
原稿を前にして、どうもやる気が起きなかった。
今をときめく世界の作家・岩崎芳郎の本をまだ一冊も読んだことがない。
上の図書室でも行って、読んでくるかと席を立った。

百合子が見ていて、
「洋子ちゃん、逃げる気ね。だめよ。」と言う。
「あの、上で先生のご本を見てみようと思って。」と洋子。
「1時間だけよ。」
「先生の本、全部ありますか。」
「あるわよ。」

洋子は、図書室で、岩崎芳郎の著書全48巻を、
20分で全部読み、文章を全部暗記した。
「ふーん、天下の岩崎芳郎でも、問題を未解決のまま終わらせているものが、
 いっぱいあるではないか。きっちり終わらせてよね。」
と独り事を言った。

20分で帰ってきたとき、
隣の席の坂田郁夫が、
「何かおもしろいのありましたか。」と聞く。
坂田郁夫は、まだ2年目の新人だが、IQ180、
T大文学部を主席で出た、超秀才。
今や、校正部No.1の実力で、第3校正を任されている。

「おもしろいんだけどさ、いろんな人物の問題が未完のまま、
 本が終わっちゃうの。
 あの件どうなったの?って聞きたくなっちゃう。
 読者は、あれで納得して来たのかしら。
 それが、48巻全てその調子なのよ。」
洋子は言った。

「え?先輩。まさか、あの時間で、48巻読んじゃったんですか?」
「坂田君だって、速読の中級だから読めるでしょう。」
「まさか、20分じゃ、無理ですよ。
 でも、さっき先輩がおっしゃったこと言えてます。
 私も、同感です。あの先生の作品、
 未完で終わらせているエピソードが多いんです。
 読者がどうして、文句をいわないのか、不思議に思っていました。
 言わば『岩崎ワールド』みたいなのがあって、ファンは心酔してます。
 頂点に立つ人だから、誰もケチをつけられないんですよ。」

坂田は、そのとき、洋子がスーパーモードであることを確信していた。

「洋子先輩。この際、校正で、そういうところガツンと指摘してやりましょうよ。
 相手が、どれだけえらかろうが、関係ありませんよ。」
坂田は言った。

「うん、そうよね。」と洋子は言った。
洋子は続けて言った。
「それとね、あの先生、同じ表現を何度も使うの。
 猫の目の表現をするのに、26回も同じ表現を使ってた。
 48巻通じてね。それって、みっともなくない?」
「みっともないです。でも、先輩、まさか48巻の文が全部頭に入っているとか。」
「頭に入った文を、今、同表現をまとめて、あいうえお順にしているところ。」
「先輩、それ、大きな声で言わない方がいいですよ。人間扱いされなくなります。」
「そうね。」
と洋子は、うひひと笑った。



洋子はしばらくぼーとしていて、
「さあ、やるか。」と気合を入れた。
洋子は、赤と青の鉛筆を持ち、
赤は、直すべきところ。青は、直した方がいいと思われるところに分けて、
作業を始めた。
校正をしながら、パソコンで、
校正の訳を書いた「校正の理由書」を書いていた。

手書きの赤、青を入れるため、
さすがの洋子も、1000ページに2時間かかった。
「校正の理由書」の方は、今回の表現に限らず、
岩崎が過去に使った表現を、全48巻から抜き出し、
あいうえお順に並べ、その表現を、
過去のどの作品のどこで使ったかが一目でわかるようにした。
全部で、600ページの大作。

「先輩、神業ですね。信じられない速さです。
 理由書もただの理由書じゃないみたいですね?」
と隣の坂田が言ってきた。
その坂田も、みんなから、信じられない速さと言われている。

「うん。どうせなら岩崎芳郎さんに役に立つもの作ろうと思って、
 がんばっちゃったの。」

2時間で仕上げ、洋子は、また、引き出しのゴム人形を戦わせ遊んでいた。


つづく

■次回予告■

洋子の校正を見て、かんかんに怒る岩崎芳郎。
はたして、洋子は説得できるのか。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※ブログランキングに参加しています。
 ポチをくださると、うれしいです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

倉田洋次、スーパー洋子になるか(-x-;)ドキドキ

なった~γ(▽´ )ツヤッター

みたいな感じで楽しく読ませていただきました。

スーパー洋子ゎ、ラックさんの書かれる作品の中で、junの好きなキャラの一人。
彼女の痛快なスーパーレディぶりに今回も楽しませてもらいました~(-^□^-)

2. Re:無題

>junさん

コメントありがとうございます。

スーパー洋子を楽しんでくださって、うれしいです。
倉田洋次が洋子になることだけが、女装なんですけど、一応女装物ということで、逃げています。
今回、せっかくスーパー洋子なのに、2話で終わります。私も好きなキャラなので、もっと伸ばしたいのですが、伸ばせませんでした。
明日の後編で終わりです。読んでくださるとうれしいです。

3. 無題

スーパー洋子、やっぱり楽しいー、ワクワクします。

すごい仕事をこなすスーパー洋子が、引き出しのゴム人形を戦わせて遊ぶなんて、なんとも可愛いですねー(≧∇≦)
好きになっちゃいそうです。

続きが楽しみです。

4. Re:無題

>まみさん

コメントありがとうございます。
ゴム人形遊びは、私も今でも、ときどきやります。もうほんと、大人気ないんですが。

今日、後編です。
ちゃんと終われているか、プレッシャーです。
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム