再投稿・スーパー洋子初登場の巻き

体調がまだすぐれず、新作が書けません。
そこで、昨日のように、過去のものから、私のお気に入りを再投稿します。
これは、「スーパー洋子」が初めて登場するときのお話です。
前編、後編一挙に投稿します。(ちょっとラストを変えました。)
読んでくださるとうれしいです。

=============================

「スーパー洋子初登場の巻」

倉田洋次が、自分が未来世界から間違って派遣された
「スーパー機能クローン」だと知ったのは、23歳のときだった。
クローンであるから、人間と同じであって、
お腹もすくし、排泄の要もある。
しかし、洋次には、恐るべきパワーと、知能が搭載されていた。

洋次は、大学を出て、ある出版社に勤めた。
今は、10月、入社してから6ヶ月になったが、
仕事が極めて遅かった。

「もう、倉田くん、いい加減にしてよね。
 その校正、3週間前からの依頼なのよ。
 100ページもあるのに、どれだけ進んだの?」
直属の上司である、25歳の近藤百合子にせっつかれた。
百合子は美人で、洋次の好きなタイプなのに、
キツイのが玉にキズだなあと洋次は思っている。

「すいません。今、やっと25ページ…。」
洋次は首を引っ込めるように言った。
百合子の手に持ったノートが丸められ洋次を襲ってくるからだ。

「あのね、あなたは知ってるかどうか知らないけど、
 この作品は、あの「すべてはKより拡散する」をお書きになった、
 数学者、山崎先生の推理小説なの。
 極めて論理的な方で、めったにミスをなさらない。
 校正なんか要らないくらいの方なの。
 だから、勉強にと思って、倉田君に第一校正をさせてあげてるの。
 一つでも、ミスを見つけたら、誉めてあげるわ。」
「ええ?そんな偉い方の、ぼくやってんすか。
 どうりで、いくら見ても、ミスが見つからないと思った。
 ミスがないと、つまんないすよ。」洋次は言った。



洋次は、「はあ~あ。」とため息をついた。
出版社なんて、自分に向いてなかったのか。
作家の書いた小説の校正をするのが、洋次の主な仕事だ。
本が好きだからと思って入ったが、
現実は、本が好きか嫌いかなど関係ない。

洋次は気分転換にトイレに立った。
トイレに来て、小用だから立ってできるが、
しばらく個室で休みたかった。
『ほっとできるのは、トイレの個室だけとは。』
トホホと洋次は、またため息をついた。

休憩にも限度があると思って、個室のドアを開けたとき、
「うそ!」と洋次は思わず、個室にもどり鍵をしめた。
トイレに女子社員がいた。
しかも、個室の正面も個室だった気がする。
男子が立ってするための便器もなかった気がした。
ここは、女子便所なのだ。

これは、自分が間違って、ぼんやりと女子便に入ってしまったのか。
洋次は焦った。
だが、ふと見ると自分は、スカートを履いて、ショーツ、パンスト、そして、女子の靴を履いている。
股間に男の証がない。
胸を見て、どきりとした。
会社の女子社員の制服を着ている。
白いブラウスに、紺のベスト。
胸を触った。膨らみがある。
髪が長い。
洋次は、段々と自分を把握して来た。

体が、女になってしまっている。
洋次は、個室のドアに耳をつけ、
人の音がしなくなるのを待った。
そして、人の声が消えたとき、
「それ!」とばかりに、個室を出た。
そのまま外に逃げようと思ったが、立ち止まり、
トイレの鏡に映っている自分を見た。

女だ。女になってしまっている。
しかも、可愛い。
肩にかかる髪。
少女のような前髪。少し分けた隙間に、丸い賢そうなおでこを見せている。
洋次は、感動した。19歳くらいに見える。

洋次は、小さいときから、女装の趣味があった。
姉に内緒で女物の下着をこっそり着たりした。
女の子になりたいと、どれだけ願ったことか。
それが、鏡の中に本物の女である自分がいる。
ああ、うれしい、と洋次は奇跡だと、歓喜し、
トイレの中で、手を広げて、くるくる回っていた。

その内、一人の女子社員が入ってきた。
「あら、洋子さん。百合子さんが、
 かんかんに怒っていたわよ。
 一体どこで油を売ってるんだって。」
「え、そうなの?やだ、ああ恐い。」と洋次は言った。
そして、ドキッとした。声も女だ。
女の言葉をすらっと話した。

その女子社員は、自分を見ても、なんの驚きもせず、
自分を「洋子」と呼んだ。
どうやら、洋次が洋子になり、座敷ワラシのように、
洋子を前からいた社員のように、見ている。

洋次は、試しに、自分のデスクに戻ってみた。
そこに、百合子が鬼のように立っていた。
「仕事も終わってないのに、何サボってるのよ!」
百合子にこっぴどく叱られた。

どうやら、洋子になって洋次のデスクに座っても、
なんの支障もないらしい。

「ひ、一つ見つければ、いいんすよね。ひとつ。」
と洋子(以後、洋子)は、ごまかすように百合子に言った。
「そうよ!」と百合子の恐い声。

洋子は、ワープロで打たれた、懸案のA4・100枚の原稿を見た。
25ページはやった。
そのとき、洋子は、原稿を見て驚いた。
そのページの文章のミスが、一目見た瞬間にわかった。
百合子は、1つでいいと言ったが、
第1ページですでに、4箇所ミスがあるではないか。
そして、自分が済ませた残り24ページも、
見逃した校正が75あることもパラパラと見ただけでわかった。

洋子は、そのときある仮説を立てた。
スーパーマンのように、自分は今、人力を越えた能力をもっている。
女・洋子になるには、男子トイレに入ればいい。
出たときは、洋子になって女子トイレから出てくる。
逆に女子トイレに入れば、自分の意志によって、洋次に戻れる。

同時に思った。
この能力は、あまり知人の前で見せてはいけない。
昔から、超能力者は、人から疎まれ、たいてい悲劇が待っている。
100ページの校正原稿。
3週間のものを、
たぶん、20分で終わりそうだ。
しかし、20分で終わらせてはいけない。

それにしても、なんという能力だろう。
1ページを瞬時に読んでしまえる。
洋子は、3ページ目に出てくる人物の名が「啓治」となっていて、
その後一度も登場せず、
97ページで、やっともう一度出てくる同じ人物の名が「啓次」となっている間違いを、
一読しただけで気が付いた。

試しに、校正のレベルを上げてみる。
例えば、ある同じ状態下の猫の目を形容するのに、
同じ表現が3回も使われているとき、これは、まずい。
接続語も近い文中での重複は、避けたい。
また、あえて漢字をひらがなで書いたのなら、
最後まで、その漢字はひらがなで書くべきである。
読者の60%が読めない漢字はルビを振るか、
ひらがなにすべきである。
『しかし』と使うなら『しかしながら』などと後で使うべきではない。
言語レベルは、全体に統一していなければならない。
さらに文の長短、リズムも考慮にいれる。
このように、校正のレベルを上げれば、
例え、完璧な文を書くと言われる山崎の原稿でも、
いくらでも校正の箇所は見つかるのだ。

相手は、超論理派の数学教授か。
よし、校正レベルを最高値に上げて、
全力で校正するぞと、洋子は闘志を燃やした。

*    *    *

洋子は、仕事を始めた。
みんなにバレないように「洋次」のスピードでやっていた。
しかし、遅くて遅くて、じれったくてたまらない。
とうとう、じれったさに負けて、1時間で仕事を終えてしまった。
後の時間何をすればいいのだ。
デスクを立つと、百合子にどやされるだろう。
ああ、仕事もなしに、デスクにただいるなんて、何たる苦痛だろう。
洋子は、そう思った。

そして、洋子は、とうとうその苦痛に耐えかねて、百合子に原稿を渡した。
「うそ!」と百合子は目を丸くした。
そして、一見しただけで、赤が方々に入っている校正に、百合子は激怒した。
「あなた!私が1つでいいと言った腹いせに、やぶれかぶれに赤を入れたわね!」
「質問してくだされば、赤を入れた理由を説明をします。」
洋子は首をすくめて言った。
百合子は、かっかとして、洋子の校正原稿をもって自分のデスクに行った。

校正は、3人の校正者で3回見ることになっている。
洋子のした校正を見るのは、次に百合子だ。
百合子は、校正に関しては、プロ中のプロである。
普通では、信じられない速さで文字を読む百合子であった。

百合子は、ぷりぷりしながら、斜めに腰掛け、
洋子の原稿を、手に持って眺めていた。
そのうち、百合子は姿勢を変えた。
原稿を机に置き、姿勢を正し、
前のめりになって、原稿を見始めた。
百合子は、洋子の校正した原稿のたった1ページにもたもたしていた。
百合子は、洋子の記した赤の半分も理解できなかったのである。
ふざけたものでないことは、一目でわかった。
百合子の威勢はだんだんとどこかに消え、
デスクの前で真顔になって、洋子の校正に取り組んでいった。

百合子は、ふと洋子を見た。
洋子は、乙女チックな前髪を、下唇を出して、ときどきふーっと息で吹き飛ばしながら、
童女のように、ストラップをいじっていた。



百合子は、ある段階に来て、自分の力の限界を感じた。
まさか、第一校正として、ここまで水準の高いものに出会うとは思わなかった。
1時間ほどが過ぎて、百合子は、謙虚な気持ちで、ギブアップした。

百合子は恐る恐る洋子のところに来た。
洋子は、あわててストラップを隠した。
百合子は聞いた。
「た、例えばよ。ここだけど、どうして赤なの?『蘇る』は、この字であっているでしょう?」
百合子は、そう言った。声に勢いがなかった。

「あ、それはですね、100ページの中で、『よみがえる』は7回使われていて、『甦る』が使われているのが6回、最後から2番目に1回だけ『蘇る』になっています。山崎先生のことですから、二つの漢字の使い分けに意図があるのかと読みましたが、とくにそれは感じられませんでしたので、すべて、「甦る」に統一しました。
また、長編なら別ですが、100ページ相当の短編で、「甦る」のような印象度の高い漢字を7回も使うのは、どうかと思い、末に一筆書いておきました。」
洋子は、言った。

百合子は、打ちのめされた。
これほどまでの校正を自分はしたことがない。いや、できない。

百合子はもう一つだけ聞いた。
「この推理小説に数学者が出てくるわよね。
 その数学者の書いた数式の『n』にあなたの赤がある。これは?
 いやしくも、著者は、T大の数学の教授よ。その数式に私達が赤を入れていいものかしら。」
「あ、その数式は展開されてますよね。正しく書かれているなら、
その4番目の式の、『n』は『n2』になるはずです。
 書いた方の単純な筆記ミスだと思います。電話で確認してください。」
洋子は空でするすると言った。

「あなた、この数式がわかったの?大学の博士レベルの数式よ。」と百合子はさらに聞いた。
「一応やってみただけです。ちがっているかも知れません。
 それから、この推理小説は、推理にミスがあって、可能性が最後に2つ出てきてしまいます。
 これでは、犯人を一人に絞れません。著者の方に、再考をお願いした方がいいと思います。」
洋子は言った。
百合子は、口をぽかんと開けたまま、洋子を見つめた。
相手は、今をときめく知的推理小説家である。
明晰な論理を貫き、読者に知的興奮を誘って止まない超知性派の作家である。

「洋子さん、ほんと?だったら、この方に電話して、社に来ていただくわ。
 この方、大学の数学の教授なの。
 あたしじゃ太刀打ちできない。
 洋子さんが、直接話して。」



百合子は、小説の作者・山崎三郎に電話した。
山崎三郎は、48歳の今を盛りとする数学者であり、推理小説作家だ。
山崎は在宅で、百合子は、「n」は「n2」ではないかと指摘した。
山崎は、仰天した。そして、全くその通りだと言った。

さらに、百合子は、推理が完成していないと、第一校正の者が言っていると言うと、
山崎は、すぐにでも、その校正者と話したいと言った。

洋子は、電話に呼ばれた。
「倉田洋子と申します。
 それでは、申しあげます。
 この作品の85ページ目に、犯人を特定する鍵となる数式が出てきます。
 数式を展開する中で、5行目の展開に『複素数』の存在を考えますと、
 やがて、それは2乗され-1となります。
 第3式で、すでに「無意味」として除外された『-1』を残しておけば、
 やがて、乗法の関係にあるそれと結びついて『+1』となり、
 最終の答えが、1とならず2になると思います。
 最後に、1とならなければ、犯人を1人に特定できないと思いました。」
洋子は言った。

電話の向こうで、山崎が驚嘆している声が聞こえた。
「いやあ、ありがたい。ここまでの校正をやってくださるとは、
 夢にも思いませんでした。あなたのおっしゃる通りです。
 数学者でありながら、複素数の存在を忘れるとは、赤面の至りです。
 これをそのまま世に出していたら、私は、世間に大恥をさらすところでした。
 助かりました。ありがとうございます。原稿は、全面的に書き変えます。」
山崎は興奮を隠さない声で、そう言った。

電話は、百合子に戻り、山崎は、百合子に洋子を絶賛し、会社への厚い感謝の言葉を述べた。

課の全員が、洋子の説明を聞いていた。
みんな、夢でも見ているような面持ちで、洋子を見つめていた。

電話を切った百合子は、満面の笑顔で洋子を抱きしめた。
「あなたって人は、もう、なんて人なの。ありがとう。
 これで、山崎さんの作品は今後全部うちに来るわ。大手柄なんてものじゃないわ。」
洋次は、ほのかに好きだった百合子に抱きしめれて、天にも昇る気持ちだった。

「洋子さん。もうこれからは、あなたに敬意をもって接するわ。
 どうして急にスーパー社員になってしまったの。
 部長にも社長にも、あなたの話を自慢して歩くわ。」

「あのう、今日は、少しお腹が痛くて、これで帰っていいでしょうか。」と洋子は言った。
「いいわよ。エネルギー使ったでしょ。もちろん、課長も聞いていて、わかっているわ。
 ね。課長。いいですよね。」
課長は、にこにこして、うんうんと首を振った。

洋子は、後悔をしていた。
ああ、パワー全開しちゃった。これから、どうしよう。

洋子は、女子トイレに入った。
これで、さえない洋次に戻るのかと、
淋しい気持ちでトイレの個室を出た。
するとそこは、未だ女子トイレではないか。
『あれ、もう少し、洋子でいられるのかな?』
洋子に、喜びが込み上げてきた。

お腹が痛かったことなど、飛んでしまった。
デスクに帰ろうかと思ったが、
せっかくもたった早退だ。
洋子は、スキップを踏みながら、社を出た。


<おわり>


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ブログランキングに参加しています。
 ポチをくださるとうれしいです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

この作品も懐かしぃです。
「そうそう」と思い出しながら読ませていただきました。

えちが出てこないのに、読み応えのある作品。

ラックさんの文章力、表現力に今更ながら感服しますぅ(-^□^-)

2. Re:無題

>junさん

コメントありがとうございます。
ずっと前の作品なのに、スーパー洋子の特徴をちゃんと書いていて、我ながら、よく書いたなあと思っています。

この話は、その頃の3倍くらいのアクセスをいただいて、うれしかった思い出があります。

junさんが、覚えていてくださって、とってもうれしいです。
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム