教室は私の部屋④「弘美の仮想の彼女N子」

すみません。前回の予告で、「圭吾渾身のメール」と書きましたが、計算違いで、次回になります。その前に、1段階ありました。読んでくださるとうれしいです。

===============================

弘美が、メルアドをくれている。
一回出してみようと、圭吾は思った。

<メール 圭吾to弘美>
弘美君。いや~、びっくりしたなあ。
え?身長が180cm以上?バスケ?
女の子にモテモテ?
びっくりの連続だったよ。

でも、よかった。
笑いながら、聞いてくれるかい?
俺は、弘美君は、男子だけど、
女の子の心を持っているんじゃないかと思っていてね、
中学で苦労してないかと、思い出しては心配してた。
担任だったときに、君のために何にもできなかったことが、
辛くて、思い出す度、君に謝っていたんだよ。

でも、今聞いてみると、これは笑い話だね。
ほんとに、よかった。

俺は、君が心配してくれた通り、働き過ぎでダウン。
薬を呑んでやっと元気が出てきたけど、まだ、60%くらいかな。

じゃあ、夏も厳しい部活でしょう。
上手に休憩をとってね。じゃあ。

                 大里圭吾

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

圭吾からのメールがすぐにもらえて、弘美は喜んだ。
弘美は、メールを読んで、驚いた。
自分は、「女の子みたい」とは、だれにも言われることだったが、
「女の子の心を持っている」と、そういう見方をしてくれた人はいなかった。
6年間前に、そう理解してくれていたなんて、弘美は感激した。

圭吾を思う気持ちが、強くなるばかりだった。
弘美は、返事を書いた。

<メール 弘美to圭吾>
先生、やっぱりダウンしちゃったの?
思っていた通りだよ。

先生、辛いときは、空を見るといいよ。
夜でも昼でも、雨の日でもさ。

俺、1日、何度も空を見る。
そうすると、気持ちが楽になるよ。

弘美

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

圭吾は弘美のメールに感激した。
弘美から感じられるやさしさは、あの頃とかわらない。
弘美の心がもし女の子だったなら、
どこかで女の子になって暮らし、
今では、17歳のステキな女性になっているだろうなと思った。
圭吾は、いつしか、心の中に、
17歳の仮想の女性として弘美を思うようになっていた。

弘美に簡単な返事を書いた。

<メール 圭吾to弘美>
弘美君の影響で、俺も空を見ている。
空を見るって、いいね。
教えてくれて、ありがとう。

圭吾



弘美は、次の日、ブログにこんな記事を書いた。

「教室は私の部屋」7月△日

今日も、ちゃんと5時間目まで勉強しました。
今日は、報告があります!
あたし、好きな人ができました。
あたしより10歳も年上の人。
その人は、ジャーン、あたしの小学6年生のときの担任の先生です。
ずっと好きで、ときどき思い出していたんだけど、
なんと、奇跡。6年ぶりにその先生が手紙をくれたのです。
あたしは、女の子みたいな子だったので、
先生は多分、今どうしているか心配で手紙をくれたのだと思います。

ところが、あたしって大馬鹿です。
先生に安心してもらおうと思って、
自分は、背が180cmになり、高校でバスケをバリバリやってて、
女の子にもモテモテです…なんて書いちゃったの。

先生はそれを聞いて安心した、うれしいってメールをくれました。
そんなこと書いちゃったので、
あたしは、もう先生に会いにいけません。

バカですよね。
今日は、そんなトンマな報告です。ではでは。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たくさんのコメントをもらった。
・そんなの簡単。先生に「嘘書きました。」って言って、
 真実を書けばいいだけだよ。
・例えばさ、美咲の彼女が、GIDでってことで、相談のメールを書いたらどう?

弘美はこれだと思った。

弘美は、長めのメールを書いた。

<メール 弘美to圭吾>7月△日

先生、空見てますか(笑)。
今日、ちょっと長目のメールです。
聞いてくれますか?

先生に、俺、女の子にモテモテなんて書いたけど、
実は、俺、一人の女の子を愛してます。
その女の子、(先生が俺を心配してくれたのと同じ)、
生まれは男の子だけど、心は女の子です。
N子ってこれから呼びますね。

中2まで、N子は必死で男できたけど、
親も理解してくれないし、学校ではいじめられるしで、
耐えられなくて、実は自殺をして、幸い未遂で終わりました。
そこで、性同一性障害だと精神科のお医者さんが診断してくれて、
それから、女の子として暮らせるようになりました。

それから、3年間ホルモン治療もしていて、
今は、まず誰が見ても、女の子です。
学校は、自殺をした中2の日から、行けていません。
彼女は、今、通信制の高校で、家の中で一人で勉強をがんばっています。
教室は私の部屋っていうのが、彼女の口癖です。

俺、N子に本気です。
で、先生に聞きたいのは、俺、将来N子と結婚して、
うまくいくだろうかってことなんです。
今、お互いにまだ17歳だけど、
俺が、一番心配してるのは、
N子が、自分がGIDであることの劣等感があると思うことです。
子供も産めないから、
N子は、俺にいつも引け目を感じているのではないか。
俺の親に、申し分けないという気持ちがあると思うんです。

俺がどれだけGIDを気にしないと言っても、
本人が、そうは思えなければ、N子は辛いでしょう。
N子がつらいと思っている限り、
俺達はうまくいかないんじゃないかって心配です。

先生、ごめん。すごい質問しちゃって。
でも、俺、先生がどう思うか聞きたいです。

弘美

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メールを出したあと、弘美は、少し後悔した。
圭吾と、もっとたあいないメールのやり取りをして、
それから、こんな核心に迫るメールを出すべきだったのではないか。
今回のメールで、先生の考えがわかる。
それが、良識的な、
例えば、『若いのだから、もっとお付き合いをして考えた方がいい。』とか、
『せめて、彼女が通信の高校を卒業するまで、普通にお付き合いをした方がいい。』とか、
そんなあたりまえの返事が返ってきたら、少し悲しいと思っていた。

いや、慎重に考えた方がいいというのは、大人として妥当な考えだと思った。
両親の理解を得てから、お付き合いを考えるのが普通かなと思った。
自分は、まだ高校生だ。結論など出すなというのが、大人の意見だと思った。

ところが、圭吾は、次に渾身のメールをくれた。
それを読んで、弘美は、泣いた。


つづく(次回は、『圭吾の渾身のメール』です。)


ブログランキングに参加しています。
ポチをくださるとうれしいです。



↑ ↑ ↑ ポチお願い


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

ラックさん、junすっごくドキドキしながら、わくわくしながらこのお話を読ませてもらいました。

2人のメールのやりとりゎまさに若い男女そのもの。

junも若かりし日のあの頃に戻ったよぉな気分でこのお話を読ませていただきましたが、ラックさんもご自身の若かった頃の思いに戻って書かれていたのでゎないでしょうか。

弘美の彼女がGIDでってことで書いたメールに対する圭吾先生の返事、どんな返事であっても弘美ゎそれを受け止められたのでしょうが、「圭吾の渾身のメール」といぅ記事のタイトルからすると、きっとラックさんの力一杯の記事がそこにあるのかナってすでに今からドキドキしちゃってるjunです。

弘美だけぢゃなく、junも泣かせてくださいっ!

2. Re:無題

>junさん

コメントありがとうございます。
初めはダメかなあと思って書き始めたこの物語なんですが、junさんのように言ってくださると、自信がついて、がんばって書き終わろうという気持ちになれます。

junさんの言われるように、私の若いときに似たような体験があります。私の場合、後悔で終わりましたので、このお話では、絶対ハッピーエンドにするぞという気持ちです。

「渾身のメール」なんて書いちゃって、読んでくださった方々が、なんだあ…になっちゃいそうで、プレッシャーです。なんだあになりそうですが、一応私の全力のメールなので、ここで言い訳してはいけませんね。(ちょっと今から読み返してみます。汗)

人気ブログ・・・の方、junさんは、不動の2位で、私は荒波にもまれています(笑)。
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム