スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装小説家・菅野美雪⑧「両親直也のいじめを理解」

そろそろ物語りは、山場に向かいます。次回の⑨が、事実上のクライマックスです。

==============================

直子は、その場に呆然と立ち、
やがて、両手で顔を覆って泣き出した。

「し、失礼。申し分けない。す、すまない。ごめんなさい。ごめんなさい。」
そう言って、健三は、額を畳みにすりつけて、何度も、あやまり始めた。

家族も全員、畳みの上に正座した。
母親の幸子は、手で顔を覆い、絶望の様子であった。

美雪が、新しいブラを出し、直子に服を着せようとすると、
2人の妹が、すぐ手伝いに来た。
服を着た直子は、美雪の横に座った。

美雪は、そこで、ケータイを開け、
「あ、警察署ですか。ただ今、部屋にある家族の訪問があり、
 中に通したところ、その父親が、私の手伝いの女性にいきなり飛びかかり、
 女性の服を脱がし、力づくで真っ裸にさせました。
 自分の息子さんに間違えたようですが、
 誰が見ても、彼女は女性であり、その父親の行動は、理解に苦しむものです。
 少し話しを聞いてから、再度電話をいたします。
 そのときは、被害届をいたします。よろしくお願いいたします。
美雪は、そう言って、住所を伝え、電話を切った。

「今のお父様のなさったことは、婦女暴行であり、
 刑法にあたると思います。そこで、今ご覧のように、
 警察に知らせました。」
美雪は言った。

父親は、両手をついて、今も、
「すいませんでした。とんでもないことをしました。
 このとおりです。」
と直子のそばに来て謝っていた。

「お詫びは、いいです。
 あんなことされた理由も聞きたくありません。
 ご家族のところへ、お戻りください。」
と直子は言った。

コタツ机を挟んで、
美雪と直子。
向こうに両親。横に妹2人。

父建造は、入ってきた時の勢いは、とうに失せて、
うつむいて小さくなっていた。

「現実的なことを申し上げます。
 お父様のなさったことは、婦女暴行にあたると思います。
 取り調べの中で、当然、会社に問い合わせがいきます。
 婦女暴行の場合、辞職を余儀なくされると思います。」
美雪が言った。

父親は、うつむいて泣いていた。

「しかし、彼女はまだ被害届を出しておりません。
 彼女がそれを出さないかぎり、事件として成立せず、
 罰もなく、家に返されます。会社にも連絡が行きません。
 今、私は、この状況で、やっと、傲慢で乱暴でいらっしゃるお父様とも、
 お話ができると考えます。
 ここにいらっしゃるということは、
 性同一性障害について、勉強してくださったのですね。」

母親。「すみません。まだです。」
美雪「お父様は?」
父親「はい。すみません。」
美雪「直也さんが、高校で、もちろん小学校、中学校もです。
   地獄の苦しみと言えるほどのいじめにあっていたことをご存知ですか。」
母親「知っていました。」
父親「知っていました。」
美雪「知っていて、助けて上げない。
   それは、どんないじめをされたか、ご存知ないからです。
   一つ直也さんと同じ体験をなさってみますか。」
両親「はい。受けてみます。」
美雪「では、6ヶ月、屋内のトイレを使わないでください。
   直也さんは、そう言ういじめを受けたのです。
   学校のトイレを、いじめっこに、ことごとく行けないようにされました。」
   
母親「どうやって、トイレを済ませたのでしょう。」
美雪「お母様なら、どうされますか。」
母親「屋内がだめなら、外に出るしかありません。
   ビルや木の陰で、そっとします。」
美雪「いじめっ子は、お母様を見つけて、おーい、みんな来いよといい、
   みんな集まってきます。お母様のお尻を見て、みんなが笑います。
   見ろよ、男のクセに、しゃがんでやってやがらあ。
   次の日学校にくると、しゃがんで用を足している絵が黒板にあって、
   みんなは、大笑いします。
   これから、トイレをどうなさいますか。」
母親「もう、学校へはいけません。」
美雪「トイレを、どうなさいますかと聞いたんです。」
母親「お漏らしするしかありません。」
美雪「そして、どうなさいますか。」
母親「家にすぐ帰ります。」
美雪「直也さんは、しょっちゅうお漏らしをして、帰ってきませんでしたか。」

母親は、顔色を変えた。

母親「ああ、じゃあ、お漏らしの原因はそういうことだったのですね。」
美雪「叱りましたか。」

母親は、涙を浮かべていた。

母親「高校生にもなって、恥を知りなさい!といいました。
美雪「その体験を、6ヶ月なさってください。
   直也さんの辛さの10分の1くらいわかりますよ。」
 
父親「息子のそんないじめを知りませんでした。」
美雪「嘘をつくなら、もうお帰り願います。
   あなたは、会社を首です。
   ご家族はどうやって暮らしていくのです。
   2人の妹さんはどうなります。
   今時、再就職などできませんよ!」
美雪は立ち上がった。
父親は必死で止めた。
父親「嘘を言いました。すいません。
   息子は何度もいじめられてると言いました。
   その内容も言いました。
   しかし、私は、『お前が女みたいにしているからだ。
   自業自得だ。』と突っぱねました。」
美雪「これから、正直に言ってください。
   あと一つ嘘をおっしゃったら、終わりです。」
父親「わかりました。嘘はいいません。」

美雪「トイレのいじめは、直也さんが受けたいじめのほんの一部です。
   ありとあらゆるいじめを受けました。
   いくつ、知ってらっしゃいますか。」
父親「トイレの水を飲まされた。手を上に縛られ、
   ズボンとパンツをぬがされ、オチンチンを出しながら、
   廊下を歩かされた。オシッコを飲まされた。それから、物隠し、・・・。

そのとき、上の妹の中2の沙紀が言った。
沙紀「お父さん、もうやめてよ。それだけ知ってて、
   どうしておにいちゃん守って上げなかったの?
   お父さんは、もうお父さんじゃないよ。
   お母さんは、どうなの?全部知ってたの?」
母親「知ってたの。でも、直也が女っぽいせいだと、男らしくしないからだと直也を叱ったの。」
沙紀「信じられない。そんなお父さんやお母さんなら、あたし家出たいよ。
   今、誰だっていじめられるんだよ。
   もし、あたしがいじめられたら、お父さんたち、
   あたしにきっと何にもしてくれない。
   あたし、お父さんとお母さんを許せないよ。」

父親、母親は、うなだれてだまっていた。

美雪「いじめられて、学校は地獄だから、
   不登校させてと直也君はたのみましたね。
   お母さんは、何といいましたか。」
母親「許しませんといいました。学校はいくべきだし、
   少しのことで逃げるような真似はいけないといいました。」
美雪「少しのことでしょうか。お母様は、下半身を露にされ、廊下を歩かされる。
   少しのことですか。外でトイレを済ませるほかなく、しゃがんでいたら、
   男のくせに、しゃがんでら、と翌日黒板に大きな絵を描かれる。
   クラス全員に大笑いされる。少しのことでしょうか。
母親「それは、死ぬほど辛いことだと思います。
美雪「お父様は?
父親「自分がされたら、生きていけません。」

美雪「妹さん。お2人は、お兄さんが、
   自殺しようとした気持ちがわかりますね。」
由佳「あたしだったら、とっくに死んでる。
   お兄ちゃん、信じられないくらい我慢したと思う。」
沙紀「あたしも死んでる。とっくに死んでる。」

美雪「最後に、直也さんは、性同一性障害という大きな障害があります。
   この点には、ご両親は全く不勉強なのですね。」
両親「すみません。」
美雪「不勉強ならば、体験なさるのが一番です。
   ご協力願えますか。」
両親「はい。」
美雪はコップの水を用意して、言った。
「ここに青い薬と、白い薬があります。
 お母さんは、白い薬で男性の体を得ます。
 お父さんは、青い薬で女性の体を得ます。
 これで、性同一性障害のことを体験できます。」
   
親2人は、そんな薬、嘘に決まってるいと、
少しも信じていなかった。
そこで、2人は迷いもなく薬を呑んだ。


つづく「次回は、「両親の性同一性障害体験」です。)




↑ ↑ ↑ ポチお願い
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

話ゎいよいよ佳境に。

お父さんが女性に、お母さんが男性に?
奇想天外~∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

これがコミックだとお笑いネタに走りそうだけど、ラックさんのお話ゎ、ストーリー的にシリアスな感じ。
課題解決に進むのかナ。


junも美雪のように強い人間だったらなぁ。

2. Re:無題

>junさん

いつもコメントありがとうございます。

そうなんです。お父さんとお母さんの性別が入れ替わります。これで、いっぺんにGIDの人の気持ちがわかるかな…と。
⑨で、課題解決です。

美雪はこのとき、こともあろうにZARDの坂井泉水さんですから、最強です。もう奮発しました。

美雪は、普段はずっこけていますから。青いお薬、私、欲しいです。
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。