FC2ブログ

物語・京之介のあとがき

物語・京之介のあとがき


今回の物語は、再投稿なのですが、
よく読み返し、たくさんいろんなところを書き直しました。
そこで、毎日さらの物語を書いている気分でいました。

京之介の物語は、時代物の中で、私がとても気に入っているものです。
その中でも、特にお気に入りの場面があります。
1番に好きなのは、京之介が、4人のゴロツキを、
小物入れを投げ上げている間に倒してしまうところです。
4人の急所を1発で打ち、気絶させないと面白くありません。
その立ち回りを、あれや、これや考えている時は、実に楽しかったです。
京之介は無手です。それで、どうやって倒そうかと、考えました。

この物語は、発表のときに限らず、思いついた時に、少しずつ直しました。
初めの投稿では、正面のボスを、取り上げた棒で「突き」をしていましたが、
今回は、2本の指で「突き」をすることにしました。
これは、「水流鉄化」という物語上の技でなくとも、
合気道の技にあります。2本の指で、大男を倒すのを、
創始者・植芝翁が、私が子供の頃、道場で見せてくれました。
有名な塩田剛三も、ネットで見せています。

武芸大会での、小杉大吾との試合も、考えに考え抜きました。
後ろに回って、ぐいと押すというのを、思いついた時、
思わず、自分でバンザイをしてしまいました。

アクションではありませんが、彩芽と婆様、京之介が、
結婚の許しを得に行くところも、兄弟の言葉を何回も考えました。
どんなお人好しの家族でも、彩芽が男子と知れば、ダメだろうと思われました。
しかし、京之介は女装子です。江戸時代、女装子というのは、
どういう風な位置にあったか知らないのですが、それをもって、
彩芽が劣等感を抱かず、二人は結ばれるだろうと思われました。

武芸大会での、彩芽、トメの形の上での仇討ですが、
仲立ちをして、八方無事に治める藩主実篤の言葉も、
何度も考え、書き直しました。
これは、楽しいことでした。

この合気流の物語は、時代を追って、ずっと書いてきています。
初めは、雪之丸と桔梗の物語。
次は、今回の京之介です。
次は現代に至り、大川雪之介と雪之介から生まれた大川ユキ。
ユキが結婚して高木ユキとなり、二人の子供、高木啓子と高木ミミ。
啓子の物語。その続編。
啓子の友達、和円流の中川靖子。
中川靖子の十番勝負。
そして、天才少女高木ミミは、まだ未刊です。

高木ミミは、合気流の物語を締めくくる超天才少女なのですが、
どうしても、書けないでいます。
そのうち書けるかなと、楽観的に考えていますが。

この度、1話1話が長く、全12話になりましたが、
読んでくださった方、心より感謝いたします。
ありがとうございました。



※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

蕗の葉陰にフキノトウ

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム