FC2ブログ

高原クリニック不妊治療科②『優、完全女装体験をする』後編 H度3

もう少しエッチにしたくて、書き足しました。
その分、長くなりました。
読んでくださるとうれしいです。
====================================

高原クリニック不妊治療科②『優、完全女装体験をする』後編 H度3


4人の看護師は、優をとなりのラブホテルのような部屋に連れて行った。
丸く囲まれているソファーに座り、ジュースを運んだ。
年長の高田妙子は、皆と自分を紹介して、
小坂早苗と小林エミは、「性別違和」だと言った。

優は目を丸くした。
「じゃあ、小坂さんや小林さんからみれば、
 ぼくの悩みなんか、贅沢な悩みに聞こえませんでしたか。」
小坂「悩みの大小ってあるかもしれないけど、悩みはどれも悩みよ。」
小林「あたしは、自分が女だと確信してたけど、
   二十歳まで、親の理解を得られなかったの。
   周囲の理解が得られない辛さとしては、似てると思う。」

高田「あの、私見だけど聞いてくれる。
   あたしは、こちらの江波裕美ちゃんと、レズビアンなのね。
   でも、周囲には、カムアウトしていない。
   で、思うんだけど、「女装は、こっそりやるもの」と割り切ったらどうかしら。
   家族が理解してくれなくて当たり前。友人が理解してくれなくて当たり前。
   なぜなら、『女装は、元々「秘め事」だから。』
江波「その通りよ。夫婦のセックスだって『秘め事』でしょ。
   結婚したら、セックスは当たり前のことだけど、
大っぴらに言うものではないでしょ。
子供に見せるものでもない。」
高田「秘め事であるセックスをして、罪悪感をもつ夫婦はいない。
    同じように、秘め事としてする限り、女装に罪悪感もつ必要はない。
    もし、家族が理解してくれたら、それはラッキー。
    友達が理解してくれたら、それもラッキー。
    あ、でも、友人はおしゃべりするから、あてにならないな。」

小坂「マスタべーションだって秘め事の代表よ。
   優ちゃんのクラスの子も、多分みんなやってる。女の子もね。
   だから、好きな女の子の前で、罪悪感を抱く必要なんてない。
   性的な興奮があることをしているのは、
女装もマスタべ―ションも同じじゃない。
女装を、マスタべ―ションの味付け、香辛料と考えてもいいと思う。」
小林「そうよね。香辛料を求めて、シルクロードを往復したんだもの。
    香辛料だって、大きな存在よね。」

優は、少しずつ理解してきた。
優は、今まで、自分の女装を家族に認められて、
家の中でも、女装で過ごし、学校でも認められ、
女子生徒として、通えることを夢見ていた。
今、それは、無理なことだと、理解したのだった。

優「秘め事だということ、すごく納得しました。
   なんか、罪悪感から解放されます。」
高田「秘め事と言っても、知られずにできるなら、外出したっていいし、
   同じ女装子と友達になれたら、セックスだって出来る。
小林「ここに、優ちゃんを理解する4人がいるわ。
   超ラッキーよ。あたし達で、これから、優ちゃんを、
   完全女装してあげるわ。」
優「わあ、ほんとですか。」
4人「ほんとよ。」
優「ここの看護師さんは、『最高』って意味わかりました。」

優は、そう言った。

優の女装の素質が極めて高いことを、4人の看護師は思っていた。
シャワーを浴びさせ、そのとき、脇の下の毛を剃ってしまった。
「大丈夫でしょうか。」と優。
「腕は、降ろしていることが多いから、めったにばれないわ。」と江波。
髭や、脚の毛は、ほとんどなかったが、一応カミソリを当てた。

体を拭き、ショーツを女の子に見える履き方をして、
バスタオルを女巻きにして、優をドレッサーに座らせた。
優は、綺麗になった脇の下を何度も見ていた。

メイクは、小坂早苗がプロ並みだった。
長い筆をすごい速さでふるい、
ピンク系のアイシャドウを引き、アイラインを引き、
つけ睫毛。チーク、ピンクのリップ。
小坂は、メルヘンっぽい仕上がりをイメージしていた。

バスタオルを外し、ブラをしてスリップを被る。
服は、ピンクの花があしらわれている、白いキャミワンピース。
少しミニ。
スカートがふわっと膨らむようになっている。
肩を隠すために、薄いレースのボレロ。

髪の毛をネットにまとめ、
ベージュの長いかつらを用意した。
前髪はストレート、肩から下に1つカールがあり、
お姫さまっぽく見える。
そこに、白いヘヤバンドをつける。
白い花飾りをつける。

白いストッキングを履き、
白いかかとの低い靴を履いて、
女の子バッグを持って、
出来上がり。

小坂のメイクで、「これぞ女の子!」という顔になった。

優は、鏡を見て、感激していた。
自分がイメージしていた理想の女の子以上に、ステキな女の子だった。

看護婦たちは、高原を呼んだ。
高原は、見に来て、「わあっ!」と声をあげた。
「外に出ても、ばれないね。」と高原。
「優ちゃんは、女装するために生まれて来た男の子って気がしました。」
と小坂が言った。

「後は、お相手がいるといいんだけどなあ。」と高田が言った。
「医療行為としての名文が立てば、私たちがお相手するけど。」江波。
「加奈ちゃんがいるじゃない。
 先生、加奈ちゃんを呼んで、優ちゃんと2時間くらい外出経験をするのは、
 別に構いませんよね。」と高田が言った。
「うん。一人では心配だから、サポーターをつける。OKじゃない。」
高原は、そう言った。

小坂が電話をすると、女装子の加奈は10分で飛んで来た。
162cmの優に対し、加奈は、165cmくらい。
髪は、ストレートに下ろしていて、下は少し外巻きになっている。
前髪を、すだれにおろしている。
ピンクのサマーセーターに、下は、白いプリーツのミニスカート。
大学1年。優と2歳違いだった。
優に負けず劣らずの女装美少女である。

加奈は、いっぺんで、優を気に入った。
「わあ、この人。可愛い。やったー!」と加奈は優を見て言った。

「先生、いいんですか。」と加奈は言った。
「もう診察は終わったし、後は、本人の自由でしょう。」と高原は言った。

優と加奈が外へ出て行ったあと、高原は、看護師たちに行った。
「まあ、君たちは、すばらしいね。
 今日の目標は、優君の女装への罪悪感を失くすことだったんだけど、
 それを、『秘め事』とは、見事と言うしかないよ。」
高田「まあ、この件では、私達、苦労してますから。」
看護師たちは、にこにこしていた。

加奈と優は、プリクラへ行って、たっぷり写真を撮った。
写真を見て、優は、
「あああ、ぼく可愛いです。別人みたい。」といった。
「2倍は、可愛いわよね。」と加奈。

次に二人は、カラオケに向かった。
「ね。優は、あたしのこと『お姉様』って呼ぶのよ。」と加奈。
「あ、それ、何回も妄想したことです。」
「丁寧語はなしよ。お友達言葉にするの。
 丁寧語は、男女の言葉が、あまり違わないでしょう。
 つまらないの。」
「あ、それわかります。」
「ええ、それわかるわっていうの。言って。」
「ええ、それわかるわ。ああん、ぼく、感じます。」
「そこ、言い直して。」
「あ、ええ、あたし、感じるわ。」
「そうそう。」

カラオケ会館に着くまでに、優は、女言葉にすっかり慣れてきた。
「優の声は、女の子だから、優が手続して。」
「ええ、やってみるわ。」
優は、生まれて初めて、他人と話した。
「わあ、あたし、感激。変な顔されなかった。」優は、はしゃいだ。
ルームに入ると、大きな鏡がある。
二人で、並んで、鏡を見た。
「二人とも、ほんとは、男の子なのよね。」と加奈。
「お姉様だけは、信じられない。」
「優の方が、少女だわ。」
優は、プリクラのときから、ずっと興奮しっぱなしだった。
「お姉様。あたし、耐えられなくなってきた。」
「もっと、耐えられなくなろう。」
「何するの。」
「二人が、男の子だってこと、証拠を見るの。ね、後ろ向いてるから、
 ショーツを脱ぐの。」
「いやよ。あたし、あそこ、大きくしてるの。」
「お相子だわ。あたしも。」

二人は、背中を合わせて、ショーツを脱いだ。
「あ、いや、あそこがテント張ってる。」
優は、思わず加奈に抱き着いた。
そのとき、二人のテントの先が触れた。
優は、真っ赤になって、うつむいた。
加奈は、優の肩を抱いた。
そして、優の頬を上げ、唇を近づけた。
優は、目を閉じた。
やわらかい加奈の唇が、優の唇に触れた。
優は、体を震わせた。
胸の中から、幸せな気持ちが湧き上がってきた。

何度もキスをして、加奈は、優の後ろに立った。
そして、優のスカートに手をかけた。
そして、少しずつ、たくし上げていく。
やがて、優の男の子の証拠が顔を見せた。
「あん、いやん、恥ずかしい、恥ずかしいわ。」
優は、両手で、顔を覆った。
「ちゃんと見るのよ。スカートを手で持って。
 あたしも同じことするから。」加奈は言って、自分のスカートを、
 上に上げていった。
 元気のよくなっている、加奈の男子の証拠が丸見えになった。
 優は、気絶するほど、興奮した。
「お姉様、あたし、興奮して立っていられない。」
「じゃあ、ソファーにいきましょう。」
二人は、ソファーに移った。

加奈は、優のボレロを脱がせ、優の耳たぶや首筋にキスをし、
優の両腕を頭の後ろに上げさせ、脇の下にキスをした。
「お姉様、あたし、もうだめ。イってしまうわ。もう、許して。」
と優は、口走った。
「もう少し我慢するの。」

加奈の手が、とうとう、優のスカートの中に入ってきた。
ショーツを履いていない。
加奈に太腿を撫でられ、優は、ぶるぶると体を震わせた。
「お姉様、あたし、もうだめ。イってしまうわ。お願い、イかせて。」
「まだ、Pちゃんを触ってもいないわ。」
「だめなの。あたし、イっちゃう、お願い、イかせて。」
優は、歯をカチカチとならした。
「いいわ。イかせてあげる。」
加奈は、優のスカートをめくって、はちきれそうになっている優のPを、
口に含んだ。
「ああああん。お姉様にそんなことされたら、あたし、すぐイっちゃう。
 もうだめ、もうだめ。あたし、イくわ、イくの、あああああ、もうだめ。」
優は、激しく体を震わせて、加奈の口の中へ、放射した。

優は、うっすらと目を開けて、
「ああ、あたし、幸せだった。夢見てきたことが、全部叶ったの。」
そう言った。

優は、その後、加奈がやってくれたことを真似して、
加奈を震わせ、叫ばせ、そして、加奈のPを口に含んで、加奈をイかせた。
二人は、満足をした。

「優が、可愛いから、すぐイっちゃった。」加奈は言った。
「加奈、あたしのお友達になってくれる?」と優は聞いた。
「もちろんよ。優ほど、可愛い人、めったにいないもの。」と加奈は言った。
二人は、メールアドレスを教え合った。

部屋を出る前に、大鏡を並んで見た。
「あたしたち、いいことしてきたこと、一辺でばれるわ。」加奈が言った。
「どうして?」と、優。
「だって、二人とも、最高に幸せな顔してるわ。」と、加奈。
「あたし、雲の上にいるような、幸せ気分。」と優。
二人で、「うふふ。」と笑った。

男の服に着替えるために、クリニックへ戻った。
「ねええ、いいことしたんでしょ。」
と4人の看護師は言った。
「いえ、そういうのは、『秘め事』ですから。」
優は、にっこりと言った。
「あら、1本取られたわね。」と高田が言って、
みんなで、笑った。

<おわり>


※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

蕗の葉陰にフキノトウ

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム