FC2ブログ

鷺の院 洋之助の妻・知恵⑤「夕月の剣」最終回

最終回です。途中で書けなくなりそうでしたが、
なんとか、書けました。少し長いです。
読んでくださると、うれしいです。
=========================

鷺の院 洋之助の妻・知恵⑤「夕月の剣」最終回


氷室神社は、古く太く高い樫の木に覆われていた。
2人なら木の陰に隠れると、すっぽりと見えなくなった。
場所は、隣の剣道場である。
10人の武士が、周りを囲み、皆、白い鉢巻をしていた。
正面に若である実幸が小椅子に座り、その横に巫女の雀宮がいた。

やがて、夕月が来て、武士たちの中心に座し、礼をした。
夕月は、後ろ髪をきつめに縛り1本にして、
白い鉢巻の上に、前髪だけを左右に分けていた。

若が言った。
「夕月、よう来てくれた。
 今、城には一つの憂いがあるが、
 夕月の剣こそ、それを救うものだと、巫女が言うのだ。
 そこで、足労を願った。
 10人の武士は、皆高段者である。
 寸止めを心得ているが、夕月には、
本気でかかるように言ってある。
 よって、夕月も遠慮なく本気でかかって欲しい。
 では、はじめよ。」

10人の武士が立ち上がった。皆、真剣な顔をしていた。
夕月も木刀を持ち、立った。
やがて、1人が、「せーい!」と全力で、夕月の面を取りに来た。
夕月は、紙一重になんなくかわし、武士とすれ違ったとき、
「突き!」と次の者が、木刀の先で突いて来た。
夕月は、くるりと周り、左右に待っていた武士二人の剣を、
宙で払った。
武士が次々とやってくる中、
夕月は、姿勢を崩さず、蝶が舞うように、皆の中を泳いで行った。

それを木陰で見ていた、4人は、それぞれに小声で言っていた。
「夕月母さん、強いね。」と百々。
「そうね。素敵だね。」と紗枝。

「夕月殿は、見事でござるな。」と坂本。
「ああ、これ程美しい剣は、めったに拝めぬ。」と知恵。

道場の中は、木刀がぶつかる音が、カンカンと鳴っていた。
だがその内、音が変わった。
カンカンという音が次第に止み、かといって、夕月は、皆の間を打って回っている。
打たれた武士は、打たれたところに掌を当て、痛みを耐えているようであった。

「おお、打ち3分引き7分、夕月殿見事じゃ。
この引き7分が、人を活かすのじゃ。」と知恵が言った。
「わかりませぬが。」と竜太。
「見ているがいい。」と知恵。

痛みに耐えていた10人の武士は、
やがて、掌を降ろし、その場に正座をして、うつむいていく。
それが、1人、2人と増えていき、やがて、10人全員が正座をした。

夕月は、それを見て、中央に座して、木刀を置いた。

若・実幸と雀宮は、何事かと見回した。
実幸は、道場頭の大葉源三に聞いた。

「源三。皆はどうしたのじゃ。なぜ、木刀を修めるの じゃ。」
顔を上げた源三は、目を潤ませていた。
「今、感動して、とても木刀を振るえないのです。」
「何があった。詳しく、教えてくれ。」
「はい。夕月殿から受けました2打目でございます。
 私の額に見事に入りました。
 痛みはもちろん、衝撃を感じ、私はこのまま死ぬると思っ たのです。
 家族の顔が一人一人思い浮かびました。
 そして、走馬灯のように、幼い日のことが、次々に思われ ました。
 若く、元気であった父母の姿がありました。
 私は、これまで、十分に生きて来ただろうかと問いまし た。

 そのときでございます。死んだと思ったわが身に生気が湧 いてきたのです。
 自分は、まだ生きていると気が付きました。
 ありがたや。我は、生きている。家族にも会える。
 私は、今、生きていることに感動し、あのように、
 立っていられなかったのです。」

そのとき、道場に同じ声があふれた。
「我も同じでございます。一度死に、生き返ったのでござい ます。その間に一生の夢を見ました。」
「生き返ったことの感激で、立っておられませんでした。」
10人が10人同じことを言い、目に涙を浮かべていた。

若・実幸はこの不思議な光景を目の前にして、
巫女の雀宮と顔を見合わせていた。そのとき、
「夕月、余にも、1本、そなたの剣をくれぬか。」
実幸の横のスダレの向うから、声がした。
実幸は、いそいで、スダレをあげた。
すると、そこに城主実光が小椅子に座っていた。

「殿様。」皆はそう言って平伏した。
実光は、病の床にあってか、顔は青白く、頬がこけていた。 
実幸は、夕月に目でうながした。
「はい。」夕月は言い、実光の前に、進み出て正座をした。
夕月は、礼をし、頭を下げていた。
「夕月、顔を上げてくれぬか。」実光は言った。
「はい。」夕月は、実光を見た。
実光は、じっと夕月の顔を見ていた。
しばらくして、実光の顔に、驚きの色が走った。
実光は、目を見開き、「そ、そなたは・・」
夕月は、人差し指を唇にそっと当てた。
実光はうなずいた。
実光は、心の中で、語った。
『小次郎、生きておったのか。
 そなたには、済まぬことをした。
 床の中で、何度そなたに詫びたか知れぬ。
 しかし、何度詫びても、余の罪は消えなかった。
 小次郎。そちは、ここへ余を許しに来てくれたのか。』
殿の心の声が、夕月に分かった。
夕月は、実光の心に、語り掛けた。

『殿さまには、もとより、罪などございません。
 小次郎をいつも、大切に思うてくださいました。
 1日も早く、ご回復くださいますように。』
『わかった。余を、許してくれるのだな。』
『わたくしは生きております。』
『そうか。では、1打ち頼むぞ。』

「はい。」
夕月は、木刀を持って立ち上がった。
そして、実光の肩に、「えい!」と1本打ち込んだ。
実光は、目をつぶり、肩を抑えた。
やがて、そうっと目を開け、手を降ろした。
実光の顔にみるみる生気が蘇った。

実光は、家来たちを見回した。
「皆の者、夕月のおかげをもって、
 余は、生き返ったぞ。
 体にも、力があふれて来る。」
「殿、殿様!」
と皆は、涙に暮れ平伏した。
夕月は、下がった。

実光は、すだれから出て来て、若が差し出す小椅子に座った。
そして涙に暮れている実幸を見た。
「実幸。この長い間、余を見捨てることなく、よう尽くして くれた。
 世の中には、病んだ城主を見限り、城をわがものにせんと する若がいると聞く。
 それにくらべ、実幸のなんと孝行なことであろう。
 余は、実幸を孝行な若として、自慢に思い、誇りに思うぞ。実幸、礼を言う。」
「うれしゅうございます。ご回復がうれしゅうございま す。」
実幸は、両手をつき涙に暮れた。

その横で、涙にくれている巫女雀宮に言った。
「雀宮よ。そちには、どれだけ礼を言うても、足りぬ。
 13年もの間、辛抱強く、余を生かしてくれるものを探し てくれた。
 病魔を退治するなら、剛の者と思えるが、
 雀宮は、女である夕月との説を曲げなかった。
 お蔭をもって、余は助かった。
 余の雀宮への願いは、長生きをして欲しいと思うこと じゃ。
 余の代はむろんのこと、若の代も、若を助けてくれよ。」
ははあ・・と雀宮は、平伏した。
「殿様のお言葉、感無量でございます。」

「そして、皆の者。よう働いてくれた。
 余の救い人を探し、方々を訪ね、さぞ、苦労をしたであろ う。
 礼を言うぞ。お蔭で余は回復した。
 これからは、実幸の腹心の家来として、実幸を支えてくれ よ。」
「ははあ。」と10人。
「今宵は、この道場で宴を開くとよい。
 余は、病み上がり故、遠慮をするがな。」
「殿さまのご回復、うれしゅうございます。」
武士たちは、頭を下げた。

「さて、最後になるが、夕月じゃ。余の前に来てくれぬ か。」
夕月は、殿の前に行って礼をした。
「13年前のことじゃ。佐々木小次郎という天下一の剣豪 が、この城におった。
 それを余は、家臣の計略にかかり、小次郎を死なせてしも うたのじゃ。
 余は、その計略に直前に気が付き、その決闘をとめること もできた。
 だが、一方で、世紀の決闘を見たさに、止めなかったの じゃ。
 そして、小次郎を失った。
 余は、小次郎への罪を思い、悩みに悩んだ。
 どうすれば、許されるかと、夜ごと眠れぬ夜を過ごした。
 やがて、心が病魔に侵され、床から出られぬようになっ た。

 だが、本日、夕月が来てくれた。
 夕月は、小次郎と瓜二つであった。
 そして、夕月を通して、小次郎の声が聞こえたのじゃ。
 小次郎は、余には罪はないと。余は、小次郎を大事にした と。そう言うてくれた。
ありがたや。
 それを聞いたとき、余の心の病は、半分治っていた。

 そして、夕月から、活人剣ともいうべき、1打をもろうた。
 その一打で、余の病魔は退散した。
余は全快した。
 それが、いきさつじゃ。

 長い話をして、済まぬことをした。
 夕月に褒美を遣わしたいのじゃ。」
「そんな、ご褒美など。殿さまのご回復が、私にとり何より のご褒美でございます。」
「そういうと思うてな。金銀ではつまらぬ。
 夕月は、毎日道場で、貧しい子等に、握り飯を振舞ってお ろう。
 子等は、道場がないと、水を飲んで昼を過ごさねばなら ぬ。
 そこでの。明日、夕月道場に、米俵3俵を届ける。
 なくなった頃、また届ける。
 余の隣で、若が聞いておる。これは、若の代も続くぞ。
 どうじゃ、夕月、これなら、受け取れるであろう。」
「はい。うれしゅうございます。ありがたく頂戴いたします。」
夕月は、頭を下げた。

「帰りの籠は、いらぬようだ。あの木の陰に、
 夕月の味方が、夕月を見守っている。強そうな者もいる ぞ。
 手柄話に花を咲かせ、わいわいと帰るのもまたよかろう。
 では、ここまでとしよう。」

やってきた夕月に、百々が飛びついた。
「夕月かあさん。素敵だった。あんなに強いなんて、知らなかった。」
「それは、小次郎様の御守りがあったから。」夕月。
皆は、通りに出た。
「あれが、活人剣ですか。何か、見ちょって感動的でした。
 知恵様もできますか。」竜太。
「何を言います。あたしは、天狗様の妻じゃぞ。
 武道では、旦那様の上じゃ。」
「教えてください。」竜太。
「相手に、打たれて死んだと思わせる。それが、打ち3分。
 死ぬ間際に人は一生の夢を見ると言う。
引き7分の余力で、相手は、自然回復する。
そして、自分は生まれ返ったと思い感激する。自分の一生を振り返ってな。」

「なるほど。理屈ではわかりました。
 だが、やって見せるのとは、大違いですな。」竜太。
「6打と7打の違いじゃな。」と知恵は笑った。

「夕月、明日から、お米代いらないわね。」と紗枝はにっこり。
「はい。今まで、ありがとうございました。」夕月。
「道場に、お結びだけを目当てに来てる子いるよ。」百々。
「そんなの全然かまわないじゃない。」と夕月。
「やっぱりね。夕月かあさんは、お人好しなんだから。」百々。
「あなたも、毎日ただ飯を食べてるんだから、えらそうに言わないの。」と紗枝。
「あ、そうだった。」と百々が舌を出した。
みんなが、笑う。

翌日、夕月道場の前に、米俵が3俵届けられていた。
みんなで、バンザイをした。

竜太と百々は、客船に乗り、江戸へたった。
知恵は、竜太がおもしろいので、もう少し竜太の研究をするといって、一緒に船に乗った。

見送りに言った紗枝と夕月。
「急に、寂しくなったね。」と夕月。
「夕月には、子供たちがいるじゃない。」と紗枝。
「紗枝だって、お店の人がいるじゃない。」と夕月。

二人は、遠ざかる船を見ていた。
海の向こうに、また人の住む町があることが、
なぜか不思議に思えた。

<おわり>


※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。


スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

蕗の葉陰にフキノトウ

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム