FC2ブログ

ミスター・ポストマン

ミスター・ポストマン


今、文通って瀕死語でしょうか。
PCの時代になって、今なされているのは、「メール交換」でしょうか。
それも、少し古いかな?
Twitter などで、一言交換でしょうか。

私は、30歳のころ、資格試験に臨むため、仕事を止めて浪人生活をしていました。
このとき、女装子の人と、文通をしていました。

エリザベスの「クイ~ン」と言う女装雑誌の中に、
文通相手への転送サービスがありました。
クイ~ンに「文通相手募集」のページがあり、写真が並んでいます。
好みの人に、手紙を書いて、第1通は、自分の本名と住所を記した手紙、
それを、2重の封筒にして、エリザベスに送ります。
エリザベスは、中の手紙を取り出し、相手の住所を記入して、投函してくれます。

文通欄に写真を出した人には、普通10から20通の「文通希望」の手紙が来ます。
その中の一人を決めて、他の人には、お断りの手紙を出します。

私は、文通にあまり興味がありませんでしたが、
あるとき見た文通相手希望のページに、20才くらいの驚く程可愛い人がいました。
本物の女の子ではないかと、目を疑ったほどでした。
「真弓」さんという女性名でした。

私は、自分のベストフォトを入れて、手紙を出しました。
すると、彼女から手紙が来ました。
見知らぬ男性からの手紙で、初め驚きましたが、中を見て「真弓」さんと分かり、
飛び上がりました。

封書には、男性的な字で、宛名や住所が書かれていましたが、
中を見ると、見事な「女の子文字」です。
そればかりか、ハートとか花とかが彩られていて、100%女の子からの手紙です。
文面に、彼女は、25歳の社会人だが、17歳の女の子として、文通したい。
あなた(私)のことを、「お姉様」と呼びたい。
お友達として、敬語は使いたくない。(その方が、女言葉を使える。)
と書いてあり、私は、その条件を見ただけで、興奮してしまいました。

私は、とても女の子文字が書けません。
「真弓は、どうして女の子文字が書けるの。うらやましい。」
と、聞きました。
「女装ができなかった暗黒の中学時代に、必死で練習したの。」
「真弓の字を見るだけで、興奮しちゃう。」
「そう?うれしいな。あたし、お姉様と文通するようになってから、
 どんどん心が女の子になってきたの。
男に戻れなくなったら、どうしよう。」
「そのときは、女の子になってしまえばいいじゃない。
 真弓なら、そのままで、女の子に見えるわよ。」
「ああん、あたしを刺激しないで。その気になって来るわ。」
こんな、やり取りをしました。

真弓は、文が上手で、手紙の中で、完全な17歳の女の子の日常が、
綴られていました。
私は、ときどき、真弓の心は、本気で女の子かも知れないと、思いました。

何枚か、真弓の女装写真をもらいました。
クイ~ンに掲載されていた写真以上に、可愛い女の子でした。

私は、資格試験の勉強がありましたが、
真弓の手紙が来たときは、1日中、手紙を読み、返事を書いていました。

思えば楽しい日々でした。
私は、手紙が来そうな日、
郵便ポストのそばで、待っていたこともあります。
ビートルズの曲で、「ミスター・ポストマン」というのがあります。

♪ 待って、郵便屋さん 彼女からの手紙があるかも知れない
  もう一度、郵便バッグの中を調べてくれない?

こんな歌詞です。私は、『ビートルズ、分かっているなあ』と、苦笑しました。

真弓との文通を止めたのは、私が資格試験に合格し、働きはじめ、
真弓も、部内で昇格し、忙しくなったときでした。

メール交換もいいけれど、文通には、文通のよさがあったなあと、
今、しみじみと思います。



画像を貼るのが、癖になってしまいました。
ビートルズ「ミスター・ポストマン」



では、これにて。


※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。








スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

蕗の葉陰にフキノトウ

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム