シニア変身俱楽部『もう、1ラウンド』③

シニア変身俱楽部『もう、1ラウンド』③


二人が着ているのは、胸のリボンだけだった。
スカートも脱いで、恥ずかしいので、ベッドにうつ伏せになって、
毛布をかぶっていた。
里美が言う。
「ねえ、女の子は、男の子が挿入する穴があるじゃない。」
「うん、そうね。女装子は無理。」リカ。
「それが、女の子の代わりになるところがあるの。」里美。
「お口?」
「それは、女の子にもあるじゃない。お尻のあたりよ。」
はあ・・とリカは、顔を真っ赤にした。
「まさか、入れるの?汚くない?」
「普通は、何度も浣腸したりして、綺麗にするの。
 でも、今日は、二人共変身したでしょう。
 そうすると、体の中も外も綺麗になるの。
 ねえ、リカ、指で、あたしのお尻の穴のほんの入り口でいいの。
 少し愛撫して。」
「憧れの、お姉様のお尻の中に、少しあたしの指を入れるの?」
「少しだけでいいの。」
「ああん。興奮しすぎちゃう。本気なの?」
「2ラウンド目でしょう。また元気が出るように、少しクリームを塗るの。」
「お姉様相手なら、全然嫌じゃないの。あたし、興奮して、身が持つかなの。」

里美は、手に少量のジェルをとり、お尻の穴に入れた。
そして、仰向けになり、脚をM開きにした。
「ほら、女の子みたいでしょ。」と里美。
リカは、里美のお腹あたりから、P奥、里美が濡らしたジェルのところに、
指を当てた。
「いや~ん。入り口をぐりぐりして。」と里美。
リカは完全に興奮していた。
ジェルは、不思議のものだ。
女の子の愛液のように、里美の局部を濡らしていく。
「このジェルを塗ると、女の子のように濡れるの。」
「不思議ね。」
「リカ、指を奥まで入れて。」
「いいわ。その方が気持ちがいいのね。」
里美は、息を荒くしていた。
里美は、、今、女の子とほぼ同じ快感を得ていた。

「リカ、リカの男の子を入れて。ダメならいいの。」
「いいわ。お姉様、女の子と同じよ。」
リカは、たっぷりと濡れている里美の中に挿入した。
「あああああああ。たまらないの。すごくいいの。」
不思議なことに、リカも里美のクリームの作用で、
女の子のように感じるのだった。
リカは、本能の働きか、里美を突いて言った。
「お姉様、あたしも感じる。」
里美は絶叫していた。
「リカ、代わろう。リカが女の子になるの。
 あたしが、挿入するわ。」

二人は役を変え、リカが、下になった。
「ああああ、ううううう。お姉様、耐えられない。」とリカはうめいた。
里美は、思い切りピストンをした。
リカは、首を左右に激しく振った。
「お姉様、あたし女の子、女の子なの、ああああああ、いっちゃう。」
「リカは、もう男に戻れないわ。」
「ええ、もう、男に戻れない。あああああ、イっちゃう、イっちゃう。」
「あたしは、リカの女の子の中にいくわ。ああ、だめ、いくわ。」
リカは、前から果てた。

ふたりは、ベッドの上につぶれた。

二人は、シャワーを浴びた。
そして、変身ルームに入って、おじいさん姿に戻った。

「元に戻ると、女の子気分はすっかり消えて、元の爺に戻るんですね。」
リカこと小田は言った。
「はは、そうなっていないと、困りますからね。」と江川栄吉は言った。
「今日は、10回分女装をした気分です。」と小田。
「そうですか、よかった。次は、里美お姉様になってご覧になって見てはどうですか。」
「里美さんの名を聞くと、またうずうずしてきます。」
「またお出でください。」
「はい。そうそう、お代はおいくらですか。」
「タダですよ。これは、シニアの方々の、憩いの場ですから。」
「それは、年をとっても、いいことがありますね。」
「年をとってこそですよ。」江川栄吉はにっこりと言った。
小田は、ガタガタと戸を開けて外に出た。

まだ、空の眩しい昼下がりだった。

<おわり>

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。


スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム