スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SM分娩ルーム・プレイ②「最終回」

SM分娩ルーム・プレイ②「最終回」


レナさんの柔らかい体に包まれて、私は、興奮していました。
二人共、夏のセーラー服です。
その内、レナさんが、私を倒し、私の上に乗ってきました。
「美加(私の名前らしい)、お姉様に内緒で、男の子と寝たわね。」
私は、興奮していたので、思い切り女言葉がでました。
「知らない。男の子なんかと寝ないわ。」
「嘘おっしゃい。男の匂いがするわよ。」
「そんなはずない。あたしは、お姉様だけよ。」
「ほんと?」
「ほんとよ。」
「じゃあ。」
とレナさんは、倒した私の上から、キスをしました。
私は、すごく興奮しました。
私は、レナの乳房をさわったり、体に抱き付いたりしました。

「男の子は、いらないのよ。あたしがしてあげるから。」
レナさんは、セーラー服のスカートを少しまくりました。
すると、ショーツ、ガードルが見え、
そして、レズビアン用のベルトのついたディルド(ゴムのP)が見えました。
「お姉様にレイプされたい?」
このとき、私は、ショーツを履いてない状態です。
「経験ないから。」
「じゃあ、入り口だけ。上を向いて。」
レナさんは、そう言って、指にクリームを少しつけて、
私のアナルの入り口をぐにゅぐにゅしました。
レナさんは、綺麗な人なので、私は、何をされても興奮しました。

その内、レナさんは、私のスカートをまくって、
一番感じるところを、口に含みました。
「あん、お姉様、感じる。イっちゃいそう。」
「まだ、イかせないわ。」

「美加は、女より、女装子がすきなのよね。」
「一応そうなの。でも、お姉様のような綺麗な人なら、女性が好き。」
「美加が可愛いから、全部見せるわ。」
レナさんは、そういって、後ろを向きました。
何か脱いでいます。
そうして、レナさんは、もう一度私に覆いかぶさってきました。
「さわって。」
レナさんは、私の手を取って、スカートの中に入れました。
「あ。」私は、思わず叫びました。
「お姉様は、男の子・・」
「女だと思ってた?」
「もちろん。」
「うれしいわ。」
レナさんのPは、ぎんぎんに大きくなっていました。
「美加も大きくなった?女だと思ってた人が、男だったとき、興奮する?」
「ええ、それ最高。お姉様のような綺麗な人ほど、興奮する。」

レナさんに誘われ、壁の大鏡に行きました。
並んで、互いを見ました。
「美加、可愛いから、あたしも興奮してる。」
二人のスカートは、完全にテントを張っていました。

私は、レナの後ろに立って、スカートの中に手をいれ、
Pを、そっと愛撫しました。
「いや~ん、あたし、セーラー服が一番興奮するの。」
「あたしも。」
「ね、あたしのAも、入り口だけ、ぐにゅぐにゅして。」
「いいわ。」
レナは、四つん這いになりました。
私は、美人のお姉様のAをぐにゅぐにゅしました。
「あ、いや、恥ずかしいわ、美加、あたし、恥ずかしい。」
「あたしは、最高だわ。お姉様の、一番恥ずかしいところ犯してる。
綺麗な、お姉様の恥ずかしいところを犯すなんて最高です。
「お姉様。あたし、たまらなくなってきた。」
「待って。あたし、美加のような、年下の子に、
 犯されるの好きなの。自分が辱められたみたいで、最高なの。
 あたし、穴の中綺麗にしてるの。あたしに入れて。」

レナさんは、鏡に向かって横になりました。
私はレナさんの後ろから、そっと挿入しました。
「ああああん、感じる。」とレナさんは言います。
私は、男の子のように、Pを前後しました。
レナさんは、すごく反応しました。
「あたし達、中学生よ。いけないことしてるわ。」
「ええ、人には言えないわ。」
私は、イってしまいそうになり、ピストンを緩めました。
「ああん、もっと突いて。もっとイケナイ子にして。」
「あたし、イってしまいそう。」
「もう少し、我慢して。」
私はなんとか我慢し、レナさんは、大声を張り上げながら、
「お姉様。もう、だめ。あたし、いっちゃう。」
「いいわ、あたしもいく。ああ、あああああ。」
レナさんは、Pの方から、ジュータンに射精しました。
私は、レナさんの中に。

セーラー服は、下着は、洗濯機の中へ。
シャワーを二人で浴びました。
「お姉様は、メイクがなくても、女性に見えるわ。」私は言いました。
「ありがとう。美加も仲間ね。」

帰りに、費用の3万円を払おうとしました。
レナさんは、受け取ろうとせず、
「今日は、あたしが楽しませてもらったから、いただけないわ。
 次回は、1万円でいいわ。だから、しょっちゅう来て。」
そういました。
「あたしが、男だってことは、ないしょね。」
レナさんは、そういって、ウインクをしました。

今まで、ヘルスで、5連敗でしたが、
レナさんのところで、全部取り返せた思いでした。
レナさんのところへは、それから3回ほど行きました。

<おわり>

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。