野中里子のただ一つの悩み②「ヒロミへの告白」

野中里子のただ一つの悩み②「ヒロミへの告白」


里子のパソコンの「私の大好き女装子シリーズ」。
里子は、毎夜それを見ずにはいられない。
トップにあるのは、「ヒロミちゃん」だ。
特別な美少女ではないが、性的欲求がたまらなくそそられる。
この子は、どこにいるかがわかる。
都心のニューハーフ・ファルコンのヘルスの子だ。
貴公子的顔立ちをしていて、そういう子は犯したくなる。
ヘルスの場所は、調べたのでわかる。そう遠くない。

里子は、その夜、ヘルスに行ってヒロミに会いたくてたまらなくなっていた。
そして、その気持ちをどうしても抑えることができなかった。
里子は、その日に、ヘルスに電話して、ヒロミに会えるかどうか聞いた。
「はい。7時からフリーです。」
「あの、なんていうのかしら。いっしょに外を歩くこと。」
「ああ、デイトですね。」
「そう、おいくらかかるの。」
「7時から、もう帰ってこない設定で、5万円です。」
「じゃあ、それでいきます。」
「部屋を使えば、2万円ですみますよ。」
「かまいません。ヒロミさんと町を歩きたいんです。」
「あの、内は、女装子のヘルスで、純女ではありませんが、よろしいですか。」
「はい。承知しています。あ、私は、里子といいます。」
あわてていて、つい本名を行ってしました。

電話で応対した小倉は、少し頭をかしげた。
あの声は、男が作った女声ではない。
レズビアンの女だと思ったが、女装子がいいという。
ま、世の中、いろいろあるからな。

里子は、ファルコンに向かいながら、
あまり期待してはいけないと、言い聞かせていた。
なぜなら、PCで見るDVDの表紙の子は、ものすごく綺麗なのに、
サンプル動画をみると、そうではないのだ。
7割くらいに考えておこうと思った。

ファルコンに着くと、電話応対した人がいて、
「ご希望の通りでよろしいですか。」と言った。
「はい、5万円ですよね。」
里子は、5万円を払った。
「これで、明日の朝まで、一銭もかかりません。」と男は言った。
里子は、待合のヘアを案内された。
胸が、ドキドキした。
7割、7割と言い聞かせていた。

やがて、とんとんとノックの音がした。
「どうぞ。」と里子。
ヒロミが顔を見せた。
可愛い。7割じゃない。10割だと思った。
背は、里子より少し低い。
髪を背まで伸ばしていて、下の方にカールを掛けている。
オデコの前髪がぱらぱらしている。
色白で、貴公子的な顔。
黒い体にフィットしたミニのワンピースを着ている。

「『ヒロミ』さんね。ずっと前からお会いしたかったの。」
「あの、あたし、女性のお相手は初めてなんです。」
「あたしは、こういうところへ来ることさえ、初めてなの。
 誰かと、セックスすることも初めてなの。
 すごく、勇気がいったの。」
ヒロミは、にこっと笑った。

里子は、ヒロミの手を取って、外に出た。
「デイトだから、何かプレゼントするわ。
 洋服?アクセサリーがいいかしら。」
「じゃあ、ビアスのアクセサリ。」
ヒロミは、金銭的な負担をかけないように、そう言ったと、里子は思った。
宝石店で、ピアスを見ながら、
ヒロミは、ピアスのアクセサリを指さした。
2500円だ。
「こちらは、よく似てるわ。銀ですか。」
「はい。」
里子は、10倍の値段のするそれを買ってヒロミに渡した。
「すいません。大事にします。」ヒロミはそう言って、バッグに丁寧にしまった。

「お食事にする?ホテルにする?」里子が言った。
「お腹がすいていませんから、ホテルがいいです。」
「どこか、いいところ知ってる?」
「はい、女どうして入れるところ知っています。」

二人は、高級そうなラブホテルに入った。
ラブホテルは、性的気分を高めてくれる。
里子は、我慢できなくなり、ヒロミを抱きしめた。
「ヒロミ柔らかいわ。まるで女の子。」
「もう、2年、ホルモンやっているの。」
「ヒップが女の子並。」
「シリコンを入れているの。」
「だから、フィット・ワンピースがにあったのね。」
「キスしましょう。」とヒロミ。
「ええ。あたし、へたよ。」
「あたしは、上手。」
ヒロミは、里子の唇をちょんちょんとして、
下を入れて、里子の上の歯茎をなめた。
里子は、それだけで、感じてしまった。
下をお互いに入れたり出したりした。

里子は、二人掛けのソファーにヒロミと座った。
ヒロミのふっくらした太ももが見えた。
ショーツを履いていなければ、アレが見えたかも知れない。
ヒロミの太ももを撫でていくと、ヒロミが小さく声をあげた。
里子は、ヒロミの胸に手を当てた。
「あ~ん。」とヒロミが声をあげた。
「ホルモン打っていても、感じるの。」
「ええ、あたし特別だと思う。アソコもおおきくなってしまうの。」
「ヒロミにあたしの秘密教えるね。」
「なあに?」
里子は、ヒロミの手を取って、
自分のスカートのショーツの中に、ヒロミの手を深く入れた。

ヒロミは、はあ~と目を見開いた。里子を見ながら、
「うそ、ほんと?絶対信じられない。」と言った。
「赤ちゃんのとき、先生と両親が確認したとき、
 Pが陥没していたためか、『女の子』の判定がくだったの。
 でも、それでよかったの。あたしは、ふつうの女の子に育ったから。
 これを除いてね。
 ヒロミには、あたしのこと、女装子と思っていて欲しい。」

(次回③、「深まる里子とヒロミの絆」)

==============================

野中里子のただ一つの悩み③「深まる里子とヒロミの絆」


二人は、互いに、胸を愛撫し、乳首をくりくりとした。
二人は、声を荒くしていった。
「ね、お互いにショーツを脱いじゃおうか。」と里子。
「お姉様の命令。」とヒロミ。
「そうよ。お姉様の命令よ。」
二人は立って、背中を向けながら、ショーツを抜いた。
里子は、ひざ丈のスカートを履いている。
座った。
「いや~ん。あたし、テント張ってる。」里子。
「ここね。」とヒロミは、スカートの上から触ってきた。
「いやん、恥ずかしいわよ。」と里子。
ヒロミを見ると、超ミニのワンピースから、Pの先が覗いている。
「ヒロミ、丸見えよ。」
と里子は、言って、ヒロミのPを触った。
「あん、感じる。」とヒロミが言う。
余りにも自然で、思わなかったが、ヒロミは女の子の声の持ち主だ。

二人は、抱き合いながら、太ももを撫で、互いのPを触った。
「世の中に、あたしのコレを受け入れてくれる人がいるとは思わなかった。」
「女装子なら、みんなコレが好きよ。」
「そうよね。長い間気が付かなかった。」
「たくさん悩んだでしょう。」ヒロミ。
「中学のとき、Pがだんだん大きくなってきて、死ぬほど悩んだ。」
「どうやって克服したの。」
「戸籍が女って、素晴らしいことだって、気が付いたの。」
「男から、女性の戸籍変更するの、大変だものね。
ヒロミも女の戸籍欲しい?」
「いらない。」
「なぜ。」
「男の戸籍なら、お姉様と結婚できる。あたし、お姉様に一目惚れだから。」
「まあ、うれしい。あたしは、毎夜、ヒロミの写真見ていたのよ。
 あたしの女装子コレクションのNo.1よ。」
「今日、もう一つ、お姉様のステキところみちゃったの。」
「なあに、何にもしていないわ。」
「あたしに、ピアスのアクセサリー買ってくださったでしょう。
 あたし、2500円のを指さした。
 お姉様は、あたしが余所見をしている間に、
 隣にあった10倍も高いアクセサリーを買ってくださった。
 それを、あたしに内緒で。
 あたし、ステキだなあって思ったの。」
「バレてたんだ。」

二人は、Pを愛撫しながら、どんどん興奮して来ていた。
「お姉様。あたし、感じて来ちゃった。」
「あたしも、もうたまらなくなっているの。」
「お姉様。アナルセックスは好き?」
「経験がないの。それに、今日は、そこを綺麗にしてないわ。」
「あたしは、綺麗にしてるの。アナルセックス、好きだから。
 Pちゃんより感じちゃう。」
「そうなの?Pちゃんより感じるの?」
「そうよ。訓練すれば、体のどこよりも感じる。」
「じゃあ、あたしが、ヒロミに入れる。」
「じゃあ、真っ裸になって、ベッドにいきましょう。」

ベッドにいき、二人は裸になった。
ヒロミの体は、アレがあるだけで、女の子とまるで違いがなかった。
「ヒロミ、裸になっても、女の子と変わらないわ。」
「お姉様は、女性だから女の子よね。」
ヒロミはにっこりした。

二人は、ベッドに入り、毛布を被って抱き合った。
「あん、ヒトミは、どこもかも女の子。」
「あたしを犯したいって気持ちになった。」
「これ、毎日夢見てたことなの。」
「ほんと?」
「ええ。ヒロミみたいな知的で気品のある子を、思い切り犯したかったの。」
「あたし、気品があるの?」
「ええ。あるの。お嬢様とかプリンセスって、だれだって犯したいでしょう。」

ヒロミは、アナルに、たっぷりのクリームを入れた。
そして、ベッドに四つん這いになった。
「お姉様、犯して。」
里子は、立膝になって、後ろから、そっと挿入した。
「痛くない?」
「平気。奥まで入れて。」
里子は、このとき、たまらなく興奮した。
女を征服する、男になった気持ち。いや、ちょっと違う。
里子は、だんだん激しくピストンをした。
ヒロミが悲鳴を上げる。
「あん、あん、あん、お姉様、ステキ、あたしをもっといじめて。」
「いいわよ。ヒロミが壊れるまで、犯してあげる。」
「ええ、あたしを壊れるまで、犯して。

里子がしているのは、完全に男の動きだった。
ふと、いつか自分も犯されたいと思った。
Vのない里子は、こうしてアナルを犯されるしかない。

容赦なく、ヒロミを犯している内、ヒトミが断末魔の声をあげた。
「ああ、お姉様、ステキ、もっと入れて、もっと入れて。ああん、ステキ。」
里子は、たまらなくなっていた。
「ヒロミ、あたし、いきそうなの。ヒロミの中に、発射していい?」
「いいわ。あたしも、イきそう。前から行くの。」
里子は、ついに、発射した。体が、激しく震えた。
「お姉様、あたしも。」
ヒロミは、体をブルブルとさせ、ベッドに敷いたバスタオルに射精した。

里子は、ヒロミの背中に潰れた。
「すごく、よかった。ヒロミがいなくては、こんな体験できなかった。」
「どっちがいい?犯すのと、犯されるのと。」
「ヒロミ、見てて、犯されるのもよさそうだと思った。」
「今度、里子を犯してあげるね。里子は、知的で、気品があるから。」
二人は、顔を見合わせて、くふふと笑った。

(次回は、④「里子とヒロミの思わぬ展開」です。)




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム