スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューハーフさんのお店のそば

ニューハーフさんのお店のそば


私の済んでいるところは、郊外もいいところなのですが、
駅前だけは、お店があって、そこにドカーンとカラオケのビルがあります。
そのビルの3階は「ニューヨーク」というキャバクラがあって、
ネオンのとなりに「ミスター・レディ」とやや小さいネオンがあります。
「ミスター・レディ」という言葉を見て、意味が分かるのは、
家族で、私くらいです。

そのカラオケ会館のそばに、「ミニ・ストップ」というコンビニがあって、
ソフトクリームがおいしいのです。
あるとき、私は、家族で、そのソフトクリームを買って、
イート・インで食べました。
食べ終わり、家族で外に出ました。
後ろに、ばっちりメイクをした女性が、イート・インに座っていました。
私は、そのとき、彼女が、ニューハーフさんだと、即座にわかりました。
(日頃の訓練の賜です。)
フィリピンの人のようでした。
妻が、「綺麗な人ね。」と言いました。
「ニューハーフさんだよ。」なんて、バカなことは、絶対言いません。
「そうだね。綺麗な人だったね。」
と言って、去りました。
時刻は、5時でした。

私は思いました。
お店のニューハーフさんは、5時ごろこのコンビニに来る。
多分、近くの「ミスター・レディ」のホステスさんだ。

そう思って、平日勤務が終わって、5時にコンビニに行ってみました。
私は、イート・インで、ソフトクリームを食べていました。
すると、5、6人のフィリピンの人が、すっぴんのままでいます。
みんな、パン2個と一人用の牛乳を買います。
「そうか。夕食を、パンと牛乳で済ましているんだ。
 多分、お金を貯めないといけないからだ。」

私は、夕食はビールといっしょに、たっぷりのおかずを食べている自分が、
彼女達に申し訳ないような気持になりました。
だが、すぐに思い直しました。
「こう思うのは、大きなお世話だ。人は人、自分は自分だ。」
そう思うと気持ちが楽になりました。
2人のニューハーフさんが来ました。
私は、4人掛けのテーブルを一人で占領していましたので、
すぐに、立ちました。
「すいません。」と一人の人が言いました。
「いえいえ。もう食べ終わったところです。」

私は、ここに来ている人たちの完全女装を見たかったのですが、
明日こそ行こう、明日こそ行こうと思いながら、
お店は、閉鎖してしまいました。
家族がどこで見ているかも知れません。
「これでよかったんだ。」と自分に言い聞かせました。

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。