つれづれに思うこと「タイについて」

つれづれに思うこと「タイについて」


今日は、おもしろそうなネタもなく、徒然に書きます。
昨日なぜか、タイの夢を見ました。
タイという国を私は子供の頃から好きで、
それは、大晦日に、タイの番組を見たからです。
すごくユニークで、楽しい番組でした。
あるものを最大限工夫して、良質な物を作る国だと思っています。

タイは、レディーボーイで有名です。
貧しい家庭の中には、女の子の方がお金になるので、
男の子が生まれたら、女の子として育てるところもあるそうです。
10歳になったら、ホルモンを打ち始め、ダンスや歌を習います。
すると、立派な女性になって行くのだそうです。

性別違和の人は、心を体に合わせて変えることができません。
つまり、性自認は変えられません。
そうすると、タイで、男の性自認を持っているのに、
無理矢理、女に育てられている子はどうなるのでしょう。
周りの子が、みんなしているからと、
あまり抵抗もなくホルモン注射をするのでしょうか。
Bq5w-TFCcAENQAD.jpg

もしも、美人で、人気が出てしまったら、
男にもどって、ホッとする時間がなくなりはしないでしょうか。

徴兵制度では、レディーボーイは、99%免除になります。

しかし、寺院での出家の2年間は、免れ得ません。
男だけの空間の中で、男色もあり、
その生活の中で「女」に目覚めてしまう人もいるのでしょうか。
男色は、奥が深く、その道に達すれば、女性以上の快感を得ることができるそうです。
ここまで開発されてしまったら、もう男に戻れなくなってしまいそうです。
middle_1451798121 - コピー
出家が終わり、女になった人

タイでは、性別の変更ができません。
仏教の教えに逆らうことになるそうです。
あんなにレディーボーイが多い国なのに、
なんということでしょう!
今、性別の変更に、医者の診断書や、手術が要らない国は、
英国、アルゼンチン、デンマークなどだそうです。

しかし、タイのように、レディーボーイが多ければ、
市民権を得たも同然で、彼女たちに排他的な態度を取る人は、少ないそうです。
職業も、自由に選べるそうです。
店員 2

タイの寛容的な空気は、福音です。
何しろ、レディーボーイ大学があるくらいです。
タイの学校の制服は、幼稚園、小学校、中学校、大学と、
みんな色が違うので、誰が先輩か、後輩かが、一目で分かります。
大学は、男子が白の長袖のYシャツに黒いズボン。
女子は、白の半袖に黒のスカート。
レディーボーイ大学の学生は、女子大生と同じ制服です。
middle_1384327777 - コピー


※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム