思い出のAV動画・3選

思い出のAV動画・3選


AV動画もあれやこれや、ネタ探しに困っているようです。
そんな中、傑作物は、滅多にないのですが、
私の思い出の動画を3つ文章で書きます。
==========================

<第1話>「二人の少女」

混んだバスの中、女の子が乗車してきます。
(大島薫さんでしたのでそう呼びます。)
前の方の1人座席に小顔の可愛い女の子が座っています。
薫は、その子の横に立って、ロングカーデガンを開きます。
すると、女の子なのに、男のPを、隆々とさせています。
女の子は、やがて、その子のPに気付き、顔を真っ赤にして、
目を、バスの窓に移します。
薫が、女の子にしきりと何か話し続けます。
何を説得されたのか、女の子は、薫を見て、
薫のPをさわります。
女の子は、やがて、薫のPを口に含み、手でしごきながら、
夢中になっていきます。
バスの乗客は、二人にまったくの無関心です。

薫は、快感に顔を歪めていきます。
女の子は、耐えがたくなったのか、
薫のPから顔を離し、自分のスカートをお腹まで上げ、
ショーツを下げます。
すると、薫に負けないくらいの膨張したPが露になります。
二人は、快感の顔を見合わせつつ、自分のPを愛撫します。
やがて、二人は、体をぴくぴくさせながら、
同時にイってしまいます。

<コメント>大島薫さんは、超美少女ですが、
      バスの女の子は、それに劣らない美少女でした。
============================

<第2話>「我慢の受付嬢」

明るい会社の受付。ある程度人が来ます。
可愛い受付嬢が、カウンターの後ろに立っています。
受付専門のユニホームを着ています。
ベレーとベストがステキです。
来る客来る客に、明るい笑顔を見せています。

ところが、カウンターの裏に、男がいて、
受付嬢のスカートを上げ、パンストを降ろし、ショーツも下ろして、
女子の受付嬢にあるはずのないPを、愛撫しています。

それでも、受付嬢は、顔色一つ変えず、
スマイルを通しています。
やがて、受付嬢のアレは、びんびんになってきます。
それでも、彼女は、何事もないように、スマイルです。
もう、寸前に来ていそうなのに、電話を受け、明るく応対します。

カウンターの中の男も必死です。
『おかしいなあ、もうそろそろのはずだがなあ。』
男は、愛撫を速めます。
受付嬢は、耐えがたい快感に見舞われながら、我慢します。
『あああああ、イきそう、イく、イっちゃう・・』
そのとき、お客様が目の前に。
「はい、4階でございます。」
そう言ったとき、イってしまいます。男は口で受け止めます。

男は、受付嬢のショーツ、パンストを上げ、
スカートを下ろし、聞きます。
「どうだった?」
「スリルがあって、もう最高!」

==============================

<第3話>「恥辱の海へ」

和風なお屋敷。
居間に、50歳くらいの和服の男と、
着物を見事に着こなしている30歳くらいの女性がいます。
「では、そういうことで。」男は立ちます。
女性は、丁寧にお辞儀をします。
男は、広い庭園を歩いていきます。
女は、男の後ろ姿を見つめながら、何か心で迷っています。

やがて、女は、草履を履いて、先生の元へ行き、ひざまずきます。
「先生、先生、あたしを縛ってください。
 それが、目当てで、先生に近づいたのです。
 お許しください。」
「そうだったの。しかし、あなたのような気品のある美しい人を縛るのは、
 私でも、少し勇気が要ります。」
「気品などありません。美しくなどありません。」
「わかりました。」

居間で、女は正座をし、先生に上半身を縛られています。
「さて、和テーブルの上に乗りなさい。」
女は乗ります。
先生は、女の背中の縄を天井から下がっている滑車につなぎます。
「この机の上で、お相撲さんのように、
 大股を脚を開いて、腰を落としなさい。」
「はい。」
女は、その通りにします。
「どうかね。多少恥ずかしいかね。」
「死ぬほど恥ずかしいです。」
「では、あなたの正体を見せてもらうとするか。」
先生は、そう言って、女の着物の裾を思い切り開き、
女の股間を露わにします。
「ああああああ。」と女は叫びます。
女の股間に、女子に、あってはならないものが、
隆々として、前に突き出ています。
「これだけで、もう感じてしまったのかね。」
「恥ずかしくて、死にそうです。」
「死にそうに恥ずかしくて、コレが大きくなるものかね。」
先生は、女の男の証しをぎゅっと握った。
「ああ、うれしいです。先生、もっと握って。」
こうして、女は、恥辱の海に溺れていくのでした。

<おわり>

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム