スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合気和円流・中川靖子9段④『極芯空手、勝てっこない!』

物語は、もう少し続きます。お付き合いくださるとうれしいです。
==============================

合気和円流・中川靖子9段④『極芯空手、勝てっこない!』


大川雪之介と中川雲竜の後ろに、3席靖子の家族がいた。
母の郁恵は、さっきからブルブル震えていた。
「おじいさん。水流鉄火みたいの、もうないんですか。」と前の雲竜に聞いた。
「ないな。取って置きの技を使こうてしもうたからな。」
「ね、お祖父ちゃんから見て、勝てる見込みあるの。」妹の美奈。
「ないな。今度こそ、実力でやらねば、ならない。」
父の武史。「みんな大丈夫だって。一流の人は、寸止めしてくれるって。」
雲竜「他の選手を信じるより、靖子を信じなさい。」
「もう、神頼みしかないわ。」母の郁恵は、手を合わせ始めた。

試合は始まっていた。
ボクサー寺田のジャブをすべて交わした靖子は、
類希な動体視力を持っていることが、伺われた。
極芯空手の権藤は、身長180cm。空手界の無敵の王者だった。
その権藤が、自分を戒めた。
 合気流をあなどってはならない。

一方、靖子は全く考えがなかった。
負ける気もしないが、勝つ気もしないのである。
雲竜の教えがある。
「勝つ気も負ける気もしないときは、何も考えずに行けばいい。
それは、体が、教えてくれる。」

観客は、相手が極芯空手とあって、息することも忘れて見入っていた。

権藤が、すごいスピードで迫って来た。次は、正拳が来る。
靖子は、迅速に下がった。
正拳の次に回し蹴りが来た。
それも、下がって交わした。
そんな、攻防が続いた。
権藤は、じれていた。いくら打っても交わされる。
足蹴りさえも交わされる。
一発決めたら、終わりである。
だが、その一発が決まらない。

権藤は、とうとう、女には狙いたくない顔面に正拳を出した。
それが、靖子の頬をかすった。ピッと頬に血が走った。
「今だ!」
靖子は、権藤の腕を取り、体を半転しながら、肘投げを打った。
権藤の正拳と衝突するのではなく、拳が来る方向に投げる。
思い切り出した正拳の方向に投げられて、権藤は、飛ばされた。
靖子の投げが見えなかった。
権藤は、受け身を取り、素早く立ち上がった。
「まさか、この俺が、女に投げ飛ばされるとはな。
 女だが仕方がない。俺を投げた程の女だ。アゴに足蹴りか。」

権藤は、つつっと脚を進め、3のタイミングで、蹴りに行った。
だが、その場で、蹴り脚が、地に刺さったように動かない。
勢い余って、体が前に倒れていく。
顔を守る受け身の両手を出したとき、両手が畳に着かぬ間に、
靖子に腕を取られ、裏腕固めが完全に決まった。
権藤は、受け身の腕を奪われ、右頬から、畳に落ちた。
その一連の動きが、観客には、全く見えなかった。

観客からは、権藤が、アゴ蹴りに行こうとした瞬間、
バタンと前に倒れた、そのとき、靖子がすでに権藤の腕を固めていた、
そう見えていた。

アナ「高木さん。何があったのか、全くわかりませんでした。」
高木「VTPを見てみましょう。」
体育館の4方向に取り付けられた、スクリーンに、映像が映った。」

高木「(権藤が、1,2と歩を進める。)
   権藤さんは、靖子さんのアゴを、足蹴りにしようとしています。
   靖子さんは、下がって交わさず、1歩前に出ています。
   足蹴りに来る人に、1歩向かうというのは、大変な勇気が要ります。
   あ、ここでストップです。
   権藤さんは、靖子さんのアゴに気を集中させています。
   だから、気が付かなかったのです。
   靖子さんが、権藤さんの蹴り足の親指を踏んでいますね。
   蹴り上げようと思っている足が、踏まれて動けず、
   力余って、前に倒れたのです。
   相手が倒れてからでは、反撃されます。
   だから、靖子さんは、権藤さんが倒れ行く間に、
   裏腕固めを決めたのです。
   ここスローモーションでお願いします。
   (靖子が、神業ともいえるスピードで、
倒れ行く権藤の腕を取り固める映像が流れた。)
会場に「はあ~。」という感嘆の吐息が広がった。

高木「裏腕固めは、強烈なので、権藤さんでも、身動きができません。」
アナ「はあ~。高木さんは、それらのことが、全部見えたのですか?」
高木「それは、同じ合気流ですもの。わかります。」

啓子の解説を聞いて、あらためて、場内に拍手が起こった。

権藤は立った。
「参った。君のアゴを狙うために、気がそこに向き、
 足の指を踏まれたことが、わからなかった。
 そして、俺が倒れる宙の間に、俺の腕を固めるとは。
 俺の両手が、畳についたら、俺は、次の蹴りを出していた。
 それを防ぐとは。完全に負けた。
 恐ろしや合気流。恐ろしや和円流。」
権藤は手を出した。靖子も手を出し、握手をした。
「ありがとうございました。」靖子は礼をした。
「それは、こちらのセリフだ。」と権藤。
完敗するとは、時に気持ちがいいものだ。
観客は、にこにこしながら席に戻る権藤を見た。

ミミ「靖子姉ちゃん、またにこにこさせちゃったよ。」
母のユキ「そうね。だんだん達人になってきたわね。」

(次は、「薩摩示現流一刀の構え」です。)

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。