スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビックリ・スタッフ騙される②「ビックリ隊顔面蒼白」


ビックリ・スタッフ騙される②「ビックリ隊顔面蒼白」


道夫は参っていた。
あれで、男子なのか。
ビックリのプロ側を憎んでいたが、ルミは到底憎めそうもない。

ルミは、赤い半袖のワンピースできた。
袖の周りがフリルになっていて、ボブヘアーの髪に赤い花をつけていた。
たまらなく可愛い。
ビックリ隊3人は、局のバンを喫茶店前に移し、
二人を観察していた。
二人は、いい感じで話している。
ルミが言った。
「あたし、人を騙すのって嫌いなので、道夫さんに何もかも言います。
 今、テレビ局の人が、あなたをはめようと、見張っています。
 あたし、実は、男なんです。」
「うそ!ほんと?信じられない。」
こう驚いて見せるのが、礼儀だと思った。
実際、信じられないほど、可愛いい。
「それで、道夫さんが、あたしをラブホに連れていき、
 そのときその子は男だ、ビックリ、ビックリっていう訳なんです。
 道夫さんのシナリオも、あたしをラブホに誘うことになってませんか。」
「うん。なってる。103号室。」
「あたしも、103です。」
「じゃあ、『びっくり隊』を逆にびっくりさせてやるか。」
「そんなことできるの?」
「一か八かね。あ、ルミさんは、女装子同士がいいの?
 相手が、俺みたいな男でもいいの。」
「道夫さんに一目惚れです。」ルミは、少し微笑み言った。

指定のラブホ「あずさ」に来た。
かっぷくのいい女将がいる。
道夫は、前払いの2時間5000円とあと2000円をそっと渡した。
そして、女将になにやらこそこそと話した。
「OKよ。あたしも、ビックリ大嫌いだから。」
女将はそう言って、ウィンクをした。
ルミは、部屋に入ってメールを打った。
『これから、103に入ります。』

車の中のびっくり隊は、焦りに焦った。
「何よ、部屋に入るところを、『びっくり、びっくり』じゃない。
 もう、部屋に入っちゃうじゃない。早く、あずさに行って。」とチーフの邦子。
「それが、『あずさ』が、見つからないんすよ。」運転の啓二。
「これで、この企画失敗だな。」カメラマンの健二。
「あった!」啓二が見つけた。

部屋に入ったルミと道夫は、部屋に入るなり、抱き合った。
道夫の巧みな抱擁に、ルミは、とろけそうになった。
「ルミ、可愛いよ。俺にとっては、女の子以上なんだ。」
「道夫さんこそ、すてき。あたし、幸せ。」
道夫は、ルミに厚いキスをした。
あああああとルミは体を震わせた。
「あたし、男性とするの初めてなの。」
「そう、悪くない?」
「最高。」
ルミはそういうと、しゃがんで、道夫のベルトを緩めた。
道夫のパンツを下げて、道夫の大きくなっているものを頬ばった。
「ああ、ルミにそんなことされたら、俺、一片でいっちゃうよ。」
「道夫になら、なんでもできる。」
「ルミ、交代。俺にルミの見せて。」
「恥ずかしいけど・・。」

道夫は、ルミを立たせ、ルミのスカートに手を入れた。
ルミのショーツの中深くに手を入れた。
「待って。あたし、あそこ、大きくなってるの。それが恥かしい。」
「俺は、そういうルミが好き。純女は、おもしろくない。」
「ほんと?じゃあいい。あたしのショーツ脱がせて。」
道夫は、ルミのショーツを脱がせた。
「いやん。やっぱりはずかしい。」ルミが掌で顔を隠した。
ルミに、女の子にあるはずのないものがある。すでに大きくなっている。
それが、道夫を一層興奮させる。

「ねえ、ルミの恥ずかしいものを、鏡に映して、ルミを辱めたい。」
「やん。絶体恥ずかしい。」
「ルミが、スカートあげて、恥ずかしいと思ったら、いつでも下げていい。」
「・・いいわ。」
ルミが鏡を向き、ルミの背中に道夫は立った。
ルミがスカートをあげていく。
ルミのものが映った。
ルミが、真っ赤になる。
そして、ルミの男の印は、さらに膨張していく。そして、上を向いていく。
「やん。あたしが興奮してることばれちゃう。」
「もう少し。もう少し見せて。
 ルミは、こうやって恥ずかしいものを、男に見られるのが好き?」
道夫は、ルミの恥ずかしいものをそっとつかんだ。
「やん、道夫。死ぬほど恥ずかしいの。」
ルミは、そう言いながら、道夫の愛撫が、ものすごくうまくて、拒絶できない。
ルミは、立っているのが、やっとだった。

道夫は、ルミを抱いて、ベッドに連れて行った。
そして、ルミの上にかぶさり、方々にキスをした。
ルミは、どんどん高まり、セクシーな声を上げる。
『ルミは、完全に女の子だ。ああ、たまらない。』道夫は心で言った。
道夫が、ルミのスカートに手を入れて、太ももを撫でると、
ルミは、あああああと声を上げ、ぶるぶると体を震わせた。
「ルミは、感じやすいんだね。」
「道夫にされてるからよ。
 ああん、すてき、こんなの初めて。」
二人は、激しく絡み合った。

ビックリ隊は、車から降り、受付に行って、ショックを受けた。
打ち合わせをしたのは、おじさんだった。
だが今ここに、女将がいる。
「あの、テレビ局の者ですが、この前、ここにいらした男性は、
 いらっしゃらないのでしょうか。」チーフの邦子。
「あの人は、ときどき来るだけよ。あたしが、ここのオーナー。」
「あの、何か伝言は、ありませんか。」
「何にもないわよ。」
「あのう、103号に誰か入って行きましたか。」邦子。
「そんなこと言えませんよ。あなた、局の秘密を言えますか。」
「背の高い男の子と赤い服を着た女の子。
 それだけでいいんです。教えてください。」
「確かに入りましたね。15分くらい前にね。
 でも、103なら、初めからお客様が入ってますよ。
 だから、3Pやってるんじゃない。」
「はじめからいた方って、どんな方ですか。」健二。
「内の大得意の方。縄師の神様って方よ。
 来てくださるだけで、光栄な方。大先生だから。」
「縄師って?」健二。
「マスコミの方が知らないの。麻紐で、女をぐるぐる縛る方よ。
 103だけ、天井から女を吊るしたりする器具がありますからね。」
「ちょー、まずいっすよ。あの学生と大先生はぐるで、
 学生は、確実に女の子連れて来れるから、大先生を呼んだんですよ。
 ルミは、今頃、ぐるぐる巻きにされて、天井から吊るされて、
 アナルに、バイブ入れられて、泣いてますよ。」と啓二。

「ああ、どうしよう。あたし達の責任よ。
 ルミのご両親になんて謝ればいいの?」邦子。
「ご両親の前に、ルミ本人にでしょう。」健二。
3人は青ざめて震えていた。
「ねえ、そこで震えてないで、外に行ってくれない。」と女将に言われ、
3人は、外に出て、万事休すとしゃがんだ。

(次回は、『ビックリ隊、騙されたと知る』です。)

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。

スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。