スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立大塚共学高校「泉水と春美」④「クイズ大会迫る」

前置きが長くなってしまい、クイズ大会に入れませんでした。
お許しくださいませ。
============================

国立大塚共学高校「泉水と春美」④「クイズ大会迫る」


校長は、泉水と春美を読んだ。
「おお、学年の1、2番は、女子ですか。」とディレクターの吉田は言った。
「いや、この二人は、男子です。」と校長がいうと、吉田は、
「え!」と目を丸くした。
「それは、失礼しました。」と頭を下げた。

泉水と春美は、クイズ大会の話を聞いて、「わあ~い!」と飛び上がった。
吉田は、ポケットからメモを取り出した。
「今まで、常連だった東京女子学園が、
 ここ5年毎回最下位で、これでは恥を重ねるだけと、
  今年は棄権されたんです。
  そこで探しましたところ、こちらは、国立でいらっしゃる。
 恐らく、かなりの実力を持っていらっしゃると思いました。
 しかし、
 我々にとりましても、はじめての学校です。
 そこで、誠に失礼ながら、2、3問題を解いていただいて、
 それを持ってお願いするかどうか、決めたいと思います。
 よろしいでしょうか。」
「君たち、いいかね。」と校長。
「もちろんです。勝敗は兵家の常ですから。」と春美が元気よく言った。

「では、過去の5点問題を2つほど。」
そう言って、メモを見た。
「問題
 『降るとも見えじ 春の雨。
  さて、冬の雨は。』
 というのが、3年前の問題です。
 何と正解者が、いました。
 「冬」はすでに出題していますので、「夏の雨を。」」

春美が「はい。」と言った。
「にわかに過ぐる夏の雨 物干しざおに白露を
 名残りとしばし走らせて にわかに過ぐる夏の雨。
 オウ ビューティフルな歌詞ですよね。」
春美は、胸の前で両手を組んで当てた。

吉田「これは、驚きです。
   長老会の方々も、お一人しか知らなかった。」
春美「大正時代の童謡ですよね。
   でも、今の60歳代の方が、二十歳くらいのとき、
   昼ドラで「安兵衛の海」というのがありました。
   「四季の雨」はその主題歌なんです。
   ダーク・ダックスが歌いました。
   だから、長老会ではなく、60歳前後の方々の方が、
   ずっと、知っておられると思います。
   でも、会社では、定年退職されています。
   だから、TDSさんは、この歌を知っている方を、探せなかった。
   そう、推察いたします。」
吉田「これは、驚きました。
   では、秋と冬の雨も知ってらっしゃる。」
春美「もちろんです。私は、ダーク・ダックスのアルバムで、
   この歌を何度聞いたかわかりません。詞が最高です。」

吉田「では、もう一問。数学の5点問題でした。
吉田は、直方体の表面をアリがはっている図を渡した。
吉田「直方体のA点からB点まで蟻が這うときの
   最短コースを言いなさい。」
  (これも、超難問であった。)
泉水は、その図を見て、「あの、この答えは覚えていますが。」と言った。
「では、数字で言ってくれたまえ。」
「√41 のコースです。」と泉水は答えた。

チーフの吉田が考えている。
サブの三崎が、覚えているだけで、十分じゃないですか。」と言った。
「ああ、そうだね。
 二人は、実力的に、問題ありません。」と吉田は、校長に言った。
そのとき、泉水が、言った。
「私と隣の春美くんは、どこへ行っても女子に間違えられます。
 それが、男子だと分かったときの人々の驚きの顔は言わば苦痛であり、
 それが貯まって、一種のトラウマになっています。
 ディレクター様が、さっきお見せになったお顔のように。
 そこで、クイズ大会は、いっそ女子として出たいのです。
 より女子に見られるように、多少のメイクをお許し願えれば、
 うれしいのです。」
校長「学校としては、構いません。」
吉田「うーん、どうかな。」と吉田は考え込んだ。
泉水「3年前の開明高校のお二人は、女装で出たではありませんか。」
吉田「知っていたんですか?」
泉水「もちろんです。あのお二人やぼくたちは、同種族なんです。互いにすぐわかります。
   開明高校は、男子校なので、女子が出場するのはおかしい。
   そこで、苦肉の策を取られました。
   その点、この学校は、共学校です。女子が出ても、なんの支障もないはずです。」

吉田は少し考えて、首を縦に振った。
「わかりました。大塚高校の女子の制服を用意します。
校長先生よろしいでしょうか。」
「制服は自由です。二人が女子として出ることを、
  全校生の諒解をとり、男子であることを内緒にします。
  それから、女子の制服の注文は、こちらでいたします。
  後で、請求いたします。」

 「では、司会者は、出場者全員を『さん』づけで呼ぶようにします。
  控室に男女の区別をつけないようにします。
  トイレだけは、多目的トイレを使ってください。」

こうして、打ち合わせは、全てうまく行った。

(次回は、『クイズ大会スタート』です。)

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。