初めての女装外出(向こうにも書いています)

これは、一度書いたかもしれません。
そのときは、失礼いたします。
===========================

初めての女装外出


高校を卒業して、少しお小遣いも増えました。
私は、家族同居でしたので、家で女装ができません。
そこで、3畳の板間、5000円という安価な下宿を、
女装するために借りました。
貯金から見て、3か月くらいしか借りられないと思っていました。
しかし、私の天国でした。
姿見を1つ使って、メイクを練習し、下着を着て、
コールテンの膝上20cmくらいの茶のワンピースを着ました。
そして、高かったボブヘアーのウィッグ。
安い靴。安いバッグ。
それが全部でした。

私は、2週間くらい練習をして、
これで、外に行けるかなと思いました。
部屋を出て、暗い廊下を通ったとき、
男だけの安アパートに、女が一人いるという気になりました。
外に出ると、風が頬に当たり、「ああ、外にいる。」と思い、感激しました。
少し歩くと、小さな商店街があります。

そこへ入って行こうとしたときです、
商店街の明りが、一斉に私に当たり、
そこにいる人達が、みんな私を注目したように感じました。
私は、「これはダメ。」と思い、逃げるように、アパートに帰りました。

何日かして、私は、膝上20cmのワンピースがいけないと思いました。
そして、下にジーンズを履いて行きました。
ワンピースは、言わば、上着になりました。

外に出てみました。
すると、平気なのです。
私は、私の好きな中野の名曲喫茶に行ってみようと思いました。
暗くて、それがいいんです。
私は、席に座って、じっとしていました。
その内、隣にいる学生さんが、
「すいません。マッチ持ってますか。」と言ってきました。
私は、バッグの中から、マッチを出し、
「あの、箱ごとどうぞ。」と言いました。
「ああ、すいません。」と彼は言いました。
これが、女装外出で、初めて、他の人と話をしたときです。
私は、少なからず感激しました。
私は、声パスだけは、するようでした。

私は、学生さんと話しをして、勇気が湧き、
このまま、吉祥寺の駐車場でやっている、唐十郎の、
赤テント劇場に行こうと思いました。
アングラで、サブカル風な人達が多く来ているので、
女装も目立たないだろうと思ったのです。

私は、中野から地下鉄に乗り、荻窪へ行こうとしました。
地下鉄のホームには、いたるところに鏡があります。
私は、鏡がある度、見ました。
すると、ぱっと見、女の子に見えるのです。
「思ったより、女の子だ。」
鏡を見るたびうれしくなりました。
やっぱり、ジーンズを履いて着たのは正解です。

ちょっとうきうきして、ホームへの階段を降りました。
すいていました。
そのとき、あと1段というところで、転んだのです。
バッグの口が空き、中の物が散乱しました。
私は、必死に拾っていると、
ホームにいた男の人が、手伝ってくれます。
「さあ、これで、全部かな。」と男性は爽やかな笑顔をくれます。
「ありがとうございます。」
私は、ぺこぺこお礼をいいました。

これで、二人の人と話せた。

赤テント劇場から、無事に帰ってきました。
ゴザの上にすし詰めになって見ました。
隣の男性は、体が私に触れないよう、気を遣ってくれているようでした。
女の子だと見てくれたのかな。
私は、とてもうれしい気がしました。


※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム