スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装・私の疑問

エッセイを書きました。今回、写真はありません。
===================================

女装・私の疑問


私は、女装子さんというものを、つくづく、不思議だと思うことがあります。
まず、女装するだけで、性的興奮を覚える。
同じく女装した人とセックスができる。
自分が女装したまま、女性とセックスできる。
男性ともできる。
純女さんに恋愛感情を持てる。

これを、男女を入れ替えて、「男装子」というのを考えてみます。
男装すると性的興奮を覚える。(あるかなあ。)
同じ男装の女性に性的感情を覚えて、セックスができる。(あるかなあ。)
自分が男装したまま、男性とセックスができる。(ないでしょう。)

これが、性別違和の方の場合は、分かりやすいのです。
体は男性、心は女性。
姿を女性に変えて、女性だから男性に恋をする。当然。
体は女性、心は男性。男性だから、女性に恋をする。当然。
こんな風に、すごく分かりやすいのです。

レズビアン、ゲイは、棲み分けが多用なので、置いておきます。

さて、前述の「男装子」にあたる女性。私は、めったにいないと思うのです。
いても、極めて希でしょう。
それに比べて、「女装子」の許容範囲のなんと広いことでしょう。
私は、昔、自分が女装して、純女さんとセックスがしたいと、
切に思っていました。どちらかというと、男性は苦手でした。
許容範囲が広いということは、それだけ、広く楽しめると考えていいのでしょうか。
言わば、「ズル」ですね。
そして、セックスにしても、淡泊です。独占欲が少ないです。
こんなにいいことづくめの「女装子」なのに、世の中、窮屈なことばかり。
もう、「純女」、「純男」にさっぱりと、なった方がいいのでしょうか。
多分、そうは思いません。「女装子」は、あまりに楽しいですから。

*「女装子」の方々を一括りに書いてしまったこと、お詫びします。


スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。