スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体毛に関する考察(写真2枚)

体毛に関する考察


今から20年程前、中国では、女性が夏でも脇の下に体毛があっても、
寛容であったようです。それが、レースクイーンや、モデルさんのショーでも、
脇の毛OKでした。

そのころ、日本では、夏になると、袖なしのブラウスで、
電車の吊革につかまるのは、絶対恥ずかしいことでした。
しかし、人により見えなければ、気にしなかったようです。
半袖のブラウスでは、人によりOKでした。

脇の下が見えない季節は、脇の下の毛の処理は、しないようです。
恋人がいて、セックスをする場合は、処理をします。
脇の下の毛の処理をすることは、大変面倒なことなので、
しなくて済むときは、しなかったようです。

さて、下の毛ですが、アメリカで、処理をする女性を見かけるようになりました。
主に、AVの人です。
ブロンドの人は、アソコも金髪で目立たないので、
処理をしないようですが、黒髪の人は、処理をする人が、増えてきました。
一般家庭のセックスでは、処理をしないようです。

日本でも、AVの人で、処理をする人を見かけるようになりました。
昔は、パイパンといって恥ずかしいものでしたが、
今では、ある清潔感を感じさせるようです。

日本では、AVの女装子さんは、あそこの処理をしている人が多くなりました。
私、個人的には、処理されている人の方が、断然好きです。
超美少女の女装子さんは、是非、処理されていてほしいと思います。
cd2620d6.jpgmiddle_138692337388.jpg




あるAV会社の「男の娘」シリーズでは、男の娘という意味を、
男っぽいっと解釈したのでしょうか、男の子は可愛く女装しているのですが、
脇の下、あそこ、スネ毛など、全部そのままで、可愛いお顔の子なのに、
とても、残念でした。

家庭で、夫婦生活を営んでらっしゃる方は、体毛の処理は無理ですね。
そういう方は、ビデオを借りたり、こっそりPCを覗いたりされるといいですね。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。