スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性感マッサージ・マサージ相沢京子⑦「浅野麻里の嘘」

 性感マッサージ・マサージ相沢京子⑦「浅野麻里の嘘」


「今日は、もう一つ大切な案件があるのです。」京子は言った。
みんな、黙っていた。

京子「では、今回の犯罪に関係した方の、意識を聞きたいと思います。

黒車のA「私は、車の中で盗撮機から送られてくる画像を保存する仕事でした。
     盗撮は違法だと知っていましたが、罪の意識は全くありませんでした。
     映像は送られてきませんでしたが、もし保存できたら、相棒と、
     『ヤッター!』と喜んだと思います。」

黒車のB「私も同じで、盗撮は違法と知っていましたが、罪の意識はありませんでした。
     成功したら、A君と喜びあったと思います。」

京子「わかりました。正直なご発言だと思います。
   では、次の方。」

誰も立たない。

京子「これは、驚きです。この4人では、無理です。
   浅野編集長。この犯行のリーダーとして、犯行に関わった人を、
   把握していないのですか。ことは、犯罪ですよ。
   私なら、簡単に予想が付くのに、実行犯のあなたが、わからないのですか。」

4人の男子社員は、焦って、顔を見合わせていた。

浅野「すみません。わかりません。」

京子「こんなことで、たった1回の言い直しができる猶予を消費するのですか。」

周りの誰も気が付かない。

京子「では、いいましょう。
盗撮機をあなたに貸した人物がいるはずです。
   盗撮の目的を言わなければ、ふつう貸してくれません。その人が1人。
   もう一つ。当日田村さんは、着慣れないドレスを着ていて、
   濃い見事なメイクをしていました。
   それを、あなたは、今さっきの説明で、
   3人の女子社員でやったといいましたよ。
   もう、忘れたのですか。」

女子社員3人は、あわてて手をあげた。

A子「盗撮目的であることを知っていました。
   しかし、罪の意識は、全くありませんでした。」
B子「目的を知っていました。罪の意識はありませんでした。」
   田村さんを着飾ることに喜びを感じながらしました。」
C子「私も、罪の意識は全くありませんでした。
   悪くどいサロンを懲らしめるのだと聞いていました。
   だから、むしろ、正義のつもりでいました。」
京子「C子さん、あなたから見て、浅野さんはどんな方ですか。」
C子「いい方です。明るくて、素直な方です。
   人の苦言を受け入れる方です。
   ただ、私には、浅野さんが、心の裏に何か抱えていて、
   何かに苦悩している部分をときどき感じていました。
 
情報部の江藤
  「あの盗撮機は、大変危ない物なので、使用禁止だったのですが、
   社会部は、どこから入手したのですか。
   
浅野「芸能部です。」
江藤にかわり、情報部部長の大村が言った。
大村「あれは、動画撮影機だとわかっていましたか。静止画カメラにもなりますがね。
    あの盗撮機を誤って使うと、恐ろしいことになります。
    通信衛星を通じて、リアルタイムで世界に発信できるのです。
    中国、北朝鮮、中東諸国、そして、CIAなどなど。
    もしある国の首相の浮気のベッドシーンなどが写っていたりしたら、
    みなさん、どうなるかご想像が付きますよね。リアルタイムですよ。
    リモコンで操作できるので、昔の映像も再生できます。

京子「盗撮機は、大村様のおっしゃる通りです。
    続けます。
京子「編集長、盗撮機を設置したまま、網を張り、大物女性が来て映っていたら、
    それを、すっぱ抜くのが目的でしたか。」
社会部1「待ってください。編集長の反対があったのですが、
     私たちがこっそりやってしまいました。
     編集長に罪はありません。」
京子「社会部一般として聞いています。
    この場合、編集長がお答えになるのが筋かと思いますが。」
浅野「私が答えるべきだと思います。
    盗撮機のことですが、すっぱ抜きが目的でした。」
京子「すっぱ抜かれた人の立場や、
   私のサロンの打撃など、考えないのですか?」
浅野「スクープが仕事なので、ほとんど考えません。」
京子「スクープで会社の座を失った人がどうなったか、気になりませんか。」
浅野「考えないようにしています。」
京子「何の罪もない人が、秘め事を当社にすっぱ抜かれ、
    世間に騒がれて、自殺をしたらどう思いますか。」
浅野「自殺が予想されるすっぱ抜きはしません。」
京子「もうやったじゃありませんか。社会部は2年前、すっぱ抜きをして、
    二人の女性を死においやったでしょう。どなたか記憶にありませんか。」

社会部2「有名な女性のすっぱ抜きはしましたが、二人は死んでいません。」
京子「誰のことをおっしゃっているのですか。」
社会部3「女優の大野由香里さんとニュースキャスターの一条なみ江さんです。」
京子「この二人のことを覚えてらっしゃる方。」
ほぼ全員が手を挙げた。

京子「なんで、生きていると思ってらっしゃるのですか?」
社会部4「それは、記者会見で、浅野編集長がそう発表したからです。」
京子「記者会見で発表されたことは、すべて事実なんですか。
   編集長の嘘かも知れません。
   複数の人で確かめて、二人が働いているところをご覧になったのですか?」
社会部3「編集長は、嘘をつきません。」
京子「何をおっしゃるのです。
   編集長は、昨日私のマッサージサロンにいらして、
   嘘を、4つつきましたよ。
   村井隆子という偽名を使いました。嘘1つ目。
   見学したいとお出でになり、真の目的は、
   盗撮機の無事を確かめることでした。2つ目。
   そして、田村佳代さんを探す目的でした。3つ目。
   盗撮機を設置したことを黙っていました。嘘の内4つ目。
   設置したのが、田村佳代さんだと、始め名前を伏せていました。
   嘘の内5つ目。

   これだけの嘘と隠し事を、わずか30分ほどの間に、
   なさったのです。浅野さんが、嘘をつかないなんて
   とんでもありません。
   もし私が、浅野さんの嘘を一つでも許さなければ、
   今、浅野さんは、警察署で監禁されています。
   そして、始めのご説明ほどではないですが、
   警察が100人は来て、取り調べをしているでしょう。
   浅野さん、私のいい方に誇張がありますか。」
浅野「いいえ。相沢さんは、事実をありのままにおっしゃっています。
   私は、わずか30分の間に、これだけの嘘をつきました。」
京子「田村さん。昨日マッサージ・サロンに見えた目的は、
   盗撮器の設置でしたね。」

田村「はい。そうです。すみませんでした。」
京子「盗撮機の設置は、浅野さんに内緒で、
   記者の方たちだけでなさったとのご発言がありました。
   それでも、責任をとるのは、編集長なのです。
   嘘は嘘。嘘に上下などないのではありませんか。
   ですから、私から見て、浅野さんは、大嘘つきなんです。」
社会部4「それは、少し言葉が過ぎませんか。」

京子「小さい嘘は、見過ごせという意味なら、私は、たくさん見過ごしました。」
   私は、浅野さんが逮捕されるところを、見過ごし、
   今、彼女はこうして、ここにいます。
   浅野さん、あれは小さい嘘だったと思っていますか。」
浅野「いえ、建築物不法侵入罪で逮捕のところ、目をつぶってくださいました。
   さもなくばライバル社は、必ず記事にするでしょう。
   また、盗撮行為についても、警察に届けずにいてくださっています。
   これは、大きなことです。雑誌社の盗撮がばれると、
   過去のものも疑われ、調査が入り、会社は、長い期間活動停止になります。
   また、盗撮器を設置した田村佳代を、未だに通報せず、
   大目に見てくださっています。
   田村佳代の逮捕が知られてしまうと、先ほどのように、調査が入ります。
   盗撮は、刑事罰ですので、フラッシュ社の名誉を著しく傷つけます。
   これらのことを、相沢さんは、熟知されています。
   どれをとっても、サロンにとって、損害となることを、
   わが社のために、全て多めに見てくださっています。
   どの一つをとっても、小さなことではありません。
   今、社会部のものが『言葉が過ぎるのでは』といいましたが、
   相沢様は、まだ、言葉を抑えておっしゃっておられており、
   実際の私は、大嘘どころか、世間から見て、あきれ返るほどの嘘をついたのです。」

社会部4「すみませんでした。編集長に内緒で、盗撮をさせた一人です。
    内容もよく考えず、発言してしまいました。申し訳ありませんでした。」

京子「ではこの際、過去に編集長のついた、最大の嘘をお知らせします。
   多分これなら、「大嘘」と言ってもクレームはつかないと思います。
   社長様もご存じありません。
   実は、これが、今日私が皆様に集まっていただいた本当の目的です。
   盗撮機とは別に、会社の生死がかかったことです。
   もし、編集長のこの嘘を私が許していなければ、
   フラッシュ社の名声は、地に落ちていたと思います。

(次は、「偽りの意味」です。)

バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。