スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背のものすごく高い女性を通報してしまう

女子トイレ通報シリーズを、また書いてしまいました。
またか、とおっしゃらず、読んでくださるとうれしいです。
===================================    

背のものすごく高い女性を通報してしまう


高根由利は、大学2年。A、B友達二人と、
デパートの3階女子トイレに入った。
トイレが終わり、後ろに下がったとき、180cmは身長がある人が、
個室を出て来た。背の高さの上、8cmくらいのかかとのハイヒールを履いていて、
190cmくらいの人に見えた。
その人は、化粧コーナーの列で待っていた。

高根由利は、二人の友達に言った。
「ぜったい男よ。女性として、ありえない。」
A「またゆりの通報癖がはじまった。」
B「あんたに付き合って、あたし達、どれだけ迷惑したと思ってるの。」
由里「だって、肩だって広いし、顔だって、眉が太いわ。
   あんな女性いる?190cmよ。あたし、通報する。」
A「やめなって。そのうち痛い目をみるよ。」
B「ほんとだよ。」
由里「えへ。もうしちゃった。」

背の高い女性が、鏡を得たとき、婦人警官が入って来た。
「あの、高根由利さんは、どちらですか。」
「はい、あたしです。」
A、Bの二人は、仕方ないのでついていった。
「あの、背の高い人です。」
「わかりました。メイクが終わるまで待ちましょう。」

山梨真知子は、メイクを終えて、婦人警官に面と向かった。
そのとき、キャップを被った小柄な女性が、パチッとその場を撮って外に出た。
「あのう、こちらの方が、あなたは男性ではないかと、通報されました。」
中年の警察官が行く方向を手で示したとき、
さっきの眼鏡娘が、またパチッと写真をとった。
総勢6人、派出所まで歩いて行った。
そして、奥の間のデスクが2つ合わさった部屋で、座った。

初めに、各自住所氏名を書かされた。
通報者は、通報した理由を書いた。
「では、はじめに、ご自分の性別、身分を表すものがありましたら、
 前に出してください。
3人のOLは、スマホだけ。
山梨真知子は、何も出していなかった。
「Aさん、Bさん、高梨さんは、運転免許証、パスポートもないのですね。」
「はい、そうです。」と3人。
「山梨さんは、スマホもなしですね。」
「はい。」と真知子。
「では、高根さん。状況説明をどうぞ。」
「女子トイレに、驚く程背の高い人が、個室から出て来て、
 化粧場に並びました。
 女性としては、背が高すぎることと、上着の肩幅が広いこと。
 眉の太さなどから見て、男性に違いないと思い、通報しました。」

「待ってください。私は、スマホは、写真入りの自己証明書とは、認めません。
 3人の方は、性別を示すものを何も持っておられないので、
 性別が判明しない方々と考えますが、よろしいでしょうか。」
警官。
「皆さん、自分の性別は、まだ示されておりません。
 ですから、自分が女子トイレにいたことは、違法かもしれないとして、
 発言しお願いします。」
(話せる警察の方じゃない。と真知子は思った。)
真知子
「もう一つ、もうしあげます。
 私達が、トイレの中、そしてトイレを出たとき、キャップを被った人が、
 2枚、写真を撮って逃げました。
 あれは、私にとってちょっと困るものなのです。
 私は、美容関係の学校を持っています。
 その1番美容に気を付けなくてはならない校長の私が、
 男に見られ、通報されたことは、笑い話にもなりません。
 明日のスクーフとして出なければいいのですか。

 ですから、3人の方に、私のどこがどう、男だったのか、
 教えて欲しいのです。
 私が、納得すれば、私は、感謝をします。
 私が納得しない場合は、自分で考えてみます。
 私自身、男に見られたということは、
 学校とは無縁に、大きな心の打撃であり、
 悲しく辛いことなのです。」

警官
「高根さん。あなたが中心になって、通報されたのでしょう。
 何か言ってあげてください。」
高根。
「背が高かったことが1つです。
 上着の肩幅が広かったことが一つです。
 眉が太かったことが一つです。」
真知子
「なるほど、わかりました。その3つだけですか。」
A
「私は、女性に見えました。大変ファッショナブルな方だと思いました。
B
「同じです。背のお高いことには、始め驚きましたが、
 とてもステキな方だと思いました。
山梨
Aさん、Bさんありがとうございます。
3つ言ってくださった、高根さんへ、反論ではないのですが、
私の考えを少し述べさせてください。
背の高い人、180cmほどあるかたは、
それが、若いときからの劣等感になり、猫背にして、
少しでも、背を低くしてらっしゃる方が多いのです。
私は、そうではなくて、背が高いことは美しいことなので、
堂々と胸を張って、歩くのがいい。
そして、かかとの高い靴を思い切って履くのがいい。
それが、背の高い方の選ばれた美しさだと思っているんです。

今日、幅広の上着を着ていますが、それは、堂々と胸をはって歩こうという、
私の1つの主張です。
背の高い方は、しなしなっとした、ワンピースなんかもとても似合います。
ふと眉ですが、細い眉にしてしますと、ババくさくなってしまうんです。
太すぎてもいけませんが、流行りに乗って、この際太くしようと呼びかけています。
高根由利さんのご指摘がありましたように、今日の私は、調子に乗って、
太すぎたかもしれませんね。
(真知子は、由里を見て、ニコッと笑った。)

そのとき、若い婦警が、入って来た。
「あのう、これを見れば、山梨真知子さんの性別は、明らかです。」
婦警は「月間VOLG」という、今購読部数1位である人気雑誌をもってきた。
その最終ページを開くと「山梨真知子」のコラムと写真があった。
本人に間違い無しである。

わああああとみんなで拍手をした。
由里は、山梨真知子が、由里の意見をしっかり受けて、
自分の考えを述べたことに、好感をもった。

3人の性別は分からないままだが、今となっては、どうでもよかった。
警官と婦警に頭を下げて、山梨真知子と3人は、交番を出た。

「どうですか。お食事をごちそうしますわ。
 そのあと、モデルさんの撮影現場を見学しませんか。」と真知子。
3人は、わあ~いと飛び上がった。

カメラマンのことなら、「VOLG」にとっては、痛くも痒くもなし。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。