エッセイ「忘れられない女装子さん」

エッセイ「忘れられない女装子さん」


かなり前です。女装友達のB子が、
「ちょっとこれ見て。」と持って来たのは、
エリザベス発行の「くい~ん」の記事でした。
「わあ、この子最高。」と私は声をあげました。
20080709035950.jpg
(これは、イメージです。でも、こんな感じの人でした。)

仮にK子さんとします。
私達が驚いたのは、K子さんの美貌ではなく、
極めてナチュラルな可愛らしさです。
背は、159cmとのことでした。
髪はボブヘアー。
私は、一辺で興奮しました。

記事を読むと、音大の学生で、ピアノを専攻しているとのこと。
もちろん、女子として通っていて、
誰にも男子とは見られないとのことでした。

ボーイフレンドがいて、彼のために、
将来、性別適合手術を受けたいとのことでした。
すると、女装子ではなく、性別違和の人です。

「いつ頃から、女性として学校へ行き始めたのですか。」とインタビュアー
「大学からです。」
「その容姿では、中学から、女の子に見られたでしょう。」
「クラスメイトからは、完全に女扱いされました。」
「いじめとか、嫌がらせはなかったのですか?」
「運のいいことに、ありませんでした。」
「それは、あなたの性格がよかったからだと思いますよ。」

「面白いエピソードがありますか。」
「水泳は、女子の水着を着ていいことに、してくれていました。
 でも、着替えは男子更衣室です。
 で、着替え始めると、男子が、
 『おい、おい、おい、やめてくれよ。お前は女と同じなんだからよ。』
 と言って、私が着替えるまで、外で待っていてくれたことがあります。
 男子は、特に優しい人ばかりでした。」
「そうでしょうね。あなたが、着替え始めたら、男子は焦りますよ。」

「将来を、どのように考えていますか。」
「ピアノが少しできますので、ピアノ教室を始めたいです。
 彼とはどうなるかは、わかりませんが、結ばれればうれしいです。」
「では、幸せをつかめますよう、お祈りしています。」
「ありがとうございます。」

全部で、3枚の写真がありました。
本当は、秘密にしたいことだが、
同じ悩みを持つ、みなさんの参考になるかと、投稿しました。
そう結びの言葉がありました。

写真は3枚あって、どの写真も可愛く、
私は、萌えてしまいました。

ずっと前のことですが、
私は、今でも、K子さんの顔を思い出せます。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム