スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋子対大リーグ1:9①「試合前夜まで」

スーパー洋子を書きます。せっかくランキングの順位があがったのですが、
スーパー洋子でがんがん下がってしまうことが必定です。
でも、他にネタがないのです。今回の相手は、こともあろうか大リーグです。
読んでくださるとうれしいです。
====================================  

洋子対大リーグ1:9①「試合前夜まで」


大リーグ・サンフランシスコ・シャイアンツとロサンジェルス・ドンジャーズが、
ふとしたことで、球界を揺るがす大喧嘩となった。
シ「日本の女の投げる球を打てねーとは、情けねえったらありゃしねえ。」
ド「彼女の球は、お前らだって打てない。打ってから、大口を叩け。」
シ「何?女が、10連続場外ホームランだと?どういう球を投げてんだ。」
ド「彼女の侮辱は、よせ。彼女から三振を取ってみろ。」
という口論から始まり、野球ファンを包み込み、大きな騒ぎとなった。

これは、アメリカほぼ全土に広がり、ドンジャーズは、日本の女に、
10連続場外ホームランを打たれた。
ドンジャーズは、その女の投げる球は、185kmだと言った。
そう、広まった。
ドンジャーズは、そんな意図で、女性の球が打てなかったと、公表したのではなかった。
女性にも、男性でもかなわない、素晴らしい人がいるというつもりの公表だった。
それが、おかしなことになってしまった。
ドンジャーズは最終的に、球団の名誉にかけて、ミス倉田洋子を呼んで、
サンフランシスコ・シャイアンズとの試合を実現すると言った。

ことは3年前、ロサンジェルス・ドンジャ―ズが日本への視察のとき、
球速180kmを投げる女性を見たのだ。
バッティングもすごい。
視察団は、球団に言葉で言っても信じない、
洋子に是非、アメリカに来て、チームの見る中、投げて、打って欲しいと頼んだ。

それが実現し、その女性倉田洋子は、アメリカ・ドンジャーズの球場に行った。
そこで、ドンジャーズの選手たちは奇跡を見た。
倉田洋子は、185kmの球を投げ、もちろん、だれも打てなかった。
また、エースピッチャーの投げる渾身の球を、10球すべて、場外ホームランにした。

ドンジャーズは、その場で、倉田洋子に、年俸2億円でコーチの契約を願い出たが、
洋子は、高校野球のコーチの仕事を優先し、日本に帰って来た。
これは、月間甲子園にも、美談として載っており、日本の高校野球ファンの多くが、
知っていることだった。

ここアメリカ。
その、ドンジャーズでの彼女の記録を、信じないものは多くいた。
「なに?球速185km?夢でも見たんじゃないのか。」
「連続10場外ホーマー?よっぽどヘボなピッチャーだろうよ。」
と、人々は笑った。
洋子の投球や打撃を動画に収めてもいたが、
早送りだの、ホームランのみ編集しているだの、
ケチをつければ、切りがない。
皆を信じさせるには、結局、本人倉田洋子に来てもらい、
試合をしてもらうしかないということになった。

その夜、ドンジャーズの視察団としてかつて日本に来た2人が、
美輪高校野球部監督中村の家に来た。
洋子は、美輪高校のコーチであった。
二人の内一人は日本語ができ、事情を話した。
中村は、腕を組み笑った。
「あはは。普通、信じなくてあたりまえでしょうねえ。
 しかし、私は、打席に立ちましたからね。
 日本のプロ野球で、10年4番打者を勤めた私です。
 この私が、彼女の185kmを前に、体が硬直してしまい動けませんでした。
 打撃も、ピッチャーの帽子のてっぺんをかすめて、
そのままフェンス越えをすると言って、3回やって、3回ともその通りにしました。」
「では、監督は、彼女のアメリカ行きに賛成してくださいますか。」
「大賛成です。日本にも、これほどの女性がいるのだと、見せつけてやりたい。
 さぞ、痛快でしょうなあ。」
監督は、上機嫌だった。
「そうだ、我が校は、公立ですので、
 いろいろ面倒なことがあります。
 例えば、公務員は、臨時収入を得てはいかんのです。
 ですが、マネージャーの安田という大変有能な教師がいます。
 彼に頼むと、魔法のように難問が解決します。
 手配は、安田先生にお願いし、
 すべて整ったとき、ご連絡します。」

安田は、その話を聞いて、「ひゃっほー!」と飛び上がった。
そして、瞬く間に手配をした。
洋子の興行収入は、日本高校野球連盟に全額寄付をすると言った。
テレビでは、情熱的スポーツ番組に定評のあるTBB放送局の、
小池ディレクターと、遠藤サブディレクターに話を持ち掛けると、
二人は大喜びで、一切を引き受けると言った。
「スーパーコーチ倉田洋子」の名を知らぬ野球青年はいないほどで、
宣伝には、大して労を要しなかった。
こうして、日本の準備が進むうち、
アメリカでも、どんどん企画が進んで行った。

問題は1つ。ミス倉田が打ち始めると切りがなく、
3点入ればチェンジにしてはどうか、とドンジャーズが提案した。
シャイアンツは、火のように怒り、
「我がチームが、そこまで点をとられると言うのか!」と言った。
結局、従来のルールに則り行われることになった。

バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。