彩花の性②「朝の現象」

短い朝の現象です。読んでくださるとうれしいです。
================================       

彩花の性②「朝の現象」


彩花は、朝、6時半に起きる。
家族との朝食まで、1時間半ある。
6時半に目を覚ましたとき、
「あ、朝立ちしてる。」と思った。「23歳になるのに。」
朝立ちをしていると、自分が男だという気がして、
あまり、いい気がしない。

彩花は、パジャマを着て寝ない。
ウエストが細くなったネグリジェを着て寝る。感触がいい。
生成りのもので、スカート部がたっぷりフリルになっている。
季節柄肩見せのものである。

彩花は、尖がっているスカート部に手を当てて、
「どうしようかな。」と考える。
Pが収まっていてワレメから、15cmほどの大きさになって、
ショーツを押し上げている。
彩花は、寝るときネグリジェの滑らかな感触を手で撫でて、
女物を着て寝られる幸せを感じる。

いつも、この朝立ちに勝てたことがない。
彩花は、布団の中で、ショーツを脱いだ。
大きくなったPを、フリルのスカートでくるみ、
そっと愛撫する。
たまらなく快感がつんつんと押し寄せる。
乳房を揉み、乳首を指でつまみ、
小さな声で、『ああ、たまらない。』と声をあげる。
朝立ち用の、ネルの小さなハンカチを枕元に置いてある。

布団をはいで、長いフリルのスカートを手繰って、
大きくなったPを丸出しにする。
彩花は、陰毛がない。
彩花はPを、小さなハンカチで包む。
「あん、いや、あたし、感じるわ。」
心の中で発する声は、いつも女である。

どんどん、快感が押し寄せる。
「いや、女なのに、あたしは、女のはず。
 ああん、感じる。」
彩花は、しばらく愛撫を続け、その内息を荒くする。
やがて、
顔をしかめ、ぶるぶると顔を左右に振る。
「ダメ、あたし、イっちゃう。ダメ、イっちゃう。
 あああああ・・・。」
彩花は、両足をピンと伸ばし、痙攣し、果てていった。

うっすらと汗をかいた。
彩花は、タオルを濡らし、しぼって、体を拭いた。
Pがやっと収まった。
彩花は、白とピンクの花柄のワンピースを着て、
髪をポニーテールにした。

今さっきまで悶えていた彩花は、何事もなかったように、
朝食のため、階下へいく。
「おはよう、お母様。あたし、手伝うわ。」と明るく言う。
「じゃあ、これ運んで。」と母の光子。
やがて、父の源三、妹の友梨佳が来て、一家4人明るい食事が始める。
彩花は、体の秘密は、一生言う気はない。
それが、家族の平和だ。そう思っている。

(次回は、「秘密の集会」です。)

バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム