彩花の性①

同じテーマで、いくつか書いているものですが、
読んでくださるとうれしいです。
一回の投稿を少しずつにいたします。
===============================     

彩花の性


彩花は司法試験の受験生。
T大を卒業して、現役では受からなかった。
予備校には行っているが、ほとんどは家にいた。
部屋は大きく、洗面とトイレが部屋にある。

彩花は、窓に向かった大きな机を持っていて、
一日のほとんどは、そこに座っている。
セミの声がうるさいが、彩花はそんな夏が好きだった。

彩花の戸籍は女子であるが、彩花は性自認に迷いを持っていた。
生まれたとき、ほんの小さなペニスが、
女性器の中に隠れていた。そこで、両親とともに、女子と診断された。
それが、12歳ほどになると、
彩花の小さなペニスは、性的興奮を得ると、大きくなり、
成人男子と変わらないようになる。
興奮が醒めると、ものと女性器の中に納まる。

彩花、自分の性がわからなかった。
だが、自分が女装子であることははっきり自覚していた。
女装子なら、自分は男子なのだろう。
男子の裸体をみても、何も思わない。
女子の裸体を見ると興奮するが、
女子と見まごう美少女にペニスがある写真など見ると、
たまらなく興奮し、Pが、15cmほどになった。
彩花は、女子として育てられ、仕草、振舞、言葉が完全に女子であった。
自分が男子であっても、女子であっても、女として生活ができるのは、
自分が女装子のためであると、彩花は思っていた。

彩花は、ペニスがありながら、外見は全く女子に育ち、乳房があり、美貌であった。

ある昼下がり、彩花は、シンプルなブルーのワンピースを着ていた。

勉強に励んでいたが、あそこがうずいた。
勉強が誘惑に負け、彩花は、ネットのあるサイトへ行った。
そこには、美少女ばかりが並んでいるが、
みんな男子の性器を見せている。
とくに、100%女子に見える美少女に、ペニスを見たりすると、
彩花のPは、女性器を突き抜け、隠しようもないほど膨張する。
「勉強中じゃないの。」と自分に言い聞かす。
「でも、このサイトを見ようとしたときに、もう負けているのよ。」
サイトのページをめくって行った。
すると、新しい子がいる。Pを見せている。
「あ、可愛い。男の子なんてありえない。
 ああ、あたし、もうだめ。」

彩花のPは、収まり切らないほど、大きくなっていた。
彩花は、ショーツをそっと脱いだ。
そして、スカートの中に手を入れた。
驚く程大きくなったPが、息づいている。
女装子の心が興奮を誘う。
「いやん。あたし男なのに、こんなものがあるの。」
こういうと興奮がます。
「あん、いや、いや、やめて、あたし、イっちゃう。」

彩花は、スカートを手繰って、Pを丸出しにした。
「いやん、丸見えだわ。あたしのPが大きいことが恥かしい。」
このPは、23年間家族には内緒である。
彩花は、引き出しの奥から、コンドームを出し、それを装着した。
乳房を揉んだ。乳首を揉む。ここは、女の子並に感じる。

「ああん、もうだめ。」
彩花は、ベッドの上に乗り、乳房を揉みながら、Pを愛撫した。
いくつか見たPのある美少女を思い浮かべた。
ああ、興奮する。
彩花は、Pの愛撫を速くする。
ワンピースが乱れに乱れている。
「ああ、もうダメ。あたし、イくわ。ダメ、ダメ、イっちゃう。」
彩花は体を震わせた。
腰を使いながら、「あああ。」と声を出し、果てていった。

彩花は、自分のこんな体を恨んだことは、一度もなかった。

(次回、続きます。内容は未定です。)

バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム