スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセイ「サーカスは怖いところ?」

エッセイ『サーカスは、怖いところ?』


私が子供のころ、親はダダをこねる子供に、言うことを聞かせるために、
「サーカスに売っちゃうよ。」「サーカスに連れていってもらおう。」
という脅し文句を、よく言いました。
子供はそれが恐いので、たいてい言うことを聞きました。
なぜ、サーカスが恐いのかといいますと、
あの怖い曲芸をするところ。
そして、子供をさらっていって、その子達を鍛えて、
サーカス芸人にする。この2つの理由でした。

これは、我が家だけでなく、どの家の子も、サーカスを怖がっていました。

しかし、私は、サーカスにあるロマンを感じていました。
その頃、私は、すでに女装子だったのです。
なぜか、サーカスにさらわれたら、女の子として育てられると思っていました。
サーカスに行くと、曲芸の練習をしている子供がいます。
その中に、男の子もいますが、みんな女の子として育てられた男の子です。

髪を伸ばすように言われ、一日中女の子の言葉を話すように言われ、
女の子の振る舞いで、強制的に一日を女の子になって過ごします。
12、3歳になったら、もう、立派な女の子になっていて、
男言葉を話そうと思っても、出ません。
女の子の仕草しかでません。完全に女の子になってしまうのです。

その頃芸を教えられます。
綱渡り、空中ブランコ。馬の曲乗り。
普段の衣装は、超ミニの白いワンピースですが、
ショーのときは、メイクをして、きらびやかなワンピースです。
サーカスの花形になると、お客から花束のプレゼントをもらえます。

こんなことを考えて、私は、密かに萌えてしまいました。
「サーカスに売るよ。」とは、怖い言葉でしたが、
私にとっては、心をくすぐる言葉でした。
「人生が2度あったら、女の子としてサーカス団員になるのもいいな。」と、
ときどき、本気で考えます。

おわり

(次回は、未定です。)

バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。