ニューオーリンズに来た女の子 (後編)「日本語ってよくわかるよね」

ニューオーリンズにやって来た女の子②「日本語ってよくわかるよね」


恭子のボストンバッグを、車の後ろに入れて、
車に乗ったとき、恭子は感激していた。
「わあ~、楽。車がないと、ボストン下げて、100メートルを10分かかった。」
「それ、全部ぼくもやったよ。」
私達はまず、私のアパートに行った。
「わあ~広い。家具付きだったの?」
「うん。便利だったよ。」
「ここ、月いくらで借りられるの。」
「110ドル。」
「わあ、じゃあ、私が今日泊まるハズだったホテルの1泊とあまり変わらない。」
「でしょ。」

「ラーメンとお粥とどっちがいい?」
「ラーメンがいい。」
「元気になったね。」
「うん。精神的なものが、大きかったみたい。
 ジュンと日本語しゃべれて、それで、すごく安心した。」
ラーメンができた。
「わあ~、このチャーシューどうしたの。」
「つくったんだよ。豚の肩ロースの塊を、
水の中で40分煮て、冷やして、お醤油とお酒の中に、1日つけると、
できあがり。」
「すごい。日本のラーメンのと変わらない。おいしい。」
恭子は、感激しながら全部食べた。

「どうする?昼寝をする?すぐ、バーボン通りに行ってみる?」
「もう、元気になったから、バーボン通りに行きたい。」
恭子の回復力は、大変なものでした。

バーボン通りのそばに、車を横づけにして車から出ると、
もう、ストリートからのジャズの音が聞こえます。
「わあ、なあに?隣のストリートから聞こえてくるの。」
「そう、ジャズホールは、みんなドアをオープンにして、
 通りの人に聞かせてくれてるの。」

通りに出ると、ジャズの通りです。
「わあ、あたし、ここに来たかったの。ジャズ、聞き放題ね。」
「うん、ぼくも初めて来たとき感激した。」

『プリザベーション・ホール』というジャズホールに来ました。
昔のジャズマンでやっている「骨董ジャズホール」ともいうべきところです。
「わあ、ここ旅行ガイドに出てたの。1ドルで入れるんでしょ。」
「うん、1ドル。リクエストは3ドル。
 セインツ(聖者の行進)は、町のシンボルだから、5ドル。」
恭子は、1ドルで入れることに感激しながら入りました。
みんな黒人の70歳くらいの人で演奏しています。

その内、曲が終わったとき、観客がわあ~と湧きました。
「どうしたの?」
「今、前の人が『セインツ』をリクエストしたの。」
「わあ、ラッキー!」と恭子が言いました。
セインツは、演奏者が、ここぞとばかりに、陽気な音楽を奏でます。
ホールの後ろの方では、年配の人達が、踊っています。
「わあ、いいなあ。」と恭子が喜んでいました。

ホールを出て、恭子が食べられそうな、生ガキの店に行きました。
「おいしい。アメリカに来て、おいしいと思ったの初めて。」
恭子は、1ダースをぺろっと食べました。
それから、フレンチコーヒーの有名な店で、
ドーナツとコーヒーを飲んで、
そこからミシシッピー河の堤防を上って行きました。
堤防のベンチに座って、
「これが、ミシシッピー河なんだ。」と恭子。
ちょうど、夕方で、川面に夕日が照っていました。
遠くに、マーク・トゥエン号の船が見えました。

「あたし、もうここで、十分満足。
 今すぐ家に帰ってもいい。」と恭子。
「ニューオーリンズは、アメリカ第2の観光地。」
「1番は?」
「サンフランシスコ。」
「ここより、いいの?」
「車がなくても、困らない町。まるで、町が遊園地。」
「やっぱり、名前だけのことはあるのね。」

夕方、私のアパートに帰って来て、二人で餃子を作りました。
皮も作ります。
恭子は、とても感心していました。

ベッドは、恭子に譲りました。
私は、ソファーを横に並べて寝ました。

翌日、恭子と私は、バーボン通りをもう一度見に行きました。
私は、恭子に、飛行機の旅に変えることを提案し、
恭子は、納得し、私は、飛行場まで見送りました。
「ジュンは、私に来てくれた天使だったと思う。」恭子はいいました。
「まさか。」
「カフェテリアで、死にそうになっていて、日本語が聞けた。
 あのときは、ジュンが天使に思えた。」
「そう。自分が天使になれるなんて、思っても見なかった。
 恭子は、ぼくが、このニューオーリンズに来てから、初めての日本人。
 ぼくこそ、うれしかった。日本語ってよくわかるよね。」
「ほんとに。」
二人で、笑った。
恭子は、何度も振り向き、私に手を振っていました。
私は、恭子がゲートに消えるまで、見送っていました。

(次回は、未定です。)


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム