真理子先生の夜の生活「最終回」

真理子先生の夜の生活「最終回」


真理子が3LDKのマンションに、7時に帰って来ると、
学生のレミが、夕食をすっかり作ってある。
毎夕のことだが、とてもおいしい。
レミは、大学の3年生。あることをきっかけに、
真理子と同居するようになった。
家政婦としての仕事をする代わりに、只で住んでいる。

「わあ、今日もおいしそう。」
「先生は、何でもおいしそうに食べてくださるから、うれしい。」
レミはいう。
レミは、長めの黒いスカートに、白のブラウス。
背中までの髪の毛を後ろで、1本に束ねて、黒縁の眼鏡をかけている。
茶のエプロン。
そんな姿で、地味にしているが、
眼鏡越しに見ても、相当な美少女である。

「レミ、後はあたしが並べておくから、美少女になっていらっしゃいよ。」
「はい。先生のお好みは?」
「体にぴっちりした青のボディコン。半袖。脇の下が空いてるもの。
 髪は、ストレートに背中に垂らすの。前髪は、すだれ。」
「先生、注文が多いわ。」とレミは笑う。

レミは、自分の部屋に消える。
15分もすると、見違えるほどの美少女が出て来る。
メイクもばっちり、つけ睫毛も長くぱっちりと上を向いている。
「可愛いわ。今日学生に見せた写真の子より可愛い。
 ウエストのくびれが、女の子並。ヒップ大きさも女の子並。
 レミは、神様が悪戯した、奇跡の男の子だわ。」
「真理子だって。奇跡の男の子よ。
 今日の授業で、男の子達、真理子のお尻ばかり見ていたわ。」
「そうなの?あたしは、授業に懸命だったから、見る余裕なかったけど。」

二人面と向かって食事をする。
真理子は、レミの美少女ぶりを惚れ惚れ見ながら食べる。
食べ終わった片づけを二人でやって二人で拭く。
レミは、真理子はつくづく性格のいい人だと思う。

食休みに、レミは、真理子をドレッサーに座らせ、髪型をかえる。
まず、真理子のお団子の髪をほどいて下ろす。
前髪を自分のようなすだれに下ろす。
肩より下までのウエーブの髪。
真理子は、27歳だが、
それだけで、真理子は、23歳くらいの若さに見える。
メイクをピンク系に変える。ぱっちりのつけ睫毛。
そして、赤い唇を綺麗に塗る。
真理子は、少し興奮して来る。
真理子も、戸籍の性別は、男子である。

「今日は、真理子のために、ワンピース買って来たのよ。」とレミ。
「わあ、うれしい。みせて。」
それは、フレアスカートになった、白に赤い模様のあるもの。
スカートは、ヒザが見えるくらいの丈。
レミは、真理子に着せて、頭にウサギに見えるスカーフをした。
銀のネックレス、鎖になった銀のピアス。
「ね、若すぎない?」
「23歳くらいよ。似合うわ。」
「わあ、うれしい。」
二人で、室内用にパンプスを履いた。

「あたし、すでに興奮しちゃった。
 レミ、今日ソファーで、オナニーやってみせて。」
「自己完結?」
「そうそう。」
「お相手がいるのに?」
「レミのPちゃん、ショーツの中では、小指以下に小さいじゃない?
 それが、大きくなって行くの、最高に興奮する。」
「いいわ。見られてるのも、興奮するし。」

真理子は、移動できる大鏡をもってきた。
レミが自分をみられるようにする。
その横に、ストールをもってきて、真理子が見る。
レミは、ソファーに上がって、足のかかとをソファーにのせ、
ショーツを撫で始めた。
Pが小さいレミは、ショーツを普通に履くだけで、わからない。
青いボディコンを少しあげる。
レミは、大鏡を見ながら、
「少し、大きくなって来た。」と言った。

レミの白くて長い脚がたまらない。
太ももが女の子並で、真理子は、レミが男の子であることが信じられない。
レミが、少し、切なそうな表情を見せた。
「感じてきたの?」と真理子。
「うん、少し。」
「ショーツ、脱いで。」
「恥ずかしいわ。」
「恥ずかしいくらい、大きくなったのね。ね、お願い脱いで。」
レミは、ボディコンの裾を少し上げて、ショーツを脱いだ。
すると、レミの小指だったPは、10cmくらいになっていいる。
「大きくなってるわ。それが、限界?」
真理子は、分かっていて聞く。
「見られてると、恥ずかしくて、どんどん大きくなっちゃう。」

レミは、真理子を見つめ、ときに、鏡を見て、
「ああん、恥ずかしい。」
そのとき、レミのPは、15cmくらいになっている。
真理子は、それを見て、最高に興奮する。
Pの大きな男の子以上に大きい。
「うん・・、感じる、うううううん。」
とレミは、また、切ない声を出す。

「感じてるのね。可愛い女の子に大きなPちゃんがあるから?」真理子。
「そう・・あたしの、大きすぎる・・・。」
レミは、言いながら、愛撫の速度を速くしていく。
「レミみたいなお利口さんが、そんな淫らなことしてるの最高だわ。」
レミは、ときどき顔をしかめて、鑑を見ている。
「あん、真理子、あたし、イきそう。
 イっちゃったら、あと詰まらなくなる。」
「レミは、3回いけるじゃない。」
「うん、う~ん、イきそう、イっちゃう、ああ、イっちゃう。」
レミは、とたんに、体を痙攣させて、腰を上げた。
そして、白い液を噴射した。

真理子は、レミの白い液を拭いて、レミのそばにやってきた。
「ね、見られてるのっていいでしょう。」という。
「見られていいのは、真理子だけ。他の人には絶対だめ。」とレミ。
「それも、うれしいわ。」と真理子は言う。

「今度は、真理子をイかせてあげるね。」レミはそう言って、
赤い口紅を拭いて、真理子の耳にキスをして、首筋にキスを下ろしていった。
「ああん、感じるわ。」
「真理子は、女だわ。」
レミは、唇を重ねて来た。
何度もキスをする。
そして、手を、真理子のスカートに入れて来た。
レミに太ももを愛撫されると、ぞくぞくする。
それを、たっぷりされた。
レミは、真理子のショーツに手をかけた。
「ああん、あたし今大きいの。レミより大きいの。」
「それを、鏡に映すのよ。」
レミは、真理子のショーツをするっと脱がせた。
真理子のPは、20cmほどに大きくなる。
それが、スカートを完全に押し上げている。

レミは、真理子のスカートをまくった。
「いやん。」と真理子は叫んだ。
スカートがまくられ、太ももの付け根に、
恥ずかしいくらい大きなPが、直立している。
「レミ、恥ずかしくて、気絶しそう。」
レミは、真理子のPをそっと愛撫しながら、
「真理子、可愛いわ。可愛い女の子にこんな大きなものがあるなんて。」
「いやん、やめて。はずかしいわ。」
「もっと、よく見ましょう。」
レミはそう言って真理子を鏡の前に立たせた。
そして、真理子のスカートを上にあげた。

「あん、いやん、あたしの大きいから恥ずかしい。」
「スカートを自分で上げていて。」
真理子は言われたとおりにする。
レミが後ろから、真理子のPを愛撫する。
「真理子、可愛いわ。」
「いやん。さっきレミのオナニー見たから、すぐにいっちゃいそう。」
「あたしが、真理子のPちゃんもってるから、
 真理子は、腰を使うの。いいこと。」
真理子は、腰を前後にした。
「いやん、この運動男の子みたい。」
「女だって腰を使うわ。」
「そうね。ああん、この動き、エロチックだわ。」
真理子は、どんどん興奮して来る。

レミは、真理子の一番好きなことを知っている。
クリームを持ってきて、真理子のPの頭につけて、
ぐにゅぐにゅされると、真理子は、すぐに行ってしまう。
「真理子、ちゃんとスカートをあげていて。」とレミ。
そして、真理子のPの頭をぐにゅぐにゅした。
「ああん、だめ。それされると、一辺イっちゃうの。」
「立ったまま、鏡に飛ばすのよ。腰も使うの。」
「ああん、立ったままいくなんて、恥ずかしい。」
「いちばん、好きでしょう。」
「うん、立ったままイくのが好きなの。あああん、イっちゃう。」
「可愛いわ。お顔をしかめているのが、いいわ。」

真理子の脚が、わなわなと震えて来た。
「レミ、イく。イっちゃう。ああん、イっちゃう。あああああん。」
真理子は、レミの肩に頭を預け、鏡に向けて飛ばした。
レミは、真理子のPの頭をきれいに舐めた。
真理子は、床にくずれた。

10分後。
ダイニング・テーブルで二人は紅茶を飲んでいた。
「そろそろ、新しいセックスを考えないとね。」と真理子。
「今日のオナニー見られるの、かなりよかったわ。」レミ。
「じゃあ、それは、残しておこう。
 潮吹きなんてどう?」真理子。
「あ、それ知らないわ。ほんとに潮を吹くの。」レミ。
「うん。おしっこみたいに飛ぶらしいわ。」真理子。
「どうやるの。」レミ。
「イっちゃった直後に、激しく愛撫するの。そうすれば、潮を吹くんだって。」
真理子。
「わあ、うそみたい。こんど実験しよう。」レミ。
「誰が、潮を吹くの?」と、真理子。
「真理子。先生だもん、体験しておかないと、ね。」
レミは、うふっと笑った。

<おわり>

バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム