スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性代行業① 「谷口紗代登場」

新作です。さほど長くしないつもりでいます。
読んでくださるとうれしいです。
================================

女性代行業① 「谷口紗代登場」

5月も連休が終わった。
西川孝雄は、土曜日の2時、喫茶店で、
「女性代行業」という人を待っていた。
男性であるが、女性に見える姿をしていて、
女性が必要である場合の、いろいろな役目を果たしてくれる。

西川孝雄は、喫茶店の入り口を見ていると、
すらりとした、髪の長い女性が入って来た。
西川は、目印として、本を立てていた。
それで、すぐにわかったのか、女性は真っ直ぐにやってきた。

しかし、カウンター席の端にいた30歳くらいの女性を見て、立ち止まり、
「あのう、大久保先輩ですか?」と女性の顔を覗き込んだ。
「いえ、人違いです。」先輩と言われた人が言う。
「失礼しました。でも、そっくりなんですよ。」
と若い女性は言って、もう一度先輩の顔を覗き込んだ。
「あ、ごめんなさい。」
女性はそう言って、孝雄のところに来た。

「まあ、ここは、空調が強いわ。ウェイトレスさん、
 あの隅のテーブルに移れますか。」
「はい、大丈夫です。」
孝雄の飲み物が1つだったので、簡単に移れた。

孝雄が立とうとすると、彼女は「シー。」と口に1本指を立てた。
孝雄は、小さな声で、「西川孝雄です。」と言い名刺を出した。
女性も小さな声で「谷口紗代と申します。」と名刺を出した。
二人は座った。
「さっきのは何だったのですか?」孝雄は聞いた。
「孝雄さんをつけている興信所の人ですよ。
 あたしに2度もまともに顔を見られましたから、
 もうすぐあの人いなくなりますよ。」
紗代の言った通り、先輩は、すぐに出ていった。
「もう、あの人は、孝雄さんの尾行はできません。
 今度は別の人が来ます。」紗代は、にこっと笑った。
「はああああ。」と孝雄は、紗代を感心して見つめた。
孝雄は、
「あの、お綺麗で、女性にしか見えませんが、男性なのですか。」と聞いた。
「そう言ってくださると、うれしいです。」と紗代は笑った。
声も完全に女性だった。

西川孝雄は、33歳。結婚して3年目であるが、
1年目に単身赴任になった。
まだ、新婚のころ、引き裂かれた形だ。
「ご用件を、お伺いいたします。」と紗代から切り出して来た。
「新婚に等しいときに単身赴任で、妻をマンションに1人置いてきました。
 それから、2年経ちましたが、どうも、妻が浮気をしているようなんです。
 私は、月に2日マンションに帰りますが、
 部屋に煙草の匂いがしていたり、
 寝室の布団に、私のではない、男の匂いがします。」
「ははあ、それは、完全にあやしいですね。
 外のラブホテルで会えばいいのに、旦那様がいないのをいいことに、
 自宅に連れ込むなんて。」紗代は、孝雄の言いたいことを言ってくれた。

「そこで、私は興信所に頼み、調べてもらいました。
 はっきり浮気の証拠写真もあります。
 結婚後、中学のときの同窓会があったらしく、
 そのとき、妻に言い寄って来たらしいのです。」

孝雄は、紗代に証拠写真を見せた。
「わあ、やってくれてますね。
 これは、完全な証拠になります。離婚成立です。」

「新婚なのに、妻に夜の生活を満足にしてやれず、
 妻も辛いとは、思うのですが、それは、私も同じです。

 単身赴任では、給与が、家と職場の分が出ます。
 家への分、家内は自由にできるので、裕福であり、
 どうも、その男にいろいろ買ってやったりしているようです。」

「それで、あたしの役目といいますのは?」と紗代。
「私は、妻の浮気の尻尾をつかみましたが、妻は妻で、
 離婚のとき有利になるように、今度は、私に興信所を付けたようなんです。
 怪しい女性の人影がときどきあるのです。
 そこで、紗代さんに、私の浮気の相手のようにしていただき、
 妻を有利に思わせておいて、いざというとき、紗代さんが男性であると告げ、
 男性なので、浮気はあり得ないとしたら、どうかと思うのですが。」

紗代は、テーブルに腕を付けて、しばし考えていた。
「まず、離婚が目的なら、なぜすぐ証拠写真を持って、
 即刻離婚しないのですか。」

「それですが、私は、心のどこかで、まだ妻を愛しています。
 妻がやがてその男に飽きて、私のところに帰って来たなら、
 妻を許したいと思っています。
 しかし、妻の方から、証拠写真をもって離婚話を言い出したら、
 そのときは、私も証拠写真を出して、離婚をしようと思っています。」

「お優しいのですね。わかりました。
 まず、孝雄さんの付き合っている女が私で、男だったは、ダメです。
 私のような女装者が好きな男性もいます。
 だから、私が男子であることは、無罪になりません。

 こうしましょう。
 孝雄さんと私がデイトするのは危険です。
 興信所に、私達が恋中だと思わせて、
そうではないことを証明できなければなりません。」
「そんな方法がありますか?」
「はい。孝雄さんのダミーを使います。
 孝雄さんは、ここ1週間、黒いスーツを毎日着て来てください。
 そして、今かけてらっしゃる、黒縁の眼鏡も。
 で、わが社に孝雄さんとそっくりな細身の男性社員がいます。
 彼を、もう少し孝雄さんとそっくりにして、
 興信所に、ダミーの方を孝雄さんだと思わせます。
 アリバイとして、孝雄さんは、毎日10時まで会社にいてください。
 また、誰かを誘って、飲みに行ってもいいです。
 その時間、私とダミーは、熱烈な恋人を演じています。
 ラブホテルもいくでしょう。
 で、写真の男性は、孝雄さんではないという証拠も用意します、
 例えば、ダミーの方は、腕時計を絶えずしているとか。
 さらに、孝雄さんにアリバイがあれば、完璧です。
私達は、プロですので、興信所を騙すことにかけては、
 自信を持っています。」

「なるほど。頼もしいですね。先ほどのように、一目で分かるのですね。」
「はい。昼でも夜でも分かります。
料金ですが、実費そして、1週間で5万円ほどです。」
「安いですね。」
「はい。私達、慈善団体なんですよ。」
紗代は、笑った。

(次回、「女装代行業の腕前」です。)


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。