スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黒川まゆみの幸せ」④ 『二人のハッピーエンド』最終回

5話にする予定でしたが、ここで、最終回にします。
読んでくださり、ありがとうございました。
===============================     

「黒川まゆみの幸せ」④ 『二人のハッピーエンド』


二人は、シャワーを浴びて、やっと普通に戻った。
「あたし、やっとPちゃんが小さくなったわ。」とまゆみ。
「あたしも、やっと。」
絵梨香は、Pが小指くらいになって、ヒダの中に包まれている様子を見せた。
「あたしも。これなら、女よね。」とまゆみが言った。
二人は着て来た服を着て、テーブルで紅茶を淹れて口にした。


「あたし、これから絵里奈のシリアスものも、Pちゃん思い浮かべて、
 興奮しちゃう。」
「まゆみの出てるもの、Pちゃん思い浮かべて、みんなAVになっちゃう。」
「あたしも。絵梨香の映画、AVになっちゃう。」
二人はくすくすと笑った。

「でも、あたしたち、会うのがむずかしくない?」と絵里奈。
「そう、お互い有名人だもんね。」とまゆみ。
「あたし、まゆみと結婚したい。」
「あたしも。絵里奈以外に考えられない。」まゆみ。
「あたしたち、レズビアンになるの?ゲイになるの?」絵里奈。
「女装レズになるんじゃない。」まゆみ。
「そうか、そうね。」絵里奈。
「同性婚になるのよね。」まゆみ。
「ぜったい、ウエディング・ドレスがいい。」絵里奈。
「あたしも。でも、それで女優続けられると思う?」まゆみ。
「独身の方が、絶対人気保てるものね。」絵里奈。
「課題が多いわね。」まゆみ。
「ゆっくり考えよう。」絵里奈。

ふたりは、郁美のいる事務所に来た。
「あら、10億分の1のお二人ね。」と郁美。
「なんですか、それ?」とまゆみ。
「同じ体の境遇の人同士が、両想いになる確率よ。」と郁美は言った。

「あの、二人がデイトする方法がありますか。」絵里奈が言った。
「その前に、お二人は、性の発達障害ですから、援助があります。
 この女装サロンの母体は、こう見えて大きな慈善団体なんですよ。
 そこで、お二人に、最高のプレゼントがあります。
 スマホを出してください。」
二人が自分のスマホを出すと、
郁美は、「誰でもなりホーダイ!」とドラえもんの声真似をして言った。
そして、1cm四方くらいのチップをスマホの裏に貼りつけた。

「これは、有名人の方への最強の武器なの。
 今貼ったチップは、ご自分を別人に見せます。
 写真を撮られても、その別人のように写ります。
スマホの画面上で自由に設定できるんですよ。
おじいさん、子供、犬というようにね。
普段はOFFにしておいて、写されては困るときだけ、
ONにした方がいいかな。」

「わあああ、すごーい!」
二人は興奮して、早速いじくってみた。
「犬、ON !」
まゆみが、途端に犬になった。
「じゃあ、あたしも。男の子、ON !」
絵里奈が、男の子になった。
二人は、キャーキャー言って、遊んだ。

やっと元の姿になり、
「これ、マスコミ対策になりますね。」とまゆみが言った。
「まず、それなの。プライバシーが得られるでしょう。
 『別人』というのを、クリックしていけば、いろんな女性になれます。
 『イケメン男子』を押して行けば、たくさんイケメン君が出て来ます。
 これ、セックスのとき、片方が男子になって、男性体験もできるの。
 でも、そう見えるだけだから、男性に見えても、オッパイはそのまま。
 別の女性になっても、あなた方の場合、Pちゃんは、そのままよ。」
そう言って、郁美は笑った。

二人は、「誰でもなりホーダイ」のインパクトが強すぎて、
郁美に結婚相談をするのを忘れてしまった。

翌日の夜、絵里奈は、普通の男性、まゆみは、普通の女性になって、
食事をして、ラブホテルに行った。
「ね、ね、あたし達、イケメン君とセックスができるかやってみない?」
まゆみが言った。
「それ知っておくこと大事よね。」と絵里奈。
はじめ、まゆみがイケメン君になって、キスをしてみた。
「う~ん、気分は出るけど、やっぱり相手は、女の子がいい。」
絵里奈は言った。
絵里奈が、イケメン君になって、キスをしてみた。
「やっぱり、相手が女の子じゃないと気分出ない。」
まゆみは、言った。
「あたしたち、やっぱり、相手が、女装子じゃないとダメなのよ。」
「そうみたいね。」

次に、純女さんになってやってみた。
「そうか、ダメなのよ。体は変わらないから、純女さんにはなれない。」
「そうか。」
その内二人は、『美少女』というのを見つけた。
二人で変身すると、白いフレアーのワンピースを着て、
頭に大きなリボンのある令嬢になった。
背も、低くなっている。
「いや~ん。二人共Pちゃん付きなのよね。」
これは、「当たり」だった。
二人は女優だったので、演技が上手で、
二人で、抱き合っていると、見る間にPちゃんが膨張してきた。
「ね、こんな清純な美少女に、Pちゃん有りなんて、
 美少女を冒涜することにならないかしら。」まゆみは言った。
「あたしも、少し気が咎める。」と絵里奈。
そう言いながら、二人は、美少女のまま、ア○ルまでやってしまったのだった。

「あたし達ってだめね。」絵里奈。
「結局、やってしまったわね。」まゆみ。
「女子高生、行っちゃう?」絵里奈。
「それ、最後にとっておこうよ。」まゆみ。
「じゃあ、『お天気お姉さん』。」絵里奈。
「あ、それ、なりたい。」まゆみ。

二人は、それから、お天気お姉さん、女子高生になって、燃えに燃え、
合計3回やってしまったのだった。

「ね、今日は、結婚について考える予定だったのよね。」まゆみ。
「親には、体のこと生涯言えない。」絵里奈。
「あたしも。」まゆみ。
「男とは、結婚できない。」絵里奈。
「あたしも。」まゆみ。
「同性婚しかない。」絵里奈。
「あたしも、そう思う。」まゆみ。
「でも、結婚は、もう少し先のこと。
 独身でデイトを楽しんでいるときが、一番幸せ。」絵里奈。
「先のことは、ケ・セラ・セラよね。」まゆみ。
「それ、何だっけ?」絵里奈。
「先のことは、わからない。」まゆみ。
二人は、うふっと笑った。

<おわり>

(次回は、未定です。)


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。