物語「MF」② 『同種族』

生物学者の、学術的思考がありますが、これは全くのフィクションです。
今回は少し長いです。読んでくださるとうれしいです。
====================================   

物語「MF」② 『同種族』

次の日から、授業が始まった。
2時間目が終わったとき、
幸夫は、迷わず髪を肩まで伸ばしている子のところへ行った。
「ぼく、片桐幸夫。友たちになってくれない?」
「うん。」とその子は喜んだ。
「ぼくは、佐伯邦夫。邦夫って呼んで。」
「じゃあ、ぼくを幸夫って呼んで。」
「外に出る規則みたいだから、外のベンチで話さない?」
「うん、いいね。」

二人は、校庭の隅のベンチに座った。
「幸夫が誘ってくれて、うれしかった。あたしも、幸夫誘いたかったの。」
「今、あたしって言ったよ。」
「あ、やだ。女出ちゃった?」
「今、『やだ。』っていったよ。」幸夫は、にっこりと言った。
「もう~。だって、幸夫女の子みたいじゃない。
 だから、つい女の子同士の気分になっちゃったのよ。
 あたし、小学校のとき、女の子扱いだったから。」
「ぼく、女装子。ひょっとして、邦夫も?」
邦夫は幸夫の肩に手を掛けた。
「やん、同じ。あたし達、同種族ね。」と邦夫。
「あ、その言葉使えるね。
クラスにぼく達と同種族の子、あと8人いると思わない?」

「もう、チェックしたの。あたしもした。
 あの子達絶対仲間。絶対女装子。顔が白くてまるで可愛い女の子。
 体は細くって、お尻が大き目。きっと声も女の子。」
「そうだよね。ね、邦子は、『MF 30』好きでしょ。」幸夫。
「今、あたしのこと、邦子って言ってくれたわ。」邦夫。
「だって、女の子にしか見えないもん。」幸夫。
「『MF30』の子達も、絶対あたし達の種族よ。」邦夫。
「ね、今日、同種族の8人誘ってさ、カラオケにいかない?
MF30の子達の、踊り、練習するの。」幸夫。
「行く。女の子の服もってる?」邦夫。
「ワンピースが1つだけ。それと、サンダル。」幸夫。
「あたしは、もう少し持ってる。同種族の子達に貸せる。」邦夫。

こうして、幸夫の新しい中学生生活が始まった。
中学校は、40人の2クラスで、
よく見ると、他のクラスにも、同種族の子達が10人ほどいるのである。
これで、女みたいだと、いじめられる心配はない。
反対に、絶対の仲間ができそうなのであった。

K大の小早川宗雄助教授は、46歳。
生物学が専門である。
宗雄は、研究室のデスクで、腕を組んで考えていた。

宗雄は、13年前、「MF配合」化粧品、サプリメント等に、
警鐘を鳴らしたいと思っていた一人である。
(勇気がなくてできなかった。)

宗雄が心配していたのは、そのとき次に生まれて来る世代だった。
イメージは、次のようであった。
影響は、男の子だけ。
その子達の特徴は、顔が女の子のようで、極めて美形であり、
体つきも女の子的である。成長期を経て、より女性の体に近づく。
男子としての性機能は完全に働く。
乳房は、大きくなってもAカップほど。だが強力な性感帯。
性自認は男だが、女性的表現を好む。
つまり、女装が好きであり、性的興奮も得る。
理数系に強く、文学、音楽も好む。
情緒的には、女性的。運動能力は抜群に優れている。
恋愛対象は、同じ女装子、そして女子。

宗雄の仮設では、染色体は、XY(男子)。
ところが、何らかの機序で、選ばれた遺伝子が、体を男にするY染色体に付着し、
体を女にするX染色体と同じ働きをさせてしまう。
それだけではない。遺伝子は、優性的な物が選ばれて付着する。
これが、彼らを(女性としての)美形にし、
(女性としての)均整のとれたプロポーションにする。
知的にも優れている。
そして、美声。
身長は、165cmが平均。

こんなのが、ラットを研究材料にして、
宗雄が予測した「MF型男子」であった。

その日、家に帰った宗雄は、テレビを見た。
そして、美少女歌手集団「MF30」を見たのである。
全員男子だと言う。

宗雄は、自分の予測があまりにも当たっていたので、
思わず、身震いをした。

カラオケの大部屋に、女の子のような男の子が、ぞろぞろとやって来た。
みんな女装子で、それぞれ、女の子の服と靴を持っていた。
髪の短い子は、ウィッグを持っている。
邦子は言った。
「ね、あたし達女の子でいるときは、女言葉使わない?
 それで、女名前で呼び合おう。」
「いいわよ。大賛成。あたし、小学校のとき、
 完全に女扱いだったから、男言葉使う方がむずかしい。」
背がみんなより、少し高い里菜が言った。

はじめて、女言葉を使う子は、ウキウキしていた。
そして、女名前で呼ばれる度に、アソコが興奮した。
幸夫もその一人だった。ユキと名乗ることにした。

みんなで女装した。その光景は壮観だった。
可愛い女の子が10人。もう、奇跡だった。

踊りの上手なユキは、MF30のデビュー曲をスクリーンに出した。
『あたしは女の子、男じゃないわ』という意味深なもの。
タイで流行った連続ドラマの主題歌のパクリ。
♪あたしは女の子、男じゃないわ。
 だから、そっと抱きしめて、そっとキスをして

踊りは、初めはスローで、途中から激しくなる。

みんなで、振り付けを見て、少しずつ覚えていった。
みんな運動神経が抜群で、1時間で覚えた。
そして、備え付けの大鏡に向かって、
何度もお踊り、床に転がった。

「ああ、あたし、今日みたいに楽しい日、今までになかった。」とエリ。
「あたしも。あたし、髪、男のショートだから、女の子のショートにする。
 女の子風でも、クラスで平気でいられる。」早苗。
「みんな、家で、カムアウトした?」と邦子。
「まだだけど、完全に女の子だと思われてる。」ユカ。
「あたしも。女の子扱い。姉は、あたしを女の子にするのが大好き。」ユキ。

みんなは、1年A組。
もう一つのB組にも、同じ種族の子が10人ほどいて、
その10人も、同じ頃、カラオケで、団結を固めていた。
A組の10人と、B組の10人は、瞬く間に仲良くなり、
20人が団結を固めた。

幸夫の家族は、父の道夫、母の美雪、姉のユカ、
そして、幸夫の4人家族だった。
夕食にテーブルについていた。
母の美雪は、38歳だったか、MF化粧品のお蔭で、
どう見ても20歳代後半。28歳くらいに見えた。
「幸夫、学校どうだった?初授業でしょ。」と姉のユカ。
「それなんだけど。ぼく、女の子に見えるでしょう。」と幸夫。
「見えるわよ。」と母の美雪。
「それが、ぼくみたいに、完全に女の子に見える男の子が10人もいたの。
 ぼく達すぐ仲良くなって、今日10人でカラオケ行った。
 ぼく、今、みんなに話すけど、ぼく、女装するのが大好きなの。
 そして、今日の10人もみんなそうだっていうの。
 ぼく、家族の前では、女装しないようにするから、
 それ以外のところで、カラオケとかね、女装すること認めて欲しいの。」
幸夫は、とうとう言った。

「あたしが、幸夫をしょっちゅう女の子にしたからかな。」ユカが言った。
「お姉ちゃんのせいじゃないよ。生まれたときからの気持ちだから。
 お姉ちゃんが、ぼくを女の子にしてくれたこと、むしろうれしかった。」
「あの『MF30』の子達。俺は、幸夫と似てると思ってたんだ。
 でも、そう言う子が、クラスに10人もいるとは思わなかった。」と道夫。
「あたし、幸夫の女装に反対できないわ。
 あたしだって、MF化粧品で若く見せてるもの。女装と似ていると思う。
 変身するって意味でね。
 あの子達、『MF30』でしょう。MF って化粧品と同じでしょう。
 偶然ではない気がするの。」と美雪。
「ね、MF ってなんの略?」とユカ。
「そうか!」
「お父さん、何?」と美雪。
「MF30の子達を見て思った。『Male とFemale 』だよ。」と道夫。
「じゃあ、女の子のような男の子?」美雪。
「幸夫みたいに?」ユカ。

「幸夫がお腹に出来る前にMF化粧品が大ブレイクした。
 あたし、妊娠中も使ってた。副作用がないって聞いてたから。
それが、幸夫に影響したのかしら。」美雪は青い顔をした。
「お母さん。考えすぎだよ。
 もし、影響があったとしても、ぼくは、女の子みたいに生まれて来たことを、
 一度も嫌だと思ったことがないよ。むしろ、感謝してるよ。
 だから、お母さん。考え過ぎないで。わかった?」幸夫は言った。
「うん、わかったわ。」美雪は、にっこりしたが、まだ、心が晴れなかった。



3年後。
土曜日の昼下がり。
商店街を歩いている、髪の長い子を、
すれ違う人々は、振り向いて見ていく。
背は165cmくらい。
プリンとしたピップをわずかに振りながら、
目も覚めるような美形の女の子が、通る。
ノーメイクである。

後ろから、同じく可愛い子が走って来た。
「ユキ、待って、一緒に行こう。」邦子は呼んだ。
「ああ、邦子。」と振り向いた美少女は、幸夫。高校1年生になった。

(次回をどうしようか、迷っています。)


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム