スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョージさんのスカウト③「初めてのセックス」

えっちなシーンを書いているのが、一番幸せです。
読んでくださるとうれしいです。
==================================   

ジョージさんのスカウト③「初めてのセックス」


「お姉様が好き。」
「あたしも、ルミが好き。」
そう言って、怜奈は、ルミの前にしゃがんだ。
そして、ルミの脚を撫で始めた。
「ああ、ルミの脚、真っ直ぐで長くてステキ。」
ルミの脚を撫でながら、怜奈はどんどん興奮していった。
その内、ルミのPを口に含んだ。
「あん、お姉様。あたし、興奮する。」
「ルミ、あたしの髪をつかんで、あたしの口を犯して。」
「いいわ。お姉様が、望むことなのね。」
「そう、あたしのお口を犯して。」
ルミは、怜奈の髪をつかんで、怜奈の口にPを出し入れした。

「お姉様。あたし、感じて、イきそう。」
「イってもいいの。あたし、ルミのものが欲しいの。」
「もうすぐ、イきそうなの。いいの?」
怜奈は、Pを含んだまま、うなずいた。
「ああん、お姉様の口の中にイcっちゃう。
 ああん、いやん、あたし、イっちゃう。」

そのとき、怜奈が立った。
「ルミを手でイかせてあげる。その方が気持ちいいわ。」
怜奈が、ルミのPを手で持った。
「女の子の自分をよく見てるの。いいこと。」
「いいわ。」
怜奈は、ルミのPをマッサージしていった。
「自分がどれだけ女の子か、よく見るの。
こんな可愛い子に、Pちゃんがあるの。よく見て。」
「見てる。うれしくて、気が狂いそう。」
「お姉様に、犯されてるの。」怜奈。
「あ、いやん。お姉様。イっちゃう。許して。」ルミ。
「もっと、我慢するの。まだ、いっちゃだめ。」
「いやん、イくの。イっちゃうの、ああん、あたし、イく、イっちゃう。」
「まだ、我慢するの。」
「できない。イくの、イってしまうわ。」
「じゃあ、思い切り、遠くに飛ばすの。いいこと。」
「ええ。恥ずかしいけど、遠くへ、飛ばすわ。」
怜奈は、マッサージを速くした。

「あああ、だめ、あたし、イっちゃう、イっちゃう、イっちゃう。」
ルミは、体を震わせながら、アゴあげ、いや~んと叫んで、
白い液を遠くへ飛ばした。
ルミはぐったりして、ジュータンの上にくずれた。
怜奈は、ルミのPを綺麗に舐めた。

しばらく経っても、ルミのPは、固いままだった。
「ルミ。あたしのために、もっともっと女の子体験してくれない?」
怜奈は言った。
「いくらでも、女の子になりたいわ。
 あたし、いつのまにか、女言葉使ってた。」
「心の半分が女の子になったのよ。」
「残り半分も、女の子になれるの?」ルミ。
「もう、男の子に、戻れなくなってしまうわ。」怜奈。
「それでも、いいわ。女の子にもっとなりたい。」
「トイレで、綺麗にしたところあるでしょ。」
「お尻の穴?」
「そこへ、あたしのPちゃんを入れて、ルミを犯すの。」
「あ、それ、何度も夢に見てたことだわ。」ルミ。
「女の子が犯される感じが少しわかるわ。」怜奈。
「お姉様のPちゃんを入れてくださるの。」ルミ。
「そう。」
「あたし、考えただけで、興奮しちゃう。」ルミ。

二人は、洋服を脱ぎ、スリップ姿になった。
怜奈は、黒い下着だった。
ベッドの上で、ルミは、四つん這いになった。
怜奈は、クリームを指にとり、
「ルミ、そっとクリームを入れるから。」
怜奈が指を入れると、
「あああ。」と、ルミは声をあげた。
怜奈は、Pにクリームを塗った。
すでに、ギンギンに大きくなっている。
「ルミ、いい?入れるわ。」
怜奈は、少しずつ入れて行った。

「ああん、息が詰まる感じ。犯されているの?」
「そう、もう少し入れるわ。」
「ええ、平気よ。お姉様のPちゃんなのね。」
「そう。もっと入れるわ。」
怜奈は全部入れた。
「ああん。わかるわ。あたし、犯されているのね。」
「このまま、つぶれるわよ。」
「ええ。」
二人は潰れた。潰れても、怜奈のPは、半分以上入ったままだった。
ルミが胸に腕を当てている。その肩に、怜奈は手を掛けた。
そして、ゆっくりピストン運動を始めた。
「ルミ、女になって行く気がする?」
「わかるわ。あたし、犯されている。犯されるたび、女になっていく。」
「こうやって犯されたら、もう男に戻れないわ。」
「それでいい。お姉様に犯されるなら、一生女でいるわ。」
怜奈は、ルミの言葉でどんどん興奮して、ピストンを速くしてしまう。
「ルミ、あたし、興奮して、止まらない。ルミ、平気?」
「いいの、あたし、女になりたいの。もっと、犯して。
 もっと、もっと、犯して、あたしを女にして。」
「ああん、ルミ、可愛くてたまらない。もっと、女になるの。もっとよ。」
「ええ、心が全部女になっていくわ。あたし、女なの。女なの。」

怜奈は、激しく犯した。
ルミは、何度も、女にされた。

「ルミ、あたし、イっちゃう。」怜奈。
「あたしも、シーツに擦れて、前の方がイっちゃう。」ルミ。
「じゃあ、いっしょよ。もういく、もうだめ、ああああ、イっちゃう。」怜奈。
「あたしも、イく。お姉様、イくわ。」ルミ。
二人は、痙攣をしながら、同時に果てて行った。

ルミは、Aセックスをやったあと、相手の出したものが、
お尻の穴から再び出てくることを、怜奈に教わった。
そこで、トイレに行き、お尻を再び綺麗にした。

冷房を強くして、服を着直して、
リビングの中央にあるキッチンテーブルで、ハーブティーを飲んでいた。
そこへ、2人の女の子が帰って来た。
一人は、体にフィットした赤いボディコンを着たストレートなロングヘアの女の子。
超ミニで、長い脚が、ことさら長く見える。
ストレートな前髪。目が大きくてお人形のように可愛い。名前は絵里。
もう一人は、白い細身のTシャツに花柄のスカートを履いた梨奈。
ウエーブのかかった肩までの髪、髪を7:3に分けて知的な額を見せている。
耳を見せるようにしていて、白いピアスが、ステキだ。
涼やかな目をした美人だ。

二人は、ルミを見て、
「新しい子?」と目を輝かせた。
「めちゃ可愛い。妖精みたい。」と絵里が言った。
「わあ、ステキ。もちろん、女装子でしょ?」と梨奈が聞いた。
「そうよ。」と怜奈。
「あたし達の中で、トップだわ。」と絵里。
「うん、そう思う。一番可愛い。
脚が信じられないくらい長い。」と梨奈。
そのとき、ルミは思った。
『この人達には、ジェラシーがない。
 ジェラシーの前に、お互いが、好きになってしまう。
 自分がそうだから。』

「ねえ、怜奈。もしかして、ルミちゃんを、もう食べちゃったの。」と絵里。
「そりゃそうよ。二人が帰ってきたら、喧嘩になるじゃない。」と怜奈。
「もう。あたし達を待って、ジャンケンで決めたっていいじゃない。」絵里。
絵里は袋で怜奈を叩こうとし、怜奈は逃げ回っていた。
梨奈が面白そうに笑っていて、怜奈の椅子にすわり、ハーブティを注いで、
飲んだ。
『絵里さんは、お茶目。梨奈さんは、おしとやか。』
ルミは、そう思った。

怜奈が言った。
「絵里。わかったわ。4人で、もう1ラウンドしよう。
 でも、あたしとルミは、もう1回しちゃったから、無理よ。
 絵里か梨奈のどちらかが、犯されるの。」
「それは、絵里だわ。」と梨奈が言った。
だが、意外に梨奈の声は通らなかった。
「待って。あたしは、いやよ。今、お茶飲んでるんだもの。」梨奈は言う。

絵里は言う。
「ルミ、あたし達の中で、梨奈が一番女らしいの。
 こんな人に、Pちゃんがあるなんてって、絶対考えられない雰囲気でしょう。
 犯しがいは、一番よ。」
「賛成。梨奈がよがるお顔が一番ステキ。」怜奈。
「あたしは、ノーコメントです。」とルミ。
「いやん、ルミちゃんまでが。」と梨奈。

「さあ、行きましょう。」
怜奈と絵里は、左右から梨奈の腕をとって、大鏡の前に連れて行った。
「いや、いやん。ルミちゃん、助けて。」と梨奈。
「ルミ。梨奈の前に行って、梨奈のショーツを脱がせて。」と怜奈。
「いやん、いや、新しい人がいるのに、あたし、死にたくなる。」と梨奈。
ルミは、どうしようかと思った。本気で嫌がってる。

「ルミ、梨奈は興奮してるのよ。新しいルミに見て欲しいのよ。」絵里。
「だめ、だめ、いやん、いやん。」梨奈。
「ショーツを下ろしてみれば分かるわ。早く。」怜奈。
ルミは、梨奈の花柄のスカートに手を入れた。
「いいのよ。」と怜奈。
「梨奈さん。ごめんなさい。」
ルミは、梨奈のショーツを下ろした。
「触って。わかるから。」怜奈。
ルミは、梨奈の股間に手を近づけた。
『あああああ。』とルミは心で叫んだ。
梨奈の男の証しが、大きく、びんびんになっている。
あんな、おしとやかで女性的な人が。
ルミは、梨奈をもう一度見上げた。

(次回は『ルミは、3人のアイドル』です。)


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。