スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでのエピソード 『ルイジアナ・ママ』

遠い昔のことで、記憶が交差しているかも知れません。
そこは、どうか、ご容赦くださいませ。
読んでくださるとうれしいです。
======================================   

アメリカでのエピソード 『ルイジアナ・ママ』


また一つ、アメリカでのことを思い出しましたので、それを書きます。

6月の末でした。アメリカに来て、2か月ほどでした。
前の日に、大シャワーが降り、明くる日です。
キャンパスの駐車場を降りると、なにやら、学生たちが走っています。
私も負けじと走りました。
すると、昨日なかったところに湖ができていました。
そこは、キャンパスが洪水にならないように、
降った雨をためるところでした。
長さ100mほど、巾30mほどの湖です。
普段は草が生えているところなので、水は汚れていませんでした。

学生たちは、湖の堤防のところに集まって、エキサイトしていました。
こういうシチュエーションでは、たいていヒーローになろうとする男子がいて、
Tシャツを脱いで、水に入って行きます。
得意そうに「行ってくるぜ!」とばかりに、ガッツポーズをとりながら。
主に、女の子達に、晴れ姿を見せるのが、目的です。
女の子達は、『バカねえ。』と思っているのですが、拍手をして、
「水の中はどう?」などと聞きます。
「気持ちいいぜ。」とその男子が叫びます。

その男の子が、女の子達にウケるとわかると、
2番目、3番目の男子が、「俺も、行くぜ!」とばかりに水に入っていきます。
『もう、しょうがないわねえ。』と女子は笑っているのですが、
水の男子は、もっと受けようと、水の中で踊ったり、泳いだりします。
私は、男心が分かりますので、
男の姿をしていたら、水の中に入ったかも・・
などと思っていました。

水の男の子のパフォーマンスに皆があきたころ、
私の隣にいた2人の男の子が、アメンボウを見つけました。
お人好し風な2人でした。
二人は、話しています。
「アメンボウは、どうやってあそこにいるんだ。」
「水がないときは卵で草むらにいて、水が来たら、大人になるんだろう。」
「バカ言え、長い間、卵でいるわけないだろう。」
「それもそうだ。湧いて出てくるんじゃねえか。」
「何もないところからか。」
「だってよ。雨の後の、ちょっとした水たまりにもいるぜ。」
「何もないところから、湧くのかよ。」
「一気に湧いて、大人の姿になるってのも変だな。」
「不思議だな。」
「空を飛んでくるのよ。」
と私は、知っていたので、うずうずして、とうとう話しかけました。
「どこから?」
「風に乗って、水のあるところを探しているのよ。
 キラキラした水みたいなところを見つけると、そこに降りるの。
 で、水に溶けている栄養分を吸うの。」
「へえ、飛べるの。」
「うん。羽がけっこう強くて、飛ぶ。」
「へーえ。」

「ところで、君は、有名なワンピースの子じゃないか?」
「有名なの。」
「ああ、キャンパスに1人しかいないワンピースの子。」
「みんな、『ミス・ワンピース』って呼んでるよ。」
私は、とても、うれしい気になりました。

「な、コーヒーおごるよ。ミス・ワンピースと話してえ。」

私達は、学生経営の コーヒー店の野外のテラスにいきました。
「ジュンは、いつニューオーリンズに来たんだ。」とジョン。
「2か月前かな?」
「2か月で、すでに南部なまりが身に付いてるぜ。」ロン。
「どこが。」
「西海岸の奴らは、『ニュオ・リーンズ』って『リー』を伸ばす。
 地元の俺らはさ、『ニュ・オーリンズ』って、『オ―』を伸ばす。」
「ジュンは、『オー』を伸ばして言う。立派に南部っ子だ。」
私は、歌を口ずさみました。

♪ あの子は、ルイジアナ・ママ やって来たのは ニュオーリンズ
   (実際は、英語で歌いました。)

「ほんとだ!」と私は、うれしくなりました。
すると、ジョンが「ルイジアナ・ママ」をテーブルを叩きながら、
歌い始めました。(歌が、とても上手でした。)
すると、ロンが踊り始めました。
「ジュン、来いよ。」と言われて、私は下手な踊りで、
ロンの相手をしました。

すると、野外テラスにいた人が何組か踊り始めました。
私は、すごくうれしくなりました。
アメリカの人はノリがいいなあと思いました。

アメリカで、友達がいなかった私にとっては、
とても、うれしいひとときでした。

(次回は、未定です。)


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。