スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<2話完結>『高原クリニック・不妊治療科』(前編)

<2話完結>『高原クリニック・不妊治療科』(前編)


結婚式を終えて、新郎・立花薫と新婦・美香は、腕を組んで、
音楽と共に現れた。
拍手と声援が飛ぶ。
まるで貴公子のような新郎・薫と、モデルのような美人である新婦・美香。
みんなが、ため息をついた。
二人は、同じ背の高さだ。
薫28歳、美香26歳である。

二人は、新郎・新婦の席に着いた。
新郎の薫は、みんなに祝福される間、
1つの心配があり、それが心を占め、やっとの思いで笑顔を作っていた。
普通なら、披露宴を終えて、晴れて新婚旅行にいくのだろう。
それは、初夜のセックスが楽しみで行く。
結婚前に、すでにセックスをしている夫婦が、うらやましい。
新婚旅行がどれだけ、楽しみなことだろう。

だが、自分は違う。女性の経験がない。
たぶん、妻がどれほど美人でも、初夜のセックスが出来る気がしない。

薫には、女装趣味があった。
学生になってから、ほぼ毎日のように、女装をしていた。
薫の貴公子のような顔立ちは、言い換えるなら、女顔であり、
女装をすると、驚くほど可愛らしい女性になった。
女装の人とのレズビアンなら、何度も経験した。
アナルセックスもした。

今の美香と出会って、恋に落ちた。
しかし、美香とセックスができるという自信がなかった。
正確には、女性とセックスができると思えなかった。
婚約してから、スネの毛や、脇の下の毛を剃るのは辞めた。
といっても、薫は、髭も含めて、体毛が極めて少なかった。

一度、練習のために、女性が相手をしてくれるサロンに行った。
ダメだった。アソコが元気にならない。

新婦・美香も、薫と同じ悩みを胸に抱いていた。
美香は、レズビアンであった。
片方が男装するのではなく、女と女のレズビアンだった。
学生時代に女性の恋人がいた。
由里と言った。可愛い子だった。
美香は、由里から、「お姉様」と呼ばれていた。
ほとんど自分が男役だったが、たまに、由里のことをお姉様と呼んで、
愛撫してもらった。
ロープを使ったり、お尻の中を綺麗にして、アナルセックスの真似事もした。
バージンは失いたくはなかったので、そんなことをしてみた。

薫に出会って、恋に落ちた。
しかし、レズビアンの甘味な世界を忘れるのは、難しかった。
薫と婚約してからも、由里と会っていた。
その度、薫のことを思って、胸が痛んだ。

美香は、バージンである。
男性とセックスしようとは、少しも思わない。
薫とセックスが出来る気がしないのだ。
恋をしている相手でも、抱かれて、アソコが濡れて来るとは思われないのだった。
美香は、新婚旅行を思って、そのことを恐れていた。

二人は、国内の4泊5日の新婚旅行に出かけた。
二人とも、仕事があり、それ以上の休みはとれなかった。

夕食が終わり、ホテルの部屋に戻った。
薫にとっても、美香にとっても、一番恐怖のときが来た。
美香は、可愛いネグリジェを着ていた。
薫はパジャマ。
美香は、緊張の塊になって、ベッドの毛布に入った。
薫が入って来る。
緊張はしているが、心が性的に興奮してこない。
これでは、私は、濡れないと美香は思った。
薫も、男子のアソコが、大きくなって来ない。

『美香、ごめん。ぼくがいけない。』と薫は心で思った。
『薫さん、ごめんなさい。あたしのせいだわ。』と美加は思った。
美香は、この雰囲気に耐え兼ねて、
「薫さん、ごめんなさい。あたし、生理が終わってないみたい。」と言った。
「そう、じゃあ、今夜は我慢しよう。」
美香も、薫も、その夜は、救われた。

このセックスレスは、2か月も続いた。
美香は、自分のせいだと悩んだ。
女が感じて濡れて来れば、男はその気になれる。
自分が感じないために、セックスができない。
男性とセックスができない女なのに、薫の求婚を受け入れてしまった。
そう思い、美香は、罪悪感に苦しんだ。

薫も、同様に思っていた。
女性とのセックスができない自分が、美香にプロポーズしてしまった。
毎日、夜が恐かった。美香への罪悪感に苦しんだ。

そんなとき、不妊治療のクリニックを見つけた。
「原田クリニック」といい、ネットでの、お勧め5つ星だった。

薫は、美香に、ここへ行ってみないかと、勇気をもって言った。
「ぼく達のは、精神的なものだと思う。
 それなら、治してもらえるかもしれない。」
美香は、原因は、自分のレズビアンだと百も承知だったが、
「ええ、行きましょう。」と言った。
藁をもすがる気持ちだった。

原田クリニックは、四角く白い建物だ。
そう、大きくはないが、窓が少なく、
プライバシーがしっかり保たれているようなところで安心に思えた。
院長の原田道夫は、50歳くらいの髭をたくわえた男で、
極めてフランクな話し方をする。
そして、妙にセクシーな看護師が4人いる。

二人は、問診票を渡されに記入した。
恥かしいところは、無記入でよいと言われた。
原田院長は、問診票をさらっと見た。

「話は、わかりました。精神的なものでしょ。」と軽々と言った。

「夫の薫さんから、治療しましょう。
 奥様は、2時間ほど街の散歩でもして、来てください。」という。
美香がいなくなると、院長原田は、薫に身を乗り出して聞いた。
「奥さんに言えない秘密がおありでしょ。それが、原因です。」
薫は、この人は、名医だと直感した。
「はい。私は、女装子です。女装子同士のセックスをやり過ぎたため、
 女性とセックスする自信を失ってしまいました。」
「やっぱし。」と、院長は、子供のような顔で言った。

「看護師と奥の部屋に行ってください。治るといいんだけどね。」と原田は言った。

美人で、妙にセクシーな看護師4人に連れられて、奥の部屋に行った。
そこは、ラブホテルの一室のようで、ベッドもあれば、ドレッサーもある。
「ここには、何でもあるんですよ。さあ、お手伝いします。女装しましょう。」
と一番背の高い看護師が明るい声で言った。

薫は、女性の下着に、看護師の服を着せられた。
メイクは、ばっちり。可愛いボブヘアのかつらを被った。
「わあ、可愛い。どう見ても女の子だわ。」
と4人の看護師に拍手された。

「あたし達、4人の内、2人がニューハーフなんですよ。
 誰と、セックスしたいか決めてください。」
薫は、女性と出来ることが目的なので、女性を選んだ。
「この人です。」
「まあ、誰が、女性か、一目でわかるんですね。
 じゃあ、裕美ちゃん。治療をして差し上げて。」
と背の高い看護師は、そう言って、3人は、別室に行った。

ベッドに座って、薫は、裕美とキスをした。
それだけで、薫のPは、大きくなった。
なぜだろう。相手は、女性なのに。
女性で興奮しているのに、妻の美加にはダメだなんて、そんな・・。
薫は思った。
裕美は、薫をベッドに倒し、上に乗って来た。
裕美の乳房を胸に感じる。
薫は興奮した。
裕美を下にして、裕美の体を愛撫した。
乳房のてっぺんを愛撫したとき、裕美は、「ああああ」と声を上げた。
薫のPは、びんびんになっていた。

裕美のショーツの中に手を入れた。
驚くほど濡れていた。
「ここが、一番感じるの。」
裕美は、薫の指をクリに当てた。
薫が、そこを少し愛撫すると、裕美は、体を震わせて、声を上げた。

「薫さん、ここまでよ。ここまで出来たら、奥様とできるわ。」
裕美は、そう言って、身を起こした。
「ぼく、どうして女性の裕美さんと、ここまで出来たんでしょう。」
と薫は聞いた。
「ご自分が女装しているからよ。
 それに、あたしが他人だからかな。失敗したっていいじゃないって思えるでしょ。
 奥様とでは、相手を失望させてはいけないって、プレッシャーがかかるじゃない。」
裕美は言った。
『なるほど。』と薫は納得した。

(次回 後編「結ばれる二人」です。)


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。