スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルヘン『不思議なおばあちゃん』(1話完結)

書きながら、どっかで聞いた話に思えました。すると、
「クリスマスの人」とすごく似ていました。すいません。
短いお話しです。読んでくださるとうれしいです。
===============================    

不思議なおばあちゃん


小杉宏美(男子)は、高校3年の受験生だった。
試験の勉強をしながら、宏美をいつも悩ませているのは、
女装への願望だった。
自分の部屋には、鍵もなくプライバシーがない。
そこで、宏美は、女装をするために、いつもカラオケを使っていた。

その日。土曜日の午後。
宏美は、ベッドの下に隠している女装の一式をバッグに詰めた。
「行ってきまーす。」と言って、家を出るとき、いつも冷や冷やする。
「そんなバッグ持ってどこ行くの?」と母に聞かれるのが一番困る。

宏美は、母の声を逃れて、外に出た。
団地の紅葉が、今一番綺麗な時である。

駅まで15分歩き、電車を1駅のる。
すると、賑やかな駅前に出る。
駅前にあるカラオケが、女装には一番いい。
それは、壁に大きな鏡が貼ってあるからだ。

さあ、これから女の子になる・・というとき、宏美はうれしくて体が震える。
上を裸になり、ブラをする。
このとき、手を後ろに回して、ホックを止める姿が好きだ。
ブラに詰め物をする。
いかにも女になった気になる。
スリップを被り、ワンピースを着る。
それから、ズボンを脱いで、男のパンツを脱いで女の子のショーツを履く。
Pを股の下に回す。
かかと4cmくらいの靴を履く。
(かかとの高い靴は、バッグの中で場所を取るからダメ。)
今日は、外出したいので、メイクは控えめにする。
桃色のリップを引く。
セミショートのウィッグを被る。髪を梳かす。

宏美は、髭や脚や、体毛のない体質をつくづくありがたいと思っている。
高校で、女扱いされている宏美は、この女装のときだけ、
ラッキーだと思う。
「完パス」は、とても無理だが、ぱっと見、女の子に見えれば、それでいい。
声は、女声だ。

宏美は、男ものをバッグに詰めた。
このために、体積の小さいサンダルを履いて来た。

清算をするときもドキドキする。
来た人と別の人ですかと、聞かれるのが心配だ。
その日は、何も聞かれなかった。

通りに出た。
このときの気分は何とも言えない。
自分は、学校で「女」とからかわれるくらいだから、そうひどい女装じゃないと思う。
普段の歩き方も女みたいらしい。それが、今は助かる。
まず、アイスクリームでも食べようかなと思い、
そのビルに向かって歩いているときだった。
目の前で、おばあさんが、倒れたのだった。
「おばあさん、大丈夫ですか?」
と、宏美は、自分が女装していることも忘れて、おばあさんのところへ行った。
見ると、85歳は、超えて見えるおばあさんだった。
「ありがとう。杖が引っかかったみたいなの。」
「他にどこか、あたりませんでしたか。」
「掌を少し。それだけよ。ありがとう。」
おばあさんが立とうとするとき、おばあさんはよろけた。
「ダメです。ぼくが・・いえ、あたしが、負ぶいます。
 どちらまで、いらっしゃるのですか?」
「ここです。」とおばあちゃんは、紙を見せた。
そこには、住所しかなかった。
電話番号があれば、かけるのに。
そうか、住所がわかれば、カーナビでわかる。
家に帰って、お母さんに運転を頼もう。

宏美は、そう思い付き、目の前に来たタクシーを拾って、
自分の住所を告げた。
(タクシーにも、カーナビはあったのだが、気が付かなかった。)
車に揺られながら、おばあちゃんは言った。
「ご親切な、お嬢さんね。」
宏美は、「お嬢さん」と言われて、うれしかった。
しかし、お年寄りになら、女の子に見えるのかも知れない。
そう思った。

タクシーは、宏美の家の前についた。
タクシーを出て、「お母さん」と言おうと思い、言葉を呑み込んだ。
今、女装をしているのだった。
女装の姿を、母に見られる。
しかし、この際しょうがない。理由は、どうとでもなる。
宏美は、おばあちゃんを玄関に座らせ、
母・里美のいる、キッチンにいった。

「お母さん、転んで歩けないおばあちゃんをお連れしたの。
 行先の住所ならわかるの。
 お母さん、カーナビで、連れて行って。ぼくもいくから。」
「わかったわ。」
里美は、言って、車を出し、おばあちゃんと、宏美を後ろに乗せて、
目的地へと向かった。
その間、母里美は、宏美の女装のことをなにも言わなかった。

おばあちゃんは、無事、娘の家に着いた。
一家総出で、お礼を言われた。

帰りの車。
「お母さん。ぼく、女装してるのに、何にも言わないの。」
「なんのこと?あなた、女の子じゃない。
 どうして、『ぼく』って言ってるの。」
「お母さん、ぼくのこと、女の子に見えるの?」
「見えるも見えないも、生まれたときから女の子じゃない。」
母は、そういう。
宏美は、せっかく女の子に見てくれてる母を、そっとしておくのが賢明だと思った。

家に着いた。
「ああ、いいことした後は、気持ちがいいわね。」と里美はいった。
「そうだね。」
宏美はそういいながら、自分の部屋に入った。
そして、男の服に着替え、リップを拭き取った。
そして、下に行った。
「お母さん、ぼく、生まれたとき、男?女?」と聞いた。
「なに言ってるの?男の子よ。」
「そう、ならいいんだ。」
「変な子?」と、里美は、笑った。

宏美は、急いで自分の部屋にもどった。
そして、推理をした。
宏美は、不思議なことを、受け入れるタイプだった。
これは、お祖母ちゃんのプレゼントだ。
女装、したときは、女の子に見てくれる。
男に戻ったときは、男の子に見てくれる。
家族以外、友達にも、試してみよう。
わあ~、バンザーイ!

宏美は、ベッドに大の字になった。

<おわり>


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。