スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痴漢に間違えられた光男(前編)

すみません。1度投稿したものですが、加筆しました。
実話を元にしましたが、たくさん脚色をしました。
読んでくださるとうれしいです。
==================================

痴漢に間違えられた光男


季節は6月に入っていた。
光男は、大学の2年生。
朝のラッシュを避けて、少しすいている時刻にその電車に乗った。
すいていると言っても、座席はいっぱいで、吊革もいっぱいだった。
光男はやっと見つけた吊革をにぎった。

横に髪の長いの25歳くらいの女性がいた。
綺麗な人だった。
白いブラウスに、クリーム色のタイトなスカートを履いていた。

電車は、急行で、これから3つの駅を飛ばして走り始めたころだった。
ふと、隣の女性の様子が変わった。
体が緊張していて、やや、うつむいていた。
光男が、女性の後ろに目をやると、
サラリーマン風の40歳位の男が、女性のお尻に手をあてている。
『ちかんだ。』と光男は思った。
女性は、気の毒に、大声で男を訴える勇気がないのだろうか。

痴漢を訴えても、証拠がなく、釈放される場合が多い。
光男は、『そうだ。』と思い付き、スマホをやっているふりをして、
男が女性のお尻をさわっているところを動画で撮った。
それから、男の横顔を撮った。
被害者である女性の服も撮った。
撮り終わり、スマホを、胸のポケットに入れた。

光男は、女性に勇気がないなら、自分が男の手を取って、
現行犯にしようと思っていた。

男は、ずっと女性のお尻を撫でていた。

やがて、電車はやっと次の停車駅のホームに入った。
ここで、逃がしちゃだめだ。
ホームに入った電車が止まれば、男は逃げると思った。
光男はタイミングを計っていた。
電車が止まった。
そのとき、光男は、男の手首をにぎった。
だが、汗ですべり、男は光男の手をすり抜け、
逆に、光男の手をとって、女性のお尻に、光男の手を、なすりつけたのだった。
このとき、自分の手首を、がっちりつかむ手があった。
その女性である。
「この人は、痴漢です。逃げないよう捕まえてください。」と叫んだ。
周りの4、5人の男が、二人を囲み、そのままホームに降り、
一人が、駅の係員を呼びに行った。
「ぼくじゃない。ぼくじゃない。」
と光男は訴えたが、周囲の冷たい目がいっせいに光男を見ていた。

光男は、駅の小さな取り調べ室のデスクに座っていた。
少し離れたところに女性がいた。
女性は、ときどき光男を怒りを込めた目で見た。
係員がまだ来ないとき、女性が言った。
「あなた、痴漢は、犯罪ですからね。わかってるの。」
「ぼくじゃないんだよ。」光男は力なく言った。
光男は、そのとき、気が動転していて、
スマホに映像を撮ったことを忘れていたのだった。

やがて、眼鏡をかけたスーツ姿の男性が入って来た。
40歳くらいの知的な感じの男だ。
まず女性の名を聞いた。
「谷中芳江です。」と女性は言った。
光男は、
「梅原光男です。」と名乗った。

まず、谷中芳江から、語った。
「この人は、急行の○駅から、△駅までの10分ほど、
 あたしのお尻を触っていました。
 怖い気持ちもあって、そのときは、叫べませんでした。
 でも、停車駅についたとき、この人は、あたしのお尻に手を撫でつけるようにしました。
 その手を、あたしは捕まえました。
 だから、この人が痴漢男であることは、間違いありません。」
芳江はそう言った。

次に光男が聞かれた。
「この人の右側にぼくがいて、痴漢の男は左側にいました。
 サラリーマン風な男です。
 その人は、ずっとこの女性のお尻を触っていました。
 ぼくは、腹が立っていました。
 だから、次の停車駅で捕まえようと思って、
 電車のドアが開いたとき、男の手首を捕まえました。
 しかし、汗で手がすべり、男を捕まえることができませんでした。
 そのとき、男は、ぼくの手を握って、この人のお尻にぼくの手をなすりつけました。
 この人は、そのぼくの手を捕まえたのです。そして、痴漢だと叫びました。」
「嘘、おっしゃい!」と、芳江は光男に言った。

このとき、係員は、光男に言った。
「もし、君が痴漢をしたなら、迷惑防止条例に違反し犯罪となります。
 会社員なら、会社に知られて、辞職をやむなくされることもあります。
 学生なら、大学に通達が行って、退学になることもあります。
 ですから、決して小さな犯罪ではありません。」

係員は、芳江にも言った。
「もし、この人が、あなたを痴漢していないことが証明されれば、
 あなたは、名誉棄損あるいは侮辱罪として、訴えられ、
 多大な慰謝料を請求されることもあります。
 あなたは、それを覚悟で、この人が痴漢者だと言い切りますか。」

「言い切ります。あたしには、絶対の確信があります。」芳江は言った。
「もしこの人が会社員なら、会社を首になり、家族は暮らしていけなくなります。
 そこまで考えて、この人を痴漢だと訴えますか?」
芳江は、態度をかえなかった。
「痴漢する男性は、そこまでを覚悟してやったはずです。
 痴漢がばれるとどうなるかなんて、誰でも知っていることじゃないですか。
 私は、自業自得だと思います。」

「痴漢が冤罪だったケースもたくさんあるのです。
 ある女性に『痴漢だ!』と腕を握られた男性がいました。
 向いに座っていた4、5人の客が、間違いない、
 その人が痴漢をしていたと述べ、目撃証拠があることで、
 逮捕となりました。
 そして、会社を首になり、職を失い、家族で貧困の生活を余儀なくされました。
 しかし、後日、女性は気が付いたのです。
 そのとき女性は、エナメルのスカートを履いていたんです。
 ならば、男の指紋がたくさんついているはずだ。
 女性は、スカートを汚らわしく思い、ゴミ箱に入れたままでした。
 エナメルのスカートなら、指紋が付いているかも知れない。
 女性は、ゴミ箱からスカートを取り出し、さらなる証拠として、警察に持って行きました。
 すると、男性の物と思われる指紋がたくさんついていました。
 その指紋の主が、痴漢に100%間違いありません。
 決定的証拠です。
 しかし、容疑者の指紋ではなかったのです。

 会社は、容疑が晴れた男性を、会社に戻したでしょうか。
 しかし、男の噂は、すでに広まってしまっていて、
 もう、会社の前の地位にはもどれませんでした。
 男は女性を名誉棄損で訴え、300万円を得ましたが、
 300万円など、家族4人が暮らすには、すぐになくなってしまいます。
 家庭が崩壊して、自殺をした人だっています。
 こんなこともあるというお話をしました。
 それは、慎重に考えていただきたいためです。
 あなたを10分間に渡り痴漢したのは、本当に、この男性の手だったのですか。」

芳江は、係り員の話しを肯定的には、聞かなかった。
「さっきから聞いていますと、係りの方は、男性の味方をする発言が多く、
 あたしを、『間違いだった』と、懸命に説得されているように思います。
 痴漢をされた私の身になっての発言が、あまりにも少ないです。
 あたしは、あたしのお尻に擦り付けるように手で触ったこの人の手をつかんだんです。」

「そのなすりつけるように触った手と、あなたのお尻を10分間触った手が、
 同じ人のものだと、言いきれますか。」
「きっぱりと言い切れます。絶対に間違いありません。
 痴漢した人は、自業自得です。それなりの罰を受けるべきです。」

(次回は、『はっきりした証拠』です。)


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。