スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強制女体改造『女より女にする』①「マリコ」完成

問題小説。超エッチ。恥ずかしいと思いながら、投稿します。
始めから、長いです。読んでくださるとうれしいです。
==================================    

強制女体改造『女より女にする』①「マリコ」完成


ある平日の午後、古い一軒家から、
黒いスーツを着た女が、4人の男に囲まれながら出て来た。
スカートは、膝までの上品なものである。
女は、黒い帽子をかぶり、帽子からはメッシュのベールが下り、
女の顔を半分隠していた。背が高く170cmほどである。
地味な服装に似合せ、女は、薄いピンクの口紅を引いている。
4人の男は、皆黒服である。

2台のタクシーに乗り、行った先は、和風の豪邸である。
50歳代の和服の男が主人である。
低いテーブルをはさみ、その主人の前に座布団があり、女はそこに正座をして座った。
4人の男は、2、2に分かれて、女の横に座った。

「ほお、見たかぎり、女になっているな。
 あのマッチョで男顔の男が、こんなになったのか。」と主人の宝井源三。
「はい、とても46歳の男だったとはわからぬようにしました。
 今は、推定年齢25歳に作り上げました。」と黒スーツの男。
「今、我が家でメイドをしているミカは、49歳の男を16歳の少女に変えたのだったな。
 少女もよいが、25歳の大人の女も、よいものだな。
 あの、筋肉男を、ここまでの女にするのは、さぞ苦労があったことだろう。」

「はい、2年がかりで、やっとここまでにいたしました。
 いまや、女以上に女です。」黒服の安田が答えた。
「Pは、残してあるだろうな。」
「もちろんでございます。絶倫剤を毎日のませていますので、
 アソコは、太く反り返り、完全に上を向きます。」

「それは、おもしろい。で、あの男をどうやって、ここまでの女にしたか、
 苦労話を聞かせよ。」
「あの男は、ボディビルなどやっており、ムキムキの男でしたが、
 本当は、強烈な女願望の持ち主であり、その気持ちの裏返しで、
 逆にマッチョな体を作っていたようです。
 ですから、あの男の心を、女にするには、何の苦労もいりませんでした。」
「そうか。では、筋肉男の願いを叶えたことになるな。」
「はい。すべては、男の希望に従い女にしました。
 その結果が、この女マリコです。」
「あの体を、女にするのは、大変だっただろう。どうやったのだ。」
「はい。筋肉縮小剤を毎日体の方々に打ちまして、
 だんだん筋肉を失くし、女としてぎりぎり生活が出来る程度の筋力にまで、
 落としました。そのときは、もう、体中ガリガリの状態です。」

「それでは、女と言えまい。」
「そこから、皮下脂肪を体中60か所に毎日注入し、だんだんふくよかな体にしていきました。
 男の肩幅は、狭く、女並でしたので、助かりました。
上半身は、やや細身ですが、触れば、ぷよぷよにやらかくなっています。」
「男の身長は、160cmで、身長に比べて脚がなかなか長かったのですが、
 更に、手術により、もう10cm脚を伸ばしました。
 これは、2か月にわたる大変な手術でした。
 今、身長170。股下は、95cmと、モデル以上の長さです。
 肋骨は、2本取りました。
 それを、コルセットで、形を整えましたので、くびれは、アンダーバストの
 7cm下にあります。ウエストは、52cmです。
 また、骨盤は、女並に拡張矯正をし、シリコンで尻を女の形に整え、
 さらに、触り心地がいいように、皮下脂肪をたっぷり注入しています。
 そうして、ヒップを88cmにしています。
 これ以上ヒップを大きくしますと、
 人形のようになり、かえってリアリティーがありません。
 それに、ウエストが52cmなので、ヒップは、十分に大きく見えます。

 豊胸は、人肌に最も近い最高級のものを使い、乳首も吸引矯正で、
 女のサイズにしています。
 また、乳房を、性感帯化しています。」

「何?人工の乳房を、性感帯にできいるのか。」
「はい。男に深い催眠をかけ、乳房が性感帯だとの暗示を何回もかけます。
 その暗示が、体に害のあるものですと、理性が防御して暗示はかかりません。
 しかし、男の希望に即したものですと、どんどん暗示がかかります。
 こうして、男の乳首は、一般の女の1番のスポットと同じ性感帯にしました。」

「顔はどうだ。」
「元の男の顔は、女からほど遠いものでしたので、これは、大変な工事でした。
 計3回、工事を行いました。
 今、顔人気一番の、品があり知的な女優の顔そっくりにしてあります。
 セクシーな顔は、感じて顔を歪めても、おもしろくありません。
 知的な女の顔を、歪めさせるのが、おもしろいと判断しました。
 
「他にはどうだ。」
「例の方法で性感帯を増やしてございます。
 鼻の穴。鼻の穴に指を入れ、出し入れされますと、
 マリコは、アソコを愛撫されたのと、同じ快感を得ます。
 耳の穴も同様です。
 唇の感度は、女の3倍にしています。舌先の感度も女のアソコ並み、
 また、口腔内粘膜も、女のアソコ並みの快感を持たせています。
 フェラをさせると、感じ過ぎて、悶えます。
 脇の下も、女のアソコ並み。舐められると、顔を歪めます。
 太ももは、女の3倍の感度。
 アナルは、入り口をクリと同じ感度、
 奥は、女のアソコ並みの感度にしています。

 乳房も、女の3倍の感度です。
 乳首は、先に申し上げた通り。
 また、皮膚全体が、女の2倍の感度です。
 あと、Pですが、先端が2倍の感度。お尻の穴も、入り口を同じ感度にしています。
 そして、1日に5回、射精でるよう訓練してあります。
 連続では、3回まで逝きます。
 マリコは、体中が、性感帯みたいなものですから、
 ふつうなら、すぐにイってしまいます。
 そこで、悶えながらも、なかなか達しないように訓練しました。

 また、顔をしかめてイくときの顔を、美しい表情をするよう訓練しました。

 あと、顔と体全体の皮膚を、1度はがし、新しい皮膚を再生させています。
 よって、赤ちゃんの肌と、同じきめの細かさです。しみ一つありません。

 声ですが、知的な声、セクシーな声、可愛い声の3通り出せるように、
 訓練しています。通常は、知的な声です。

 170cmという身長ですが、大きな女の方が、
 征服した時の成就感が高いので、そうしました。
 180cmの女を今作っていますが、それも見物かも知れません。

 言い忘れました。
 当然のこと、全身脱毛をし、脇の下の触り具合は最高です。
 脇の下の感度も、女のアソコと同じにしてあります。
 舐められると、それだけで、悶えます。
 あと、尻の穴の周りも、もちろんのこと1本も毛がありません。
 さらに、脱色し、他の皮膚と同じ色になっています。
 恥毛もありません。
 鼻の穴も、途中まで永久脱毛しています。
 眉も最高の眉の形にして、その周りは、永久脱毛しています。

 反対に、まつ毛は、つけ睫毛並の長いカールされた睫毛を植毛しています。

 あ、大事なことを忘れていました。
 マリコが感じますと、女の愛液の代わりに、
 お尻の穴の奥に愛液が充満してきます。
 女と同じ成分の愛液ですので、クリームやジェルがいりません。

 女の仕草、話し方ですが、あの男の心は、女でしたので、
 調教の苦労はあまりありませんでした。
 この女の基本的な人格ですが、
 一流会社の社長秘書と同じプライドの高さにしてあります。
 こういう知的でノーブルな女のプライドを崩壊させる醍醐味は、格別でございます。」

「ちょっと帽子を取って見てくれ。」
帽子を男が出て、とった。
すると、日本一の美女と言われる、ある女優の顔に似ている。
目が澄んでいて、
気品があり知的で、気位の高そうな女である。
ふつうの男なら、気後れがして、近づけないほどである。

「あの男顔が、よくこんな美女になったものだな。」

「ありがとうございます。小顔矯正もやりましたので、今、8等身を超えています。」

「上着を脱がせてくれ。」
下はジャンパースカートである。

「ほう、華奢な肩、細い二の腕、あの男からは、想像できぬ。」

「はい、指も矯正し、女の細い指、掌にしてあります。
 爪も、毎日形を整えています。」

「腕を上げさせよ。」
男が両腕を上げさせる。
「ほう、綺麗な脇の下だのう。」
「立ってみよ。」
女は立った。
「膝小僧に凸凹がない。見事なものだ。」
「はい。骨を削り、凹凸をなくしてあります。」

「抜群のスタイルだ。
 貴族的で知的な美しい顔をしておる。
 この女が快感に顔を歪めるのは、見物よのう。」
「はい。気品を保ちながら、顔を美しく歪めます。」

「毎朝、こいつのメンテナンスに、女を2人よこします。
 入浴、爪、そして、尻の穴を奥まで綺麗にするため、
 3回浣腸をいたします。昼にも、浣腸をさせます。
 愛液が出ますので、ジェルはいりません。いつでもAを犯せます。」
「Mに仕上がっているのか。」
「いえ、Mの女は、攻めても初めから喜ぶので、つまりません。
 気位の高い女ですから、責めに対して、大変な抵抗をいたします。
 それを、徐々に調教するのが、おもしろいと考えました。」
「なるほど、もっともであるな。」

「二人のお付きはどんな女だ。」
「はい、元は、48歳、47歳の男で、身長は、158cm。
 奥様の召使になりたいという願望を深く抱いた男で、
 どれだけ、こき使われても、喜ぶだけの女にしています。
 お仕置きには、泣いて許しを乞いますが、
 内心では、喜んでおり、もっといじめて欲しいと思っています。
 オヤジと呼ばれる年齢ですが、二人とも17歳の少女の外見と、
 精神性を持たせてあります。声も可愛くしています。
 その二人も、マリコと同じ性感帯を持たせてあります。」

「よし、わかった。マリコを、当分私の正妻としよう。
 今、わしが抱えている2人の女は、愛人とし、
 ときには、正妻とレズビアンでもやらせよう。
 ジェラシーを知らぬ女にされているので、マリコとうまくやっていくだろう。
 2人のメイドにも、可愛い名をつけてやれ。
 今日、最後の心構えをさせ、明日、メイドと一緒に来るように。」

「はい。お気に召して何よりでございます。」
4人の男は、礼をした。


(次回、「マリコ、第1日目」です。)


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。