男脳と女脳

男脳と女脳


(以下は、ネット及びテレビ等で知りえたことですので、
 医学的な文献で調べたことではないことを、お断りいたします。)

先の物語で、男脳、女脳なる用語を使いました。
果たして、男脳、女脳なんてあるのかということです。

20年ほど前、ある博士が、超音波撮影で、男脳と女脳との、
形の違いを発表していました。
ニューハーフさんを3人呼んで、脳を撮影したところ、
その形は、ほぼ女脳だと言えるものだ、と言っていました。

それから、いろいろな文献を見ますうち、「男脳、女脳はある」と、
おおよその結論を得ている感じでした。

男脳と女脳ができる過程は、胎児のとき、特に脳が発達するとき、
男性ホルモンをたくさん浴びれば、男脳に、
女性ホルモンをたくさん浴びれば、女脳に。
そして、男脳を持って生まれれば、男の性自認を持った子に、
女脳を持って生まれれば、女の性自認を持った子に育つそうです。

これを持って、ある学者は、「性自認は」、心の問題ではなく、
脳の成長過程の問題であり、生物学的問題だと捉えているそうです。
しかし、もう、生まれて育っている人には、
あくまで、心の問題に違いありません。

IS(DSD=性分化疾患)で、胎児のときに、染色体は男なのに、
男性ホルモンを受容できず、女性ホルモンを浴びながら成長し、
生まれたときの性器の外形は、女の子、脳も女脳で、
女の子として成長し、ある場合、何の疑問も持たず、
一生を遂げる人がいるそうです。
実際には、結婚して、性行為をしてみると、これは変だとと気が付くそうです。
アンドロゲン不応症というのですが、日本の女子の長距離選手にいて、
その人をモデルにしたドラマがありました。

セックスチェックで、男性の染色体を持っていることを、言い渡されます。
女性として、なんの問題もなく過ごして来たのに、
突然「あなたは、男性だ。」と言われたときの、
若い娘さんの心の打撃は、いかばかりでしょうか。

先の物語の中で、主人公佐和子が、ジーンズと皮ジャンを着ただけで、
まるで、男の人格になり、見かけも仕草も全部男になってしまいます。
声までが変わります。
多重人格障害(解離性同一性障害)では、こんなことが起き、
同じ服を着ていても、性別を超えて、全く別の人だと感じます。
(各人格間で、記憶の共有がないのが、特徴です。)

ふつう、性別違和の方は、こんなことはありません。

ただ、女装子の中に、ご本人は、ちゃんと意識していて、
女装すると、まるで女性に人格が変わってしまう方はいますよね。
これは、意識せずに女に変われるレベルに達してらっしゃるのでしょうね。

さて、今日は用があり、この辺にしておきます。
お読みくださり、ありがとうございました。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム