多次元女装サロン『大原光男の場合』前編

また、女装サロンで、失礼します。今日は風邪をひいてしまい、
2ページ書くのがやっとでした。次回、後編は、がんばります。
================================

多次元女装サロン『大原光男の場合』


大原光男は、高校3年生の女装子。
いつも、歩きながら考えている。
一番にしたいこと。
ドレッサーに向かって、メイクをする。
かつらを被り、女の子の服を着る。
ものすごく可愛くなる。

女子高生になって、女子高に行く。
女装子だとはバレナイ。
そこで、クラスメートとガールズ・トークをする。
『だが待てよ。』と思う。
女の子と話をするのって、楽しいだろうか。
ぼくは、男脳だから、女脳の子と、
楽しくガールズ・トークなんてできないんじゃないか。
女の子の人間関係は、男よりむずかしい。
そういう面倒くさいのは、嫌だな。

女の子になって、女物の服を買う。
家に帰って、買ってきた服を着る。
これは、楽しい。

日常を女の子の仕草や動作、言葉で過ごすことは、
1時間くらいなら興奮するけれど、1日中なんて疲れる。

大好きな小林由香里さんと、女になれれば、
女同士、気楽に話ができる。
今は、高嶺の花で、とても話なんかできない。
由香里さんとセックスをしたいけど・・・。
ダメだ。自分は女装子だから、純女の由香里さんとセックスなんて無理。
女装子VS男の子。
これも、だめだ。第一男子とのセックスなんて、趣味じゃない。

小林由香里さんが、女装子なのが一番いい。
あんなステキな人に、男子の証しがある。
ああ、これが一番萌える。
Pがある同士、二人でセックスをする。
これだ!

なんだ。結局、ぼくの願望は、
Pのある由香里さんとセックスをすることだけなんだ。
買い物やメイクをするのも楽しいけれど、
女装子の由香里さんと、女装子同士のセックスをすることが、
究極の夢だ。

自分は女装子で、小さいときから女の子になりたいと思って来たけれど、
よく考えてみたら、可愛い女の子に1時間くらいなること。
それと、由香里さんとの30分くらいのセックス。
ぼくの願望って、せいぜいこのくらいのことなのかあ。

大原光男は、こんな考えをしながら、多次元女装サロンに来た。
「あのう、すみません。高校生です。」と光男。
窓口にいた郁美は、パソコンをONにした。
そして、思った。
(あらまあ。これだけ、典型的な女装子も珍しいわ。)
「はい、どうぞ。」と郁美は言った。
光男は、スマホの小林由香里の写真を見せ、
「あの、この人、ぼくの憧れの人なんです。
 セックスしたいんです。ぼくは、なんでもかまいません。」
光男は、言った。
「まあ、はっきりしてらっしゃるわねえ。
 じゃあ、あなたは、今のお顔と体型で、
最高のメイクをした『光子』さんに、なりましょうね。
女の子度は、標準。
用意ができています。105へ、どうぞ。」

光男が行った後、郁美は思った。
『ああいうシンプルな女装子さんは、楽だわ。
 でも、シンプルな女装子さんに限って、
思わぬ方向へ願望が伸びていくことがあるからな。
さて、光子ちゃんの場合はどうかしら。』

(後編につづく)


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム