最優秀短編「剛と遥香・現代とりかえばや」後編・最終回

剛と遥・現代とりかえばや②「新たな出発」後編・最終回


芳江は、二人をテーブルに座らせ、
「4歳のあのときからね。剛が急に男らしくなって、
 遥が、女らしくなった。
 お母さんも、お父さんも、すっかりだまされたわ。
 あの日から、今学校で4年生になるまで、6年間もだまされた。
 ああ、どうしましょう。」
と芳江は、頭をかかえた。
「お母さん、さっきの血はなあに?」剛は聞いた。
「生理っていって、女の子が大人になった印し。
 これから、月に1回は、今日みたいな出血があるの。」
「お母さんもあるの?」
「あるわ。やっかいなものよ。」
芳江はその場では、それ以上いわなかった。
父の高志が帰ってくるまで待とうといった。

父の高志が帰ってきて、夕食になった。
母は、剛に、
「剛から言いなさい。」と言った。
剛は、もじもじしていたが、勇気を出して言った。
「お父さん。ぼくが遥で、遥が剛なの。」
「え?」と父は言った。
「ぼく達4歳のとき、二人の服を取り替えて、
 男みたいな遥が剛になって、女みたいな剛が遥になったの。
 それで、ずうっと今まできたの。」
「うそだろ!」と父。
「ほんと。ぼく今日生理があって、お母さんにばれたの。」
「ええ?じゃあ、4年生の今までか。」
「うん。」剛と遥は、同時に返事をした。
「ごめんなさい。」と二人で言った。

「そうだったのか…。」
と高志は思ったほど取り乱さなかった。
「お父さん、なんか言ってください。
 学校になんて言ったらいいんですか?
 今頃、剛が遥かで、遥が剛だったなんて。」と芳江は泣きそうになっていった。
「芳江の気持ちもよくわかる。でも、今いちばん大事なことは、二人のことだ。
 遥は、自分のこと女の子だと思ってるんだろう?」

「うん、思ってる。今更男の子になれない。」
「剛は、自分が男の子だと思ってるんだな。」
「うん。自分が女の子なんて、ぼく死にたくなる。」剛は言った。
「そうか、多分、性同一性障害か…。
 明日、お父さんは、会社休むから、みんなで、クリニックへ行こう。」
高志は言った。

「あなた、それどういうこと。二人は障害なの。」と芳江が言った。
「可能性だけどね。大変な障害だ。
 芳江、もしさ、明日になって、自分に髭が生えていてごらん。
 どう思う。」
「それは、ショックです。」
「それと同じことが、遥に言える。遥は、心は女の子だけど、体は男の子だろう。
 ほっておけば、声変わりがして、髭が生えてくる。男の体になっていく。
 剛は、心は男の子だけど、体が女の子だから、オッパイが大きくなり、お尻が大きくなる。
 耐えられないだろう。
 だから、早いほどいいんだ。4年生で気がついたことを、幸運と思った方がいい。」

「そんな。わたしには、受け入れられません。」と芳江は泣き出した。
「当然だろうと思うよ。いっぺんには無理だよ。
 俺だってそうだ。今、遥が女の体で、剛が男の体だったら、どれだけいいかと思う。
 しかし、そうじゃないんだよ。受け入れるしかないんだ。」

「あたし、男の体になるのいやだ。そうなったら死んじゃう。」
遥がそういって泣き出した。
「俺だって、いやだよ。オッパイなんか出てきたら、外にいけないよ。」
剛もそう言って泣き出した。
「だから、それを少しでも食い止めるために、クリニックにいくんだ。」
高志は言った。



ちょうど次の日にクリニックの予約がとれ、
剛と遥は、学校を休んだ。
親子4人でクリニックに行った。

初めに通された部屋にいたのは、大柄で、無精ひげをはやした、
40歳くらいの高井という先生だった。
精神科の先生ということだったが、少しとぼけたところがあって、
信用していいのか、悪いのか、謎のような先生だった。
ただ、瞳がとてもやさしそうだった。
剛と遥は、先生が気に入った。

父の高志は、2歳くらいの様子から、4歳で二人が入れ替わり、
4年生のいままでずっと気がつかなかった経緯を話した。

「なるほど。」と高井は、言って二人に、
「君達は、4歳から10歳まで、6年間、うまくやったな、このやろ。」
と二人の脇の下をつつく真似をした。
剛と遥は、逃げるマネをしながら笑った。
高志と芳江は、苦笑した。

「じゃあ、これから、外科的な診察と、心理的な各種のテストをしますので、
 2時間ほどかかります。外で、ぶらぶらなさっていてください。」
と高井は、高志と芳江に言った。

「あなた、どう思います、あの先生。」
と、クリニックを出るなり、芳江が言った。
「なんだ、気に入らないの。」と高志。
「そうじゃないけど、どこか、ふざけているみたいで。」
「俺はそうは思わなかったけど。深刻な診察を受けに来たんだ。
 そんな子供たちにリラックスさせてくれたんだと思うよ。」と高志は言った。

2時間がたった。
診察室に入ると、剛と遥は、もう来ていた。
高井は、おもむろに言った。
「こう言った障害を受け止めるとき、
 ポジティブに受け止めるか、
 ネガティブに受け止めるかには、
 大きな違いがあります。
 お見受けしたところ、お母様は、やや心配性で、
 ネガティブでいらっしゃる。」
高井は、そう言って、少しいたずら気な瞳を、芳江に向けた。
「それは、いたしかたないことです。
 母親は、守る立場にいますから。
 少し用心深くなって当然です。
 だが、それを乗り越え、前向きにお考えいただきたいのです。
 親の姿勢は、子供に影響します。」
「はい。」と芳江は言った。

「では、診断を申し上げます。
 お二人は、外科的にも、内科的にも、極めて健康です。
 しかし、精神的には、剛さんは、女の子であり、遥さんは、男の子です。
 つまり、お二人は、99%の確率で、性同一性障害と診断します。
 99%というのは、世の中何がおこるか分からないからです。
 絶対ということは言いきれない。ま、医者の逃げですね。」
高井は、剛と遥に言った。
「剛君の心は、男の子、遥さんの心は女の子だと、今、ご両親に言ったんだよ。」

家族は、その後、ホルモン投与や、生涯に渡るケアについて、話を聞いた。

芳江は、
「あの、学校にはどうすればいいでしょうか。」
「なるほど。」と高井は、お茶目な顔をして、手を打った。
「何もしなくても、いいわけですね、ははは。」と笑った。
「いや、そうでもない。えー、学校には言っておいた方がいいですね。
 私立中学に行く場合、本人でないとまずいですから、そうしてください。
 しかし、私の出す性同一性障害の診断書があれば、
 扱いは、そこに記されている性別になりますから、
 学校生活は、なんの変わりもありませんよ。」

最後に、遥が、手を挙げて言った。
「あの、あたしは、将来子供を産めないんですよね。」

遥の言葉を聞いて、みんなは、しーんとなって、遥を見つめた。
芳江が目を潤ませていた。

高井は、優しげな眼差しを遥に送った。
「残念だけど、産めないね。
 あなたが、自分は女の子という心を捨てて、
 男として生きることにして、将来女性と結婚すれば、
 その奥さんはあなたと奥さんの子供を産めるでしょう。
 それ以外は、できないね。残念ながら、あなたは男性の体をしている。
 ホルモンを打っても打たなくても、無理なんだよ。」

それを聞いた遥は、うつむいて、
持っていたハンカチを目に当てて、泣き出した。
母の芳江は、そんな遥を見て、ハンカチを目に当てて泣き出した。

そのとき、剛が言った。
「遥、泣くな。悲しいのはわかるけどさ。
 障害がある人は、みんななにか我慢するんだからさ。
 俺達は、大変な障害だってお父さん言ってたろ。なんかあってあたり前だろ。」

高井が、カーテンの後ろの看護婦さんに、
「吉井さん、呼んで。」と言った。

やがて、一人の看護婦が来た。
「ちょっと励ましてあげて。」と高井は吉井という看護婦にいった。
とても綺麗な人だった。
吉井は、遥の前にしゃがんだ。
「遥ちゃん、私は、吉井邦子といいます。
 私も遥ちゃんと同じ。男の子として生まれたの。」

遥は、え?という顔をして、邦子を見た。
「私もあなたと同じ、性同一性障害。
 でも、今は、男の人と結婚して、幸せに暮らしているよ。
 子供は産めないけど、幸せにはなれる。
 だから、遥ちゃんもきっと幸せになれると思うよ。」
「お姉さん、今、幸せ?」と遥は聞いた。
「うん、とても幸せだよ。」
遥は、かすかに笑った。
邦子は、にっこり笑って、遥の両腕をぽんとたたき、
先生に会釈をして、中に入っていった。

遥は、泣き止んだ。
芳江は、看護婦の邦子を見たことも安心だったが、
剛が言った言葉が、胸に響いていた。
『障害のある人は、みんな何か我慢するんだからさ。』
その通りだと思った。
そして、自分には、そんな立派なことが言える息子と、
可愛い娘がいるのではないかと思った。
二人の男女が入れ替わっただけで、二人いることには変わりはない。
そう思うと、胸の中の霧が晴れてくるのだった。

診察は終わった。

外に出たとき、芳江は、バッグをもったまま背伸びをした。
そして、言った。
「さあ、新しい剛と遥の誕生だわ。みんなで、パフェでも食べにいきましょう。」
「わあーい。」と二人は飛び上がった。
『曇りのち晴れ。』
高志はそう心で言って、
「おれは、山盛りのイチゴ・パフェがいいな。」
「俺、チョコレート・パフェ。」
「あたしも、イチゴ・パフェ。」
「わたしは、剛と同じ、チョコレート。」

明るい声が、病院前にこだましていた。


<おわり>


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




実験中です。押さないでください。

にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム