スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目の女装外出「四谷シモン」と会う

ちょっと、自慢話になってしまったかもしれません。
あらかじめ、お詫び致します。
===================================  

2度目の女装外出「四谷シモン」と会う


私は、女装のために借りた3畳の小部屋の2か月目。
お金が続かず、これが最後というとき、
思い切り、2度目の外出をしようと思いました。
季節は5月でした。
涼しい日でした。

初外出で、一つ残念だったことは、下が、ジーンズだったことです。
今度こそスカート・・と思いましたが、
まだ、女の子の歩き方ができているか自信がありませんでした。
ミニスカートを履く勇気はありません。

そこで、私は、ふくらはぎまでの長さの茶色のミディ・スカートを中古で買いました。
少し厚手で、ひらひらとはしません。
上は、黒い体にフィットしたサマーセーター。
ウエストラインを隠すために、メッシュのベスト。
髪は、かつらにせず、肩まで伸びていた地毛にしました。
(かつらは疲れるのです。)
それは、男子にも見えるので、
頭に、スカートの色に合わせた、ベレー帽をかぶりました。
メイクは、マスカラに、頬紅、リップだけにしました。

目的地は、決まっていました。
私が、その頃心酔していた唐十郎の劇団状況劇場の劇を見に行くことです。
いつもは、空地に赤テントを張って行われているのですが、
そのときは、上野不忍池の水上公園で行われていました。

私は、胸をドキドキさせながら、外に出ました。
すると、すれ違う人からあまり見られません。
私は、少しずつ自信を持ちました。

劇は、開場6時、開演7時。
着くと、長い列が、すでにできていました。
私は、チケットをもって、立っていました。
隣は、女の子でしたが、私をジロジロ見ていません。
女の子なら、私の女装をいっぺんで見抜くでしょう。
しかし、アンダーグランド的な劇なので、奇抜なスタイルの客が大勢いて、
女装の私など目立たないのだろうと思いました。
この劇に来て、正解でした。

私は、やっとチケットを切ってもらい、中へ入りました。
舞台の正面は、避けて、前から、10列目くらいの右端の木のベンチが空いていたので、
そこに座りました。
背の高い男性の隣でした。

状況劇場の初期に、四谷シモンという背の高い女形がいました。
大変な人気役者で、セクシーで、客を笑わせます。
私も、女装趣味なので、四谷シモンが大好きでした。
彼は、俳優が本業ではなく、本業は、球体関節人形の作家です。
私は、人形が大好きだったので、四谷シモン人形は、よく見に行っていたし、
四谷シモンといえば、私にとって、人形作家なのです。

私は、隣の背の高い人を、なんとなく見たのです。
すると、素顔の四谷シモンではありませんか。
(個展などで、素顔を知っていました。)
私は、いっぺんで、緊張の塊になりました。
私は、自分が女装していることも忘れ、
『どうしよう。話しかけたい。でも、その勇気が出ない。』
と、心で葛藤していました。

しかし、私は、有名人を見ると、話しかけずにはいられないタイプでした。
私は、とうとう話しかけました。
「あのう、四谷シモンさんでしょうか?」
シモンさんは、私を見て、
「ああ、そうですよ。」といいました。
「あの、ぼくは、シモンさんの人形のファンです。」
「そうなの?私の人形を知っている人なんか、珍しいのに。」
「そんなことありません。」
「じゃあ、住所と名前を書いてくれたら、今度あなたに個展の招待状書きますよ。」
「ほんとですか!」
私は、嬉々として、自分のノートの1ページに住所と名前を書いて、渡しました。
シモンさんは、それを見て、
「あれ?あなた、男の子だったの?」と言いました。
「女装してます。女の子に見えたのでしょうか?」
「ああ、てっきり女の子だと思った。」
「劇での、シモンさんのファンでもあります。」
「あはは。劇の方が楽しんだよ。」
そこまで、話したとき、劇のスタッフのような人が来て、
シモンさんを連れて行ってしまいました。

『わあ、四谷シモンと話した!』
と、私は、興奮しました。
その感激を、胸の中で繰り返し、
その日の劇は、心半分で見ていた気がします。

私の、超思い出に残る、女装外出でした。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。