スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『奥様ごっこ』④「二人で試すローププレイ」最終回

ひとまず、この回で、最終回とします。
考えがまとまりましたら、続きを書きたく思っています。
読んでくださり、ありがとうございました。
==============================  

『奥様ごっこ』④「二人で試すローププレイ」最終回


午後6時。
美津男がやってくる1時間前だ。
夕食の用意はできた。
後は、自分の体を清めるだけ。
紀子は、丸裸になり、風呂場に置いてある浣腸器で、
お尻の中に、100ccの食塩水を入れた。
最後に、イチジク浣腸を少し入れるのがコツだ。
イチジク浣腸のグリセリンが肛門を刺激する。
紀子は、裸のまま、ジュータンの上に横たわって、
尿意が来るのをじっと待っている。
5分を過ぎたころやってくる。
「あ~ん、いや。トイレにいきたいわ。
 あああ、どんどんいきたくなるわ。
 でも、あと、1分がんばるわ。
 あ、あ、もうだめかも。」
紀子は、必死の思いで、トイレに行く。
100ccを、排出する。
「ああ、開放感がたまらない。やめられないわ。」と紀子は思う。

2度目の浣腸。
100cc。最後に、イチジク浣腸を入れる。
2回目は、2分で我慢できなくなる。
でも、排出した時、お尻の中が綺麗になったようでうれしい。
「今日は、ジェルにしよう。」と、紀子は、ジェルをたっぷり入れた。
クリームより、ジェルの方が高いのだ。

風呂に入って、体を拭いて、ガウンを着て、ばっちりメイクをする。
「今日は、美津男は何を考えて来るかしら。」
そう、期待しながら、夜の女の顔をつくる。
下着は黒。スリップを必ず着る。
ブラウスに、今日は、ヒザ丈のスカートにする。
上は、同色のウエストの首入れたジャケット。
パンプスを履いて待っている。

やがて、チャイムが鳴り、美津男が顔を見せる。
「あなた、お帰りなさい。風呂が先?お食事が先?」と紀子。
「今日ぼくは、女になるから、家で風呂に入ってきた。」
「じゃあ、お食事にしましょう。」

夕食が終わって、ワインタイムのとき、美津男が、持っていたスーツケースを開けた。
いつもは、空なのだ。
今日のスーツケースには、ロープがいっぱい入っている。
そして、「SM入門」などという本がある。」
「まあ、そう言えば、あたし達、一度も試したことないわね。」
「一度、やってみよう。ぼく、メイドになるから。
 紀子は、若奥様で、メイドに厳しいの。
 ある日、メイドは、奥様を縛りあげて、復讐をする。どう?」
「いいわね。ソフトSMにしてよ。」と、紀子。
「ぼくだって、ハードは、怖いよ。」美津男は言った。

美津男はメイド服に着替えた。
「まあ、美津子、可愛いわ。」と紀子は笑った。

紀子は、ソファーに座っている。
そこへ、メイド・美津子が紅茶をトレイに乗せてやってくる。
しかし、何か緊張し、トレイをがたがた言わせる。
「なんで、震えてるの。」
「奥様が、紅茶をこぼすと、お叱りになるので、
 緊張してしまうんです。」
その内、メイドの手の震えで、紅茶が、トレイの中でこぼれてしまう。
「何やってるの。あたしは、そんなに怖くはないわよ。
 淹れなおしてきなさい。」
メイド、引き下がるが、次は、ロープをもって、奥様の背後に忍び寄る。
そして、さっと奥様の両腕にロープをかける。
ロープは、奥様の胸を避けて、4重にかかる。

「何よ、何するの?止めなさい。今すぐ止めなさい。」
「一度、奥様の体を、調べてみたかったんですわ。」
メイドはそう言って、奥様の手首を縛って、そのロープを、
横に張ったロープに連結する。
こうされると、ひじが張るが、横のロープに食い込み、動けない。

「ああ、動けないわ。びくともできない。こんなこと止めて。
 止めなさい。」
「あたし、奥様にキスしたかったの。」
メイドはそういって、奥様に無理やり口づけをする。
「お仕置きじゃ、すまないわよ。」と奥様。
「さあ、どうなるかしら。」とメイドは、目をきらりとさせる。

「奥様。あたしが男だってご存知ですよね。」
「知らないわ。そうだったの。あなた、男の子なの。」
「今、お見せしますわ。」
メイドは、そう言うと、紀子の脚をまたがるように、ソファーの上にのった。
紀子の顔が、すぐ股間のところにある。
メイドは、ショーツを落として、スカートを持ち上げた。
そこには、隆々とした、メイドのPがあった。

「奥様。ね。あたし、男でしょ。しゃぶって。」とメイド。
メイドは、Pを奥様の口に持って行く。
奥様は、いやいやをするが、
「しゃぶらないと、奥様があたしに縛られたこと、旦那様にいうわ。
 縛られて、うれしくって、のたうち回ったって。」
「そんなのやめて。」と言いながら、奥様は涙ながらに、メイドのPをしゃぶる。
メイドは、奥様の髪に指を入れて、どんどん突いてくる。

「奥様が、フェラが大好きなことわかったわ。
 今度は、奥様のスカートの中を調べるわ。」とメイド。
「やん、それは、やめて。お願い、それだけは、よして。」
紀子は必死に言う。
「どうして、そんなに、いやなの。さては、何かあるのね。
 さては、奥様。あんなに『いやだ、いやだ』と言いながら、
 感じてしまって、あそこが、びしょ濡れになっているとか。」
「違うわ。あなたに無理やりされたことなんかで、感じないわ。」
「じゃあ、調べるわ。」
メイドは、ジュータンに降りて、
紀子の前に膝立になり、紀子のプリーツスカートの中に手を入れて行った。
「ああん。ダメ。やめて。絶対ダメ!」奥様は叫ぶ。
だが、メイドは、するりと奥様のショーツを取った。

もはや、Pを隠すことができない。
不覚にも、恥ずかしいくらいPを固く大きくさせてしまっている。
それは、プリーツのスカートに尖がりを作ってしまって、
一目で明らかである。
「まあ、奥様。濡れてるからじゃなくて、あたしのしたことで、
 感じてしまったのね。何時?あたしのものをフェラしたとき?
 それとも、縛って差し上げたとき?」
「縛られたとき、感じたの。あなたの男の子の見たとき、
 もっと、感じたわ。あなたにショーツを取られたときも、感じたの。」

「奥様。ひょっとして、お尻の穴を犯せれるの、好きでありませんこと。」
奥様は、黙っている。
「まあ、恥ずかしくて、イエスと言えないのね。
 可愛いわ。奥様の願いを叶えてさしあげるわ。」
メイドは、奥様に、ソファーに浅く座るようにいい、
両足首をロープで結び、そのロープを首の方に引っ張って、首の後ろに結んだ。
今や、奥様のお尻は、メイドから丸見えになっている。

「やめて。恥ずかしいわ。こんなのイヤ。丸見えだわ。」と奥様。
メイドは、奥様のお尻の穴に、指を突っ込んだ。
「いやあああ。」と奥様は叫んだ。
「イヤじゃないくせに。指がすーと入ったわ
 きっと中も綺麗にされているのね。あたしのアレを、ぶちこんで欲しいのね。」
「そんな、そんなことないわ。たまたま、綺麗にしてただけなの。」
「旦那様には、言えないわね。お尻の穴にぶち込んでなんて。
 ああ、奥様、どんどん興奮して、大きくなってますわよ。
 お尻の穴が丸見えになっていることに、興奮なさっているの。」
「大きくしているはずないわ。今、死ぬほど恥ずかしいわ。」

「指じゃなくて、あたしの本物をぶち込んでさしあげますわ。」
「いや~、いや~、ロープを解いて。」
「早く、ぶち込んで欲しいのね。」
メイドは、自分のスカートを上げて、奥様の穴の中に、挿入した。
「あああああ。」と奥様は叫んだ。
メイドのピストン運動が恥じます。
「あ~ん、いや~ん。」
「どう?普段は、道具を使っていたんでしょ。
 あたしの、本物、いいでしょう?」
「ええ、いいわ。あたし、気が狂いそう。」
メイドは、突きながら、奥様の大きくなっているものを、愛撫した。
「あああああ。あたし、あたし・・。」と奥様は繰り返した。
「いいのね。」
「ええ、いいの。もっと犯して。もっと、もっと犯して。」
「いいですわ。奥様が、壊れるまで、突いてあげるわ。」

激しいときが、つづいた。

「ああああん、紀子さん。あたし、前からいっちゃう。」
「あたしも、イきそうよ。いつイってもいいわ。」
「あ、あ、あ、ああああ。イっちゃう。イっちゃう。」
「奥様。あたしも、イくわ。あああん、出ちゃう、出ちゃう。」



身を整えて、二人は、キッチンでハーブティを飲んでいた。
「あたし、一つやかったわ。」と美津子。
「なあに?」と紀子。
「SMってさ、Sの方が数倍大変。
 次々と、ストーリー考えなくちゃいけないし。」美津子。
「そうね。今度、あたしが、美津子をMにして、
 ひーひー言わせてあげる。」と紀子。
「うれしいけど、怪しいな。途中で『ドンデン』して、
 紀子が、Mになるわよ。」
「かもね。」
と、二人で、笑った。


ひとます<完>とします。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。


スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。