『奥様ごっこ』③「紀夫が女になる番」

『奥様ごっこ』③「紀夫が女になる番」


紀夫は、朝、スーツとネクタイを締めて、
美津子に「行ってきます。」をする。
そして、ご近所の人々に挨拶をする。

駅から、2駅乗って降りる。
喫茶店で時間をつぶす。
やがて、「近野」と表札のかかった戸建ての家に入って行く。

部屋に入ったら、
「ああん、男の格好は堅苦しいわ。」と女の声で言い、
スーツとネクタイを外しワイシャツを脱ぎ、ズボンを脱ぐ。
すると、中は、黒いスリップを着ている。
スリップの肩ひもを外し、乳房を抑えているナベシャツを脱ぐと、
ボンっとCカップの胸が現れる。
パンツでなく、ショーツを履いている。

紀夫は、ドレッサーの前に座り、頭にかぶっている男の髪のかつらを取る。
すると、バサッと、背中まである髪が下りる。
少しウエーブのかかった長い髪をとかしながら、
額が半分隠れるように、長い前髪を整える。
ここで、紀夫は、紀子になる。

ご近所の手前、ブラウスに、ミディアム丈のスカートを履き、
薄化粧にして、洗濯物を干し、玄関の手入れをする。
近所の奥様に多く会う。
紀子は、女声と男声を使い分けられる。
その気になれば、女子高生のような若い声も出せる。
しかし、近所の人に使うのは、アルトがかった低めの声だ。
背が、168cmの紀子は、そんな声が似つかわしい。

紀子は、美津子より、ずっと女になることに恵まれていて、
顔の整形はしていない。
ハイウエストで、ヒップが、天然で87cmある。
脚が長いので、ほぼ女性の位置にウエストのくびれが来る。
これを、美津子はいつもうらやましがる。
一つだけ、豊胸をした。
2期に分けて、今Cカップである。

黒いショーツに、Pを股下に回して、履く。
女の股に見える。
肉色のパンストを履く。
その上から、黒いガードルを履く。
Pが、しっかり押さえられていると、より女になった気がする。
男のスーツ姿は、堅苦しいと言いながら、
女の姿の方が、ずっと体への圧迫が多い。

紀子は、ドレッサーの前に座り、メイクをする。
美津子と同じ38歳だ。
紀子は、キャリアウーマンの姿が好きで、
年相応のいい女に見られたいと思っている。
メイクの後、エリがVに深く開いたブラウスを着て、
エンジがかったミニのタイトスカート、
そして、ブラウスと同じくVに開いた上着を着る。
これは、少し前にかがむと、ブラの中の乳房が見えてしまう。
上着は、ウエストのところがくびれている。
胸に金属のアクセサリー。
家は、板の間が多いので、パンプスを履く。

紀子は、一日の中で、こんな恰好でいることの方がずっと長いので、
今では、当たり前のように、着ている。

紅茶を淹れてから、仕事にかかる。
ウェブ・デザイナーとして腕がよく、高給を得ている。

デスクでは、きちんと脚をそろえ、斜めに流して座っている。

11時近くなると、必ず、性的興奮が訪れる。
「だめよ。美津子が来るまでダメ。」
と、言い聞かす。
そう言いながら、タイとスカートからはみ出ている、
綺麗な白い自分の太ももを見る。
『ここが、一番女だわ。ああ、そそられる。』
紀子は、我慢する。
ガードルを履いていることが、なんとか、紀子の興奮を抑える。

仕事のノルマを終え、
紀子は、外に出て、たっぷり「奥様」と言ってもらう。
洋服店は、「お客様」と呼ぶのでつまらない。
カウンターのラーメン屋さんは、○である。
女の客は、あまり来ないので、珍しがられ、
「奥さん、なんにします。」と言ってくれる。

その日、ラーメンを食べて、帰って来た。

休憩をして、全部メイクを落として、
シャワーを浴びる。
必ず、浣腸をして、お尻の中をきれいにして、
たっぷりのクリームを入れる。
再び、キャリアウーマンの格好をして、メイクをし直す。

紀子は、美津子と二人で、ストーリーのあるセックスをしてきた。
いくつか、パターンがある。
看護婦と女性院長。
ピアノ教師と令嬢。

今日は、『男子新入社員と女課長』がいいと紀子は思った。

夕食の支度をして、
待ちに待った美津男が、帰って来た。
スーツにネクタイ姿だ。
「あなた、お帰りなさい。」と紀子は、出迎える。
「あれ?紀子、正装してるじゃない。」と美津男。
「美津男さんも、そのままの格好でいて。」
「あ、わかった。新入社員と女課長をしたいんだね。」
「そうなの。」紀子は、少し赤くなる。
「あれ、ぼくも感じる。」と美津男は、言った。

紀子が用意した夕食を食べて、ワインのひととき。
「じゃあ、紀子、仕事机に座っていて。」
「ええ。もう感じちゃう。」
「ぼくも。」と美津男は、にっこりした。

プレイの始まり。

「課長。自分は、まだまだ、かかっちゃいますよ。
 自分のこと気にしないで、先に帰ってくださいよ。」と美津男。
「そうは、いかないわ。部下を残して、先に帰れないわ。
 それより、美津男くん。あたし、肩が凝ってたまらないの。
 少し、揉んでくださらない。」
「はい。」
美津男は、課長のところへ来て、肩を揉み始める。
「ああ、いいわあ。」
「こんな、もんすか?」
「美津男くん。あたしの今日のブラウスと上着。
 Vに割れてるから、美津男くんから、ブラの中丸見えじゃない?」
「そ、そんなことないす。見えたって、見ません。」
「見たって、いいのよ。」
紀子は、美津男の手を取って、胸の中に入れる。
「か、課長。」
「あたしみたいな年齢のオッパイじゃ、つまらないでしょう。」
「そんなことないっす。若い子より、課長のような『女』って人の
 オッパイの方が、感じちゃいます。」
「そうお?じゃあ、両手で、揉んでいいわ。」
紀子は、上着とブラウスのボタンを2つ外す。
美津男は、せっせと揉みながら、乳首に指を当て、くりくりとする。
「あああん。感じるわ。」
「そうすか。いいすか。」
「ええ、感じるわ。」
課長は、椅子を美津男に向けて、美津男のズボンを撫でる。
「あなたも、興奮してるの。」
「当たり前っすよ。」
課長は、美津男のズボンのファスナーを下げ、
中から、大きくなった彼の物を、抜出し、
それを、口にほおばる。
「ああ、課長。課長みたいな女性にそんなことされたら、俺・・。」
「もうすこしね。」

課長は、フェラをやめる。
「課長、これで終わりじゃないっすよね。」
「美津男くん、女が男に見られて、一番恥ずかしいのどこだと思う。」
「そりゃ、アソコでしょう。」
「外れよ。」
「ええ?他にあるんすか?」
「アソコの近くよ。」
「あ。お尻の穴?」
「そうよ。一番見られて恥ずかしいところって、一番感じるところなの。」
「そうなんすか。」
「あたしの、一番恥ずかしいところ、触ってくれない?」
「課長のお尻の穴なんか、触ったりしたら、俺、気絶しますよ。」
「ソファーに行きましょう。」

課長は、美津男を3人掛けのソファーに連れて行く。
課長、ソファーの上に横に座り、頭を下げて、お尻を突き出す。
「美津男くん。あたしのスカートを上にあげて、
 あたしのガードルと、パンストとショーツを、
 穴が見えるところまで下げて。」
「はい。」
美津子は、お芝居と知りながら、興奮してしまう。
美津男は、言われたとおりにして、課長のお尻の穴を露わにした。
「ああ、課長。俺、気絶しそうっす。」
「穴に、指を入れて。中をきれいにしてあるの。」
「はい。」
美津男は、指を穴の中に入れた。
「ああん、ステキ。出したり、突っ込んだりして。」
「はい。」
「いや~ん。恥ずかしくて、死にそう。」
「俺もです。」
「もっと、激しくいじめて。」
「はい。こうすか。」
「そう、ああ、感じるわ。ああ、たまらない。」

「美津男くん。あたしのガードルとパンストとショーツを一気に脱がして。」
美津男は、一気に脱がせる。
ここで、課長の大きくなったものが顔を見せる。
「あああ、課長。女性なのに、男の物があります。」
「スカートを下ろして。」
「はい。」
「幻滅しなかった。男の物がある、女なんて。」
「感激ですよ。課長のモノで、俺の恥ずかしいところを犯してください。」
「ええ、いいわよ。じゃあ、ベッドに行きましょう。」

ベッドの上で、黒いスリップ姿になった紀子は、
裸になった美津男に、お尻の穴を、後ろから、激しく犯される。
紀子は、快感の悲鳴を上げる。
「課長、最高っす。課長お尻を犯すなんて、たまらないっす。」
「激しく犯して。もっと、もっと犯して。」
「犯します。これで、課長は、俺のものですよ。」
「ええ、あたしは、あなたのものよ。何でも、言うなりになるわ。
 あああん、感じるの、もっと突いて、もっと激しく突いて。」

やがて、紀子に到達のときが来る。
「ああん、すてき。あたし、イっちゃう。前の方から出てしまうわ。」
「俺も、課長の中に、発射しそうです。」
「ああ、あたし、イっちゃう。もうダメ。もうダメ。」
「俺も、イくっす。あああああ。」
二人は、同時に果てた。


(次回は、「二人で試すローププレイ」です。)


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム